俺のスキルは最強だけど!武器化スキルが中でもチートすぎてかっこよすぎる件(剣)

卵の黄身

クロスロード入隊権入国権 一章24話

「なんだお主知っておるのか?」

「知ってるというか」

「その紙はな私の力が欲しいときた奴らに面倒だからこの紙を持ってきたらいいよ
と言い地上に投げたその紙はな私の
魔法がかかっておりその紙を手に入れるには強力な敵を倒すと手に入る代物それを
手に入れることができるなら私の力を授けよう」

「あの長々と話してもらったけどこの紙?」

クロスロード入隊権入国権の紙を渡す

「こ、これはど、どこで」

「モンスターを倒したら手に入った」

「ふ、私は君の力を見誤っていたみたいだね」

「それなら魔力をくれるの?」

「まあさっき長々話してしまったしな」

「じゃあ早速」

「その前にお主のステータスを見せてくれ」

「あぁいいよ、ステータスオープン」

「お、お主魔力が0言いづらいがお主
私の力に耐えれるか?」

「多分いける」

「試しに少しお主に魔力を入れてやろう」

「行くぞ」

「こい!」

「[強大魔力渡し]はっ」

「う、やばいた、倒れるだけどここで
倒れたら魔力が俺の希望が無くなる
耐えろ耐えろ、うわー」

「お主本当に驚いた魔力ゼロの物がこんな
強大な魔力を渡されて耐えれるなどと」

「た、耐えた」

「ス、ステータスオープン」

レベル90000
攻撃力120000
魔法力20000
魔法撃10000


「やった魔、魔力がついた……やったー」

「お主喜ぶのはまだ早い後これが9回続くお主はそれに耐えらなきゃいけない
大丈夫か?」

「大丈夫だ、俺はこれを乗り越えなきゃ
強くなれない強くならないといけないんだ」

「そうかでは10万渡し行くぞ」

「あぁ行ってくれ」

「は!」

「う、押しつぶされるやばい舐めてた
くそ、まだだまだ行ける強くならなきゃ
行けない強くならなきゃ神に顔合わせ
できねーだろーが俺耐えるんだ耐えろー」
良が魔法渡しに耐えた

「やったこれで一歩また近づいた」

「少し休憩しろ」

「な、なんで」

「今、魔法[相手ステータスオープン]を使った今のお主さっきの魔力を手に入れるために攻撃力を使っているしかも
その攻撃力が底を尽きようとしている」

「大丈夫だまだ行ける」

「ダメだ」
魔法王カリヤが強く言う

「私の力で誰かが傷つくのは嫌なんだ」

「わかった」

「明日またここに来てくれ」

「わかったごめんさっきは」

「いいんだまた明日張り切ってこいよ」

「あぁ、ありがとう」


「俺のスキルは最強だけど!武器化スキルが中でもチートすぎてかっこよすぎる件(剣)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く