俺のスキルは最強だけど!武器化スキルが中でもチートすぎてかっこよすぎる件(剣)

卵の黄身

水神龍討伐 一章21話

良「おーい起きろー早くしないと置いてくぞー」

ミリ「あと5分」ムニャムニャ

「じゃあいくぞー」

「ちょっと待ったー」

「今のは少し待っていく所でしょ昨日ここまで連れてきてあげたのに」

「早くしないと水神龍誰かに倒されんだろ」

「そう簡単に神が創造した龍なんかが
簡単に死ぬはずないじゃない」

「それもそうかでも早くして〜どんなやつか見てみたい」

「わかったよ」

10分後

ミリ「はい準備終わり、さあいこー」

良「おー」

「海の真ん中なんだよな」

「うん」

「どの海?」

「あ、聞くの忘れてた」

「てか俺あんまこの世界の土地とかわかんないんだけど」

「えっとねこの世界には海が三つあって
東の海のブルースカイ
西の海ブルーライト
北の海ブルーハイ
があってこの中のどれかだと思う」

良「ちょっと聞いて来る」


5分後

「西の海だってさ」

「あそこか」

「ん?なんかダメな場所なの?」

「あそこはね水に住む魔物がうじゃうじゃ
いるの」

「へ、へー」

「で、その中にはのエメラルドランクでも
苦戦する魔物も少なくないんだ」

「エメラルドは確か龍とかも倒せるランク
だよね?」

「そうよそのチームが苦戦するんだから
やばい場所なの」

「そうなのか、まあ行かなきゃいけないんだから」

「それもそうね[転移]」

「ちょっと待って水神龍がいるのは海の真ん中なんだよな」

「うん」

「転移ってお前ばかー」

2人が空から落ちていく

「いやいやどうするんだよ」

「落ち着いて[浮遊]」

「は、はあ危なかったって良は?」

「下ーだよー」ボチャン

「あ、待って[浮遊]」

「あー、助かったー俺にもかけてくれよ」

「とりあえず[探知]いたいた、」

「どこどこ?」

「えっと海の中だな」

「え?、どうするの?」

「考えがある」

「何?」

「[攻撃力物体化]巨大四角」

「これの中にあの龍を入れてその中に
俺らも入る」

「これまた派手に考えたね」

「よしまずこれを消して、まず移動」

しばらくすると

「この下よ」

「少し下げて」

「じゃあいくよ、[攻撃力物体化]巨大四角、海の中に入れて、穴作成、でこの中に入れる、これで地上に持って行こう」

「暴れてるけど大丈夫?」

「大丈夫でしょ」

「早く地上に行こう」

「はいはい」

「到着っとここで[解除]」

「我を運ぶなどおこがましい」

「ごめんごめんではいざ勝負」

「本気で我に勝てると思っているのか人間」

「あぁ思ってるさ」

「なるほどでは勝負」

「俺からだ[縮地]」

「甘い[剛流水][壁]」

「良、上!」

「え?」

上から水が大量に降ってくる

「うわなんだこれ」

ミリ「炎よ燃えよ[巨大火球]」 

「ミリありがと」

水神龍「今のを避けるか」

「他の龍より戦いづらいな、ならば
[縮地][白龍連打撃]」

「きかん、[大海の主人]」
龍の周りに水が出てくる

「水噴射」

「まじか、ならば、攻撃力物体化、壁」

「なんとこざかしい」

「これでどうだ[絶対支配中(内容威嚇レベルが高いと低いものに絶対命令を出せる魔王幹部特別技)]動くな!」

「う、なんだ体が動かない」

「これで終わりだな」

「なんと我の負けか」

「じゃあな」

「神にあったらよろしく伝えてくれ」

「はいよ」
ジャキン

「ごめんな水神龍」

「やっと倒せたはぁー疲れたー」

「スキル獲得[大海の主人(水を体の周りに生成し水を操り攻撃する)]
[剛流水(内容あらゆる水でものを作る
複雑なものは作成不可)]
[水内空気作成(水の中で空気を作り息ができる一度使うといつでもしよう可)]
[水神龍剣技][水神龍打撃]
[超圧縮(あらゆるものを圧縮し小さくする解除をすると一気に圧縮されたものが
元に戻る)]

「これほとんど魔力必要じゃんあぁー
魔力使えるまで俺使えねーじゃんかよ」

「どんまい」

「くっそー」





「俺のスキルは最強だけど!武器化スキルが中でもチートすぎてかっこよすぎる件(剣)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く