俺のスキルは最強だけど!武器化スキルが中でもチートすぎてかっこよすぎる件(剣)

卵の黄身

邪神龍は強すぎる 一章20話

「龍化か!くそ縮地」

「良、力が吸われてく」

「俺はなんともないけど」

「多分魔力回収、回収した魔力で体に
魔力を貼り付けてる多分物理は効かない」

「え!無理じゃん」

「まだ手はある」

「それは(小さい声で)魔力付与」

「おけじゃあ行くぞ早く終わらせる」

ミリ「生命・物体魔力強制付与」

「う、だるいだけど慣れてる感覚」

「それが魔力強制付与だるいのはあなたが
魔力を長年使ってないから」

「そういうことかなら早く終わらせなきゃ」

「来る気か?バカか私に勝てると思っているのか」

「あぁ思ってるさー[鬼神化][縮地の極み][龍剣技向上][白龍連打撃]
くらえこれが本当の最後だ!」

「物理は効かないのだよ知らなかったのか?あははは」

「知ってるさそれとお前は知らないのか?
魔力がなくても付与すればいい」

「な、なんだとあの小娘が魔法使いだと?」

「そうならどうする終わりだ!」

「う、うわー」邪神龍が倒れてく

「倒せたあ、」バタン     良が倒れる

「はぁだからこいつは弱いんだ[超回復]」

「スキル獲得[邪神龍剣技][邪神の意地][威嚇最終形態][吐息(毒)]
[災厄の訪れ隕石雨][龍化]
[闇の球周囲力吸収放射][超龍の極み]
[極闇クラス][極闇炎クラス]
[龍加速][浮遊の指輪(魔道具)]


ミリ「さて次は水神龍だけど良がまあ
大丈夫か?」

「ぜん…ぜん…だいじょう…ぶ」

「はぁ明日にするか」

「とりあえずギルドに行って邪神龍討伐
したの報告しなきゃ」

「転移」

「あの……邪神龍は倒せなかったんですか?しかもあの良って人倒れてるしまあ
仕方ないよね月光石のランクを間違えて
もらってそれを乱用してたんだよね」

「はい、邪神龍の角」

「え?」

「こいつは魔力を体に無理やり入れたからその反動で倒れてるだけ少ししたら起きる
そして私たちは今から水神龍を倒しに行く」

「すいません、私の早とちりで」

「じゃあ水神龍の居場所教えて」

「わかりました、水神龍は海の真ん中にいて漁師たちを怖がらせているんです」

「そうですかわかった」

宿に戻る


「良起きろ良」

「う、ここは!」

「宿結局あなた一晩中ねてたね」

「なんでそれを」

「私の部屋に連れてきたからでしょ
あなた倒れてるしはぁこれで宿代損した」

「あ、ありがとう」

「別にいいってこと」

「お前案外優しいんだな」

「私を褒めてもなにもでないよ〜」

「あははは」

「それで明日水神龍を倒しに行く」

「どこにいるの?」

「海のど真ん中」

「了解」

「じゃあおやすみ」

「おやすみ」

良は部屋に戻る


「これが浮遊の指輪かどう見たって
普通の指輪あ、そうだ俺悪魔の指輪も
持ってたんだまあいいや明日考えよう」


「でも、ミリなんかいつもと違って
………可愛かったな」


「俺のスキルは最強だけど!武器化スキルが中でもチートすぎてかっこよすぎる件(剣)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く