俺のスキルは最強だけど!武器化スキルが中でもチートすぎてかっこよすぎる件(剣)

卵の黄身

真実 一章17話

「私のスピードを上回るだと?」

「あぁそうさこれが俺のスピード」

「この魔王様幹部がこんなガキに」

幹部が倒れてく

「これで私の生涯が終わりかそこの少年
良い戦い方だったこれなら魔王様も
飽きずに済むだろう」

「たお…せたやったー」

「スキル獲得[時間感覚強制化]
[絶対攻撃術解除][絶対支配中]
[支配のワルツ][魔王幹部化]
[肉体強化超絶大]」

ライト「新スキル獲得転送中」

「なんだ?新スキルって」

師匠「お前新スキルゲットしたのか
そりゃーすげーや」

「す、すごい初めて見た」

「そんなにすごいの?」

「新スキルってのは解明が進んでないけどとにかくすごいの」

ライト「・・・・転送完了スキ獲得スキル名[攻撃力物体化(内容攻撃力が10万を超えた際に獲得できるスキル自分の攻撃力
を大幅に削り[創造魔法神の手]と同じ
効果を得れる)」

良「え?超便利じゃん」

師匠「やはり俺の弟子これなら彼の方がたも満足だろう」

ミリ「えぇそうね」

「なに?彼の方って」

「お前には全て教えよう」

「今この世界いやこの宇宙は神々の戦場
となろうとしているそして最近神々の
提案で別の世界からこの世界に転生させて
最強の力を与えようとだが俺は成功したがお前は少しミスをしてしまったようで
すぐにMPが減る体になってしまった
そしてお前は気になっている
なぜそんなことを知っているか
それはな俺のスキル[神との会話]だ
そして神から頼まれた
良という少年を鍛えてほしいとな」

「だからてことは俺将来神たちの戦士って
こと?」

「まあ簡単に言うとそういうことになる」

「まじか冒険者としてチートライフしたかったのに」

「まあ神たちがお前を転生されなかったらここにいないんだから神に感謝しろ」

「はいはい」

「そして神達はまた考えた
この世に六つの最強のドラゴン達を召喚させ転生者達を鍛えさせる多分お前が倒した
最強龍と白龍は今は別の場所で祠になって次の転生者があらわれた時に発動する仕組みになっているそれぞれに固有ドラゴン名もある
最強の龍
白龍
邪神龍
超越神聖龍
水神龍
そして最後にこれが一番手強い
神の龍
この龍は今後遠くないうちにお前の前に
現れるこの龍は神々の力を全て有しているだが能力だけ攻撃と魔法は弱いだが
この場合の弱いは神にしては弱いだ
それに勝てるためにお前を鍛えてる」

「そういうことかそれと聞きたいんだけど
幹部の能力を引き継いだんだけどこれって
どういうこと?」

「それは魔人上位種の[能力全引き渡し]だ」

「魔人上位種は自分たちが弱まってくるとお互いに食い合い能力と力を倍増ささて
引き継ぐそのための能力だ」

「わかったこれからなにするんだ?」

「とりあえず旅をして今言った龍を
倒してもらう」

「そのためにミリを呼んだおれはまた別の転生者を鍛えなきゃいけないからなだから
なるべく早くここを出て旅をしてほしい」

「俺はいいよこの世界に来ていよいよ
主人公っぽいことができる」

「だから私を呼んだのね」

「そうだ」

「まあこの子なら私と組んでも大丈夫でしょう」

「よかった」

「じゃあ準備しろ」

「了解」

「俺のスキルは最強だけど!武器化スキルが中でもチートすぎてかっこよすぎる件(剣)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く