俺のスキルは最強だけど!武器化スキルが中でもチートすぎてかっこよすぎる件(剣)

卵の黄身

いきなり幹部でビビってます一章16話

「何々師匠冗談にしてはバカバカしすぎるよ」

「じゃあ前見ろ」

「ウゥゥゥ[イアツ]」

「いきなり威圧しかもなんだよこの威圧」

「これが幹部特有の威圧異常に強く
魔王から授かったと本人は言ってる」

「師匠は知ってるの?」

「あったりまえだ最初の頃はお前みたいに
魔王倒して俺Tueeeeeeeしたかったけど
魔王城前来て考えたんだ別に山で
スローライフも悪くないと」

「いやそれ考えちゃいけない魔王城前でそれは」

「てか師匠俺威圧でちびりそうなんすけど師匠は大丈夫なの?」

「俺は魔王の威圧直接受けたから慣れた」

「あ、そうなんですか」

「ウーンなんだようるさいな〜」

「ミリおはよう」

「ミリさんおはよおございす〜(怒り)」

「あら朝っぱら喧嘩だなんていい度胸してるね〜」

「そんなことしてる場合じゃないぞ」

「何々眠いっていうのにって幹部じゃないの」

「知ってるんすか?」

「あー一応こいつ私が封印したから」

「まじすか!初めて尊敬しました!」

「あっそ(怒り)」

睨み合う

「でも封印したのにここにいるって
ミリさんの封印魔法弱かったじゃないんですか〜ニヤ」

「そんなことは」

「あれあれあれれれれ〜」

「今は前の魔王だ」

「はいはい」

「所で師匠どうやって倒すの?」

「それがお前1人で頑張れ」

「なぜ!」

「今のお前なら可能だろう」

「そ、そんな」

「[威圧解除]はい倒してらっしゃい」

「す、すげー見直したぜ!」

「あなたに見直される筋合いはないんだけれどまあいいさああなたの本気見せてちょうだい」

「絶対勝つこの前の借りは返すぜ」

「剣技大大、龍剣技上、白龍の極み、
白龍打撃、龍打撃、鬼神打撃、各超連打
まずHPを削らなきゃ」

「[絶対支配中]オマエココデシヌ」

「違うお前だお前が死ぬんだー
[剣技最終形態最強の剣士]発動!
俺の全力を喰らえー合体技[超連打]」
うっ
良が深くダメージを喰らう

「魔王幹部特有魔法発動[支配のワルツ]
オマエヲココデコロス[人化発動]
これならやりやすいお前強いな俺にこの
人化を使わせるとは何年振りだろう」

「そうか死ぬのは初だな
[白龍超連打撃]これでHP結構削れたか?ライト確認してくれ」

「残り白龍超打撃4回で倒せます」

「4!そんなにか倒せるか?」

「[縮地の極み]」

「[絶対攻撃術解除]」

「な、ありかよ」

師匠「どうだミリあいつ幹部相手にここまでやってるぞ俺らならこの頃は雑魚だったもんな」

「それは賛成だ幹部相手にここまでやっているだがそれはここまでだな」

師匠「なぜだ?」

「忘れたのかあの六代魔王幹部固有魔法を
それとあの幹部の固有魔法を」

「あ、そうかあれは初見では絶対死ぬ技だ」

「あの子はどこまでいけるか場合によっては私も参加するぞ」

「別に俺はいいよ良に死なれても困るし」

「これで決まりだな」

「く、縮地の極みが、なら[縮地強]
[超強歩][鬼神化][鬼神流超連打撃]
これでどうだ」

良の視界に急に幹部が光速以上で動くのが目に入る

「なんだあれは」

「発動したか幹部の固有スキル
[時間感覚強制強化]あれはチート以上だ」

「ここからどれだけ耐えれるかあの少年は
どうするかな」

「は、早い」

「[鬼神化][肉体強化][旋回]
[縮地の極み][超強歩]これで終わりだ」

「あいつあの幹部相手に早さで戦う気か?」

「んなバカなあいつでももっとマシな考えがあると思ったが」

「[龍剣技大][剣技向上大大]
[龍剣技最終形態最強の剣士]これが
俺の秘技この7日で考えた最強の秘技
俺が幹部を確実に倒す!」

「何この俺に速さで対決だとやはり人間はバカで無知だな、そのバカさに免じて
すぐに殺したやろう[時間感覚強制強化]
これでおわ、な!」

幹部の前には自分の感覚より明らかに早いスピードで良がせまってくる

「俺の方が早いんだよ」

「な!」

「俺のスキルは最強だけど!武器化スキルが中でもチートすぎてかっこよすぎる件(剣)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く