俺のスキルは最強だけど!武器化スキルが中でもチートすぎてかっこよすぎる件(剣)

卵の黄身

まさかの出会い?一章15話

「師匠おはよー」

「お、起きたか」

「紹介する大魔術師のミリだ」

「よろし、ってあの時の」

「よろし、え?あのスキルの子?」

「なんであの子がいるの?」

「知ってるのか?」

「この前殺されそうになってるの助けたところよ」

「そうなのか運命とは怖いな〜」

「あ、あのこのかたと何をするんですか?」

「まずお互いにパートナーに向いているかけんさをする」

「え?」「え?」

「ちょっとまってよこの子が?私より
強いって子?」

「そうだけど?」

「まって冗談じゃない私に助けられた人が
なんで私より強いっていうの?」

「こいつはな今魔法が使えない
使えるほど魔力が回復したらこいつは
簡単に世界最強になれるだろう」

「そんなに?」

「しかも修行期間は私の魔法
[魔物強制強化大]そのせいで死にかけたのだろう」

「そういうものかな?」

「だからまずお互いを知るためにここで戦え」

「俺は大丈夫です」

「私も大丈夫だけど君死なない?」

「君って呼ばないで欲しい」

「なんで?」

「子供っぽいからだよ」

「だよ?アァ?やんのかおら」

「師匠の友達だからって容赦はしないぞ」

「まあまあとりあえずこの円から出るな
この中で戦え」

「わかった」

「わかったけど」

「じゃあ試合開始」

「容赦しないよ![浮遊][瞬間移動]」

「まじかまじで大魔術師だなでも負けねーよ」

「[縮地の極み][連続打撃][肉体強化][鬼神化]」

「え?そんなに魔力なしでこの私と対等に
ちょっとなめてたね[炎帝発動業火の炎
炎帝進化極炎帝]」

「何何何極炎帝って反則やー![龍打撃]」

「大魔法[神の守り]」

「効かないか龍打撃で効かないとなると
これしかないか」

「[剣強化大大][レベルアップ向上]
[龍剣技上][白龍の極み][白龍打撃][剣技最終形態合体技騎士剣技龍剣技鬼神流剣技悪魔流剣技獄炎剣白龍流剣技龍鬼悪の極み超光速連打撃]」

「何そんな技知らないうわー!」
倒れるミリ

「俺の勝ちだな」ニヤ

「こんなガキにやられるなんて」

「これで決まりだな」

「お前らはお互いに相性がいい」

「ミリが応援魔法で良が攻撃うんうんいい」

「そんなこの人と組むなんて無理だ!」

「私もこの人と組むなんてやです」

「まあ考えるんだな」

「へいへい」

後日

師匠「魔王幹部が来たぞ起きろ」


「俺のスキルは最強だけど!武器化スキルが中でもチートすぎてかっこよすぎる件(剣)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • bloodkyo

    技の名前長すぎて草

    0
コメントを書く