俺のスキルは最強だけど!武器化スキルが中でもチートすぎてかっこよすぎる件(剣)

卵の黄身

孤独な7日(2日目)一章11話

護衛「陛下」

「なんだ言ってみろ」

「この前のある男の件なんですが……」

「あの男か、わしに恥をかかせた愚か者か!!!」

「へ、陛下」

「取り乱してすまないでなんだ?」

「その男の件についてどうしますか」

「もちろん殺せそいつをここに持ってきたやつにはこの国の半分をやると宣言しろ」

「し、しかし」

「いいから宣言しろ」

「は、は!」

「(あの男絶対に後悔させてやる)」

その頃


「よっしゃ討伐っ!名前がなんだっけ
えっとブロンズゴーレムだ!」

「スキル獲得[守護・回避大]」

「なあライト俺がスキル集めてからなんかモンスター強くなってね?」

「はい昨日のモンスターより着々と強くなっています」

「え?なんで?」

「わかりませんが師匠の魔法なのではないのでしょうか」

「あ〜ありえる師匠のスキル強化だもんな
俺が強くなるためだからって言って
少し鬼畜すぎじゃねそれについてける俺もやばいんだろうけど」

「まあ、頑張ってください」

「はぁ、まあ行くか」

「なあライトあれか?コウモリ」

「あれです頑張って倒してください」

「よし行くか!」

「縮地、でか〜ら〜の〜秒殺で行くぜ
[龍剣技極超龍連打撃大爪撃空中撃破]
流石に最初からこれは体力に無理があるなゼハァゼハァ倒せたか?」

バタンコウモリが倒れた

「よっしゃぁぁ~もお無理」

「スキル獲得[探索][暗視][超音波]」

「よっしゃ三つかく…とく……」バタ


5時間後


「寝てたのかそっかあれ使ったから倒れたのか流石に奥の手すぎたかな?]

「てか休んでる暇がないんだ早くスキル獲得しなきゃ」

「えっと、、探知、いた!名前が?何々
白龍……………白龍……はぁ?」

「は、は、白龍?無理無理無理だろ
コウモリで精一杯なのに」

「あのモンスターをたおさないとこの辺の魔物は怖がり出てきません」

「倒すかぁ無理だろ武器も使えないのに
剣何使おうやっぱり龍と戦うんだから
ドライのかな?」

「よしドライに決定・・そっか俺魔力今ないから反応しないんだ攻撃力だけか
まあいけるか」

「よし倒しに行くか」


2キロほど歩くと


「いたっ縮地よし近づけた」

「おいそこにいるものよでてこい」

「(え!俺ばれた?まじ!?)」

「お、俺だ」

「お主か名は」

「良だ!」

「そうか良よ何故かここにいる」

「お前を倒してスキルをゲットしようとしから」

「そんな理由か」

「だってお前がいると他の魔物が怖がって俺のスキル回収が捗らないんだもん」

「だからついでに俺がお前のスキルをゲットする」

「わかったかかってこいやぁ〜!」

「縮地強、鋼糸〔良が糸を貼る〕打撃ゴンボ〔動けなくなったところを打撃ゴンボ〕
そろそろかな?よし龍剣技超龍打撃」

「な、なぜその技を」

「さてかな?」

「わかった我がバカだったお主に
龍の加護をやろうそれとお主その剣はなんだ」

「これは最強龍の剣」

「なんと最強龍とそれがなぜ武器に」

「俺のスキル」

「わかった、お主に龍の加護を」

ステータス

加護 龍の加護(龍剣技スキルなど龍系のスキルが上がる)

「ありがとう」

「ではさらば」

「スキル獲得[龍剣技上][白龍の極み][白龍打撃][獄炎剣白龍流]
[剣強化大大][ドラゴン・スレイヤー]
[擬人化][威嚇強化][毒息]
[レベルアップ向上]

称号

龍に崇められし者

本人ステータス

攻撃力  

過去6852300
今8560000


現在スキル獲得数目標達成(本人自覚なし)

「白龍が飛んだボーナスだったな」

「よし明日も頑張るかな」

「俺のスキルは最強だけど!武器化スキルが中でもチートすぎてかっこよすぎる件(剣)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • しょうろんぽう

    ちょっと………白竜のキャラ設定が頭わるわる~かな……

    1
コメントを書く