俺のスキルは最強だけど!武器化スキルが中でもチートすぎてかっこよすぎる件(剣)

卵の黄身

逃げるが勝ち一章2話

良「(よしスキルには慣れたな、まあただの初心者スキル[自動]らしいんですけどね…)」

兵士「さ、下がれー武器にされるな」

ポンポンポンと兵士が武器になっていくそのほとんどが剣だった

兵士「くそ半分以上武器になっちまった」

お偉いさんらしき人「(どうするどの手が最善だ)王を連れてにげろー」

兵士「は、はい」

王様「まて私も見ているぞ」

お偉いさん「ダメですこの相手は非常にマズイ今の人類の敵より……強いかもしれません…人を武器にするなんて……」

良「(あ……逃げちゃうのかまあいいや俺も逃げよ魔法の体力みたいなのがなくなったら最初から絶望だからな逃げようまあかっこ悪いけどいいでしょ王様も逃げるし)ここから出るか」

スキル獲得通達者「スキルオン」

良が王室の窓を割逃げていく


お偉いさん「いったか?」

兵士「いったようですね」

王室内の兵士達はぐったりとした様子で倒れ出した

兵士「な、なんだ!」

お偉いさん「あの転生者は逃げたと言うのに何故武器になって行くんだ」

その頃良は木が生い茂る森にいた

良「はぁー疲れたー久しぶりに本気で走ったからな、でも久しぶりと言え窓から飛び降りてこの森まで走ってこれたそれだけでも俺のチート臭がプンプンするな」

スキル獲得通達者「良さん」

良「なんだえっとスキル獲得通達者」

スキル獲得通達者「ここにいて安全なのでしょうか」

良「なんで?」

スキル獲得通達者「ここはバットウルフの縄張りなので…」

良「うっそ……いきなりモンスターと戦いか流石にやばいだろ、なあスキル獲得通達者」

スキル獲得通達者「なんでしょう」

良「あのこのバットウルフってどうやったら倒せるのか?」

スキル獲得通達者「一番早いのが良さんのスキルを使うのが早いかと」

良「それって?」

スキル獲得「[武器化]です」

良「そうかそれはそれはかっこいいな、それはどうやって発動するのか?普通に自動使っていいのか?」

通達者「近づいてバットウルフに触ってください、あとあまり初心者スキルに頼らないでください、これはあくまでもこの世界に来たばかりでいきなり戦闘になったので発動しました」

良「そうか、わかった……って触るー!?」

通達者「はい頑張って」

良「ちょ、待って…消えちゃったか近づくねえ……」

バットウルフ「ウゥゥゥ」

良「何匹いるんだ?4匹か、しかもデカイ」

バットウルフ「ワン」

良「飛びかかってきた、触らなきゃ…こ、怖い間近で見たらちょー怖いんですけど…もうどうにでもなれー」
ペタ

通達者「武器化発動」

良「………剣になったこれで戦えるか、よし行くか…って重い…振り回すしかないか、オラっ」

バタンと残りの3匹が倒れる

良「倒…せた……か弱くて助かったーー俺ってスキルどうやって発動するんだろうまさかこれからスキル使い方わからなくてバットエンドはないよな、なあスキル獲得通達者」

通達者「なんでしょう」

良「名前が長いから名前変えていい?」

通達者「はいどうぞ」

良「んー、ライトでよろしく!」

ライトよろしくお願いします」

良「ところでライト」

ライト「はい」

良「街ってどっち方向かな?」

ライト「右方向です」

良「わかった…歩くか」

ライト「良さん」

良「何?ライト」

ライト「スキルの使い方についてお教えします教えた場合私のスキル[自動]がなくなりますがいいですか?」

良「いいよ」

ライト「わかりましたまず基本的に技の名前を言えば基本的には発動しますその行為が詠唱です、そして技名を言わなくて頭の中でその言葉を連想するそれが無詠唱です、無詠唱の方が相手に使うスキルや魔法等を知られずに済みますが威力が圧倒的に落ちます、それが魔法やスキルを使うのに必要な方法です」

良「へーありがとう」

ライト「良さんもうすぐで見えてきます」

良「……あれか(これからの異世界冒険楽しみだぁぁ)」

「俺のスキルは最強だけど!武器化スキルが中でもチートすぎてかっこよすぎる件(剣)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー181927

    読みにくい。句読点を使って欲しい。

    10
  • ノベルバユーザー137296

    背景がわからんから
    読む気にならん
    2話で終了

    3
コメントを書く