君の嘘は僕を救う

モブタツ

[彼女にしてあげられること]1

  彼女は宣言通り、翌日も僕の前に現れた。しかし、彼女はいつものような元気は無く、顔色は悪く、衰弱しているように見えた。
「少し痩せた?」
「きゃあ!嬉しい!」
「…そういう意味じゃなくて。」
  どこか無理をしているような気がする。
「君、最近体調良くないんじゃないの?無理してここに来なくても…」
「別に悪くないけど」
  あまりにも威圧のある声だったので、僕は途中で話すのをやめてしまった。
  あたりが静かになる。相変わらず、この時間の公園は子供なんで一人もおらず、遊具は寂しそうに佇んでいた。
  街灯がジーンという音を鳴らしながら僕と彼女の近くを照らす。1日が終わる寂しさのようなものが僕の心に伝わって来た。
  どれだけの時間が経っただろうか。
  僕と彼女が言葉を発しなくなって沈黙が続いてから、どれくらい…。
  そうだ。
  僕は君に、聞きたいことが山ほどあるんだ。
「ねぇ。あのさ」
  下を俯き、寂しそうな顔をしていた彼女の顔がこちらを向く。
「君はどうして、僕を助けた人が女性だって知っていたの?」
「へ?」
  意味のわからない質問に、間の抜けた声で聞き返して来る。
「僕は『知らない人』としか言ってないのに」
  ここまでいうと、彼女の体が固まったのがわかった。
「…………あのさ」
  表情は真剣で、何か決意を固めたような、難しい顔をしている。
「もしも私が………さ」

「君の未来が分かるって言ったら、信じる?」

  僕の未来が…分かる?
  彼女が何を言いたいのかが分からない。
  何を考えているのかも。
「どういう…ことなの…?」
「詳しくは……また明日話すよ。でもね」
  そこまでいうと、彼女は腰をかけていたベンチから体を離し、立ち上がった。
「君にとっては信じられない話かもしれない。馬鹿らしい話なのかも。でも、どうか信じてほしい」
  いつも笑って冗談を言う彼女が、真剣な顔をしていると、ただ事ではないと言うことが伝わってくる。
  彼女が僕に打ち明けようとしていること。それがどんなことなのかは見当もつかない。
  でも、これだけは確信を持って言える。
  彼女は、僕に嘘をついている。
  それはきっと、悪戯でついた嘘ではなく、何かを守るためについた嘘で、彼女はやむを得なくついている。そんな気がする。
「……分かった。信じるよ」
「そう言ってくれると思ってたよ」
  彼女は少しだけ微笑み、僕に背中を向けた。
「君のことは私が絶対に守るよ」
  僕にとっては意味がわからない言葉を言いながら、彼女は去っていった。

  一人取り残された僕は、明日の予定について考えた。
  確か、明日は僕が住むこの町の開港祭が行われる。
  花火が打ち上がったり屋台が出たりと、一足早い夏祭りのようなものが行われるのだ。
  僕は、毎年美乃梨に誘われて一緒に行っていた。
  集合場所は、僕が今いるこの公園の近くにある神社の鳥居の下。
  美乃梨は毎年浴衣を着てくる。
  夏祭りではないのだから、別に着なくてもいいのにと僕は思うのだが…周りの人も結構着ているのでなんとも言えない。
  明日も、僕は集合時間になるまではここの公園で本を読んで時間を潰すつもりだった。
  彼女と出会うまでは。
  咲凜と出会ってからここで本を読む機会が少なくなった気がする。
  でも、別に嫌ではなかった。
  両親が亡くなり、姉も入院していたせいで家には誰もおらず、別に早く家に帰らなきゃいけない理由もなかった僕は公園で本を読んで夜を迎え、帰って自分だけの分のご飯の支度をする。そんなマンネリ化した日々を送っていた僕の前に現れた咲凜は、僕の日常に少しだけ変化をもたらしてくれた。
  だから、一応感謝はしているのだ。
  素直になれないだけで。
  そんな彼女が、勇気を振り絞って僕に何かを打ち明けようとしてくれている。
  それなら、僕は信じてあげる義務がある。
  僕が信じてあげないでどうする。
  そう。彼女にしてあげられることは…これしかないのだ。

「君の嘘は僕を救う」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代ドラマ」の人気作品

コメント

コメントを書く