君の嘘は僕を救う

モブタツ

プロローグ

  それは突然の出来事だった。
  歴史に残る大震災。家はあっという間に崩れ、間も無く津波警報の音が町内スピーカーから大音量で流れ出した。
  僕はそんな音を聞きながら瓦礫の下に埋もれていた。
  8歳の僕では到底抜け出すことなどできず、僕はただ目の前に広がる地獄を見ているだけだった。
「………」
  声が出ない。足は瓦礫に挟まれ、首から下は倒れてきたタンスに潰されている。
  あぁ。僕はこのまま死ぬんだ。
「死ぬ」ということがあまりよく理解できていなかった僕は、そんな風に軽く考えた。
  遠くからは僕を呼ぶ母親と父親の声がする。そして、姉の悲しそうな叫び声。
  僕がここで死んだら、お母さんとお父さんは悲しむのかな。お姉ちゃんは泣いちゃうのかな。
  死んだら、どうなってしまうのだろうか。
  体が動かない分、脳はよく動いた。
  遠くからは津波が来たから逃げろと叫ぶおじさんの声。無理やり連れて行かれたのか、だんだんと家族の声が遠ざかって行くのが分かった。
「……つ……さ……ん!……かさくん!…………つかさ君!」
  上から女の人の声がする。(体が横になっているため、頭上で声が聞こえた。)
  体にのしかかっていた物がなくなり、自分に乗っていた物がどれだけ重かったのか実感した。
「大丈夫!?怪我はない?」
  女の人は、僕に尋ねてきた。
  僕は黙って首を縦に振って応える。
「よかったぁ…」
  フードを深々とかぶり、顔を見えないようにしているその人は、手で胸をなでおろし、僕の手を掴んだ。
「はやくここから逃げないと!津波が来る!」
「…つなみ?」
「大きな波が来るの!とにかく逃げるよ!……ほら!」
  その人は、僕に背中を向け、しゃがんだ。
「おんぶ」をしてくれるようだ。
  僕は黙ってその背中に身を委ねることにした。
「お姉さんは…誰なの?」
  答えを聞く前に次の質問をする。
「なんで…僕の名前を知ってるの?」
  そして、その人は質問には答えなかった。
  避難所まで僕を送り届けてくれたその人は、僕が家族を探しに行っている間に姿を消していた。
  あの人は誰だったのだろうか。

  16歳になった今でも、僕は彼女のことを忘れた事は一度もない。

「君の嘘は僕を救う」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代ドラマ」の人気作品

コメント

コメントを書く