話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

S級冒険者パーティから追放された幸運な僕、女神と出会い最強になる 〜勇者である妹より先に魔王討伐を目指す〜

英雄譚

第19話 『元パーティの仲間との再会を果たす』

 

 気がつけば暗闇の中でただ1人、ボクは佇んでいた。何処までも続く真っ黒い地平線を意味もなく見つめている。
 こんな所に来た記憶は無い、初めて場所だ。

「……」

 それなのに、この胸を高鳴らせる懐かしい感覚は何なのだろうか?
 というより此処でボクは、一体何をしているんだろうか……?

 疑問に疑問が生じて、次第に思考が絡み合い、考えるのを拒絶してしまっていた。
 仕方がないと頭を掻いて困っていると突然、背中を叩く大きな手により前方へと押し出される。

「!?」

 驚いて振り返ると、一面暗闇だった空間が急に姿を一瞬で変化させた。

 目線の先には、低い木材の塀で囲まれた2階建ての家がそこに自然と建っていた。

 その側には大きな図体で腕を組みながら、ボクを見下ろして笑っている見覚えのある男性が立っていた。

 あれっ……あれ?    えっ。

 彼を見たボクは驚きを隠せず、後ずさりをしながら大きく開けた口に手を当てた。

(そんな筈が……無い。 なのにどうして、こんな所に居るんだ……??)

「よくやったぞネロ! 流石は俺の息子だ!」

 白い歯をみせて笑うその人物は、かつて死んだはずの父だった。
 忘れたりはしない、忘れる筈がない、ずっと憧れてきたあの大きな背中を。

「……どうして? どうして……父さんがここなんかに?」

「ん、何を不思議がっているんだよ? ここは俺らの我が家だから当たり前だろ? 居ちゃ悪いのかよ……?」

 そういうと彼は再びボクに近づき、そして肩を掴んでーー



「おい何をモタモタしているんだ!? とっとと早くここから逃げるんだ!!!」

 ーーー思いっきり力強く引っ張れ、父はボクを見ながら怒鳴るように叫んだ。

「え?」

 気がつくと、また光景大きく変わっていた。
 今度は何なんだと思いながら父の方に視線を向けるとーー

「!!?」

 目を大きく見開いて、驚愕してしまう。



 そこには……かつて住んでいた大切な家が、黒い炎に包まれながら燃えていた。

 ーーそして、そこにも父が居た。
 大量の血を流しながら強張った表情の父は、ボクに背中を向けながら大声で叫んだ。

「エリーシャを早くここから連れ出して逃げるんだ!! 早くしろ!!」

 父から発せられた声は、いつもの優しくて気さくな雰囲気がまるで無かったら。
 それもそうだろう。

 何故なら父は………。

「生きろよ」

 それでも尚、父は震えるボクを安心させる為なのか、ニヤリとした笑顔をボクの方へと向けながら、いつもの優しさで言った。

 ーーーグチャ! と生々しい音と共に父は目の前から消滅したのだった。

「っ!?    父さん!!」

 傷だらけになった手を必死に伸ばしてみせたが、そこにはもう……父は立っていなかった。
 ただ不気味に、笑い声を上げている悪魔がそこでボクを見つめている。

「ふふふ、なんという愚かな愚者なのだ。逃げればいいものの、こんな軟弱どもの為に何故その尊い命を犠牲にするのだ?」

 目の前には、ずっと昔から復讐の対象にしていた人物。
 燃えあがる大切な我が家を奴は面白おかしそうに嘲笑い、無数の死体を踏み躙りながらその上に平然と立っていた。

「やはり『愛』というものが邪魔するのか? ふふふ、それならばやはり『愛』というモノは実に興味深い! さらに気持ちの悪い異物である!  愛など幻影でしか過ぎない、偽りの感情だというのに、人間というものは愚かでは到底言い表せられないほどの愚者だ!」

 復讐の種、元凶となったその醜い姿が、燃え盛る我が家と共に眼球から脳まで痛々しいほどに深く刻印のように焼きついていた。
 決して消えない、傷跡のように。

「ーーーっ!!」

 奴にむかって憎悪を放ちながら、叫んでいる自分がいた。
 まるで何か良くないモノに乗り移られたかのような、荒々しくて甲高い声がボクの喉から発せられていた。

 奴の眼球がボクの方へとむけられる。
 そして、いつものように両端の唇を上げながら、嘲笑っていた。

「貴方はーーーーーーーー!!!!」




 ※※※※※※




 受け止められていた。

 剣の切っ先が、奴の人差し指と中指に挟まれて何事もないかのように受け止められたのだ。

「私に業を燃やす復讐者? つまり、私のファンか何かでしょうか? ええ?」

「ふざけるな!!」

 それでも尚、ボクの勢いは止まったりはしない。
 女神によって左手の甲に刻まれた印から魔力を貰い受けながら、奴の指に挟まった剣をありったけの力で引き抜いてバックステップで距離を取る。

「ふむ、確かにファンなら攻撃なんてしませんよね。それに驚きましたよ若き未来ある愚者よ」

 奴は服についた砂埃を右手で払うと、ツノをいじりながら遊び感覚で言う。

「まさか私の強烈なデコピンを近距離で受けても尚、目立った外傷が無いだなんて、非常に驚きですよ人間よ!」

 完全に見下したような表情で笑っている。
 まるでいつでもボクを殺れると言わんばかりに。

 それもそうだろう。
 奴は……ビリー・ゼバブ・ベロフィークは『魔の大陸』の大半を軍事力で治めた魔の王の直属の部下である。
 しかも魔王軍の中でもズバ抜けた能力を持つ精鋭『七大使徒』の1人だ。

 王国騎士団を指だけで捻り潰し、王国の連合軍でさえたった1人で全滅させるような奴らだ。
 微かにだがボクの体がすくんでしまう。

「しかもそのお美しい神々しい剣はっ! 『神族』の『光明の加護』ではありませんか!? なんとも醜いのでしょうか!」

 一瞬の瞬きが命取りだった。
 気づけば、『第七使徒』ビリーはボクの剣を撫でる程の距離まで接近していた。

 ソイツにめがけて剣を引き離す。
 そして、憎悪に支配されたボクは無造作に剣を頭上へと高く掲げてすぐさま振り下ろした。

「 【光晶剣流 ーー煇輝光斬ーー】!!!!」

 膨大な魔力による斬撃が奴に目掛けて放たれた。
 一瞬だけだが、奴の表情から余裕が消え去る。

「……ほう」

 強力な斬撃が奴に直撃した。

「あああああああああああああ!!!!!」

 架け橋のように奴にまで放たれた光明で膨大な斬撃を、必死に抑え込みながら剣を握り締める手の平に、魔力と筋力を込めて叫んだ。

 そしてーーーー

「ククク……ハハハハっ!! 」

 一瞬で相殺されたのだった。

 剣から重みが、嘘のように消える。
 唖然としてしまい、そんな状況を受け止められない自分がいた。

 怒りにより失った冷静が次第に取り戻され、ボクが感じた最初の感情は……『失望』だった。

 誰かに対してのではない、愚かな自分に対してだ。やっと得た強力な力には満足している自分に。

 それを無意味に陥らせた自分が許せないという感情が、次第にボク自身を恨み始めてしまう。

「……ありゃまっこれはイケませんなぁ、見てくださいよ」

 奴の言葉に顔を上げ、震える瞳を向ける。
 見ると、奴の人差し指があらぬ方向に曲がっていて血を吹き出していた。

「指が、折れてしまったじゃないですか?」

「!?」

 強烈な痛みが突然腹部を襲い、抑える暇もなく重力に反するようにボクの体は痛み全身に抱えたまま、容赦なく宙に吹っ飛ばされていた。

 意識が朦朧とする中、薄れていく視界に映る景色は………残酷なものだった。

 感情的になっていたせいで忘れてしまっていたが、この場にはリンカとフィオラにミミも居る。

 彼女らは吹っ飛ばさるボクに手を伸ばそうとしてくれたが、前方で強烈な殺気と威圧を放つビリーによって固まってしまった。

「………逃げて……」

 地面を砕くように衝突してしまったボクは奈落の底に飲み込まれるような感覚を覚え、意識が途切れる。



 ※※※※※※



「まさか私に傷を負わせるとは、なんとも愚者であり強者なのでしょうか。死の間際に敬意を称しましょう」

 ビリーは一仕事を終わらせたかのような満足そうな表情を作った。
 そして呆然と立ち尽くすリンカの背後に隠れたミミに指を差す。

「さあ、こっちに来なさい」

「ニャ!!?」

 毛を逆立たせながらミミは、首を左右に振る。
 リンカが剣を握りしめ、カチカチと震える歯を食いしばりながら聞いた。

「アンタが誰なのかは知らないけどね……この子は渡せないわ。もし渡したところでアンタはこの子をどうする気なのよ……?」

「いつか私ら魔王軍の脅威となり妨げになる存在になるので、ソッコウな処置をとるつもりです」

「ニャ! ニャ!? それは嫌ニャ!!」

 ミミに拒否られたビリーはため息を吐いた。
 明るい表情が消え失せ、ビリーはつまんなさそうに地面の虫を踏みつけながら言った。

「まったく、頑固な子だよ。キミを森に連れていったキミの父を殺して、姿を偽装したあの日からずっと……キミは厄介だった。異常とも言えるほどの強大な力を秘めながらも、その本質をも理解できていない状態が特にね」

「やっぱり! お前が私の父にゃんと母にゃんを!?」

「キミの両親だけではなく、村のすべての人間は私の手により葬られたのだ。それを見てしまった場合、キミは堪えきれず暴走してしまうだろう。なので力の源であるキミの耳を処理した……が、やはりしつこい」

 ビリーの指差す先にはミミの頭。
 いつの間にか生えていた燃えるような耳へと向けられていた。

「何度もその姿を取り戻そうと形成を繰り返してしまう。だから決断に至ったのさ、キミの処理をね!」

「!?」

 リンカらの目の前から突然、ビリーは姿を消した。
 慌てながらリンカは剣を構えて周囲に警戒する。

「上っ! 上!!」

 フィオラの呼びかけにリンカはとっさに上へと視線を向けて、迫り来るビリーに気がついた。
 反射的にミミを抱えてリンカは地面を蹴ってビリーの攻撃を回避する。

「くっ! なんなんだよっ……全然見えないじゃないの!」

「それはキミが剣士としてド三流の雑魚だからだろう!」

 地面を砕いたビリーは小さな動作でリンカにめがけて腕を振り下ろす。

 ほぼ動作のないビリーの行動にリンカは気にもかけずミミを抱えて離れようしたのだがーー

 ズバ!!

 突然リンカの肩が切り裂かれてしまう。

「痛っ!?」

 抱えたミミを離して、肩を切り裂かれてしまったリンカは地面に倒れてしまう。
 いつもなら回避していたところだが、ビリーの攻撃はそれをも許さなかった。

 涙目でミミは倒れるリンカの方に視線を向ける。

「ーーーネロ」

 小さくリンカは呟いた。
 ネロの吹き飛ばされてしまった方向へと、半開きにさせた瞳を向ける。

 そこには、重傷で気を失ってしまったネロが倒れこんでいた。

「………誰」

 ーーーだけどその場には、もう1人いた。

 ネロを見下ろしながら桃色の髪を揺らして泣いている可憐な美貌の少女。
 リンカにとって見慣れないその少女は、ネロに魔法『治癒魔法』をかけいる最中だった。

 少女はリンカに気がつくと、手をかざしながら魔力を込めて叫んだ。

「『癒しの輪』ヒーリング!!」

 少女はこの場をすべて包み込むような強大な魔法陣を出現させる。
 忌々しい威圧が掻き消され、魔法陣内の朽ち果てた自然が命を取り戻していく。

 リンカの負ってしまった肩の深い斬り傷もが、次第にみるみると塞がっていった。
 リンカは唖然とする。

(この短時間だけで、これほどの治癒力を。あの女は一体……?)

 少女はすぐにネロの方にに向き直る。
 涙で潤んでしまった目元を拭いながら、少女はニコリと笑い、嬉しそうに気を失っているネロに呟いた。


「私を勝手に置いていくんじゃないわよ…………。本当、ネロ君のばかっ」

 少女の言葉が届いたのだろうか。
 ネロの閉ざしてした瞼の表面が一瞬ビクリと震えた。

「……また会えて、貴方が生きてて、本当に良かったよ」

 少女は仰向けに倒れるネロを持ち上げて、包み込むように抱きつく。

 リンカが目を細めた。

「なっ!?」

「………ん」

 その瞬間、腕の中に包まれたネロは瞼を微かに開けた。

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • 英雄譚

    あ ほ く さ(便乗w

    0
コメントを書く