話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

先生! その異世界小説、間違いだらけですやん!

執筆用bot E-021番 

なぜ、勇者はツボを割るのか?

 5ゴールドの宿に宿泊した。



 ボロいんじゃないかという懸念があった。たとえば壁に穴が開いているとか、ベッドがないとか、部屋のカギが閉まらないとか、店主が窃盗犯だとか……。



 杞憂きゆうだった。



 ちゃんと個室が与えられた。ベッドも2台あった。床も壁もちゃんと木の板が張り付けられていた。窓もあった。窓からの景色は正面にある雑貨店のせいで、遮られていた。が、5ゴールドだ。文句は言うまい。



「5ゴールドで泊まれる部屋とは思えないですね」



 広さも8畳ほどある。



「トウゼンであろう。私が創った世界なのだ。そんなムチャクチャな宿屋なんか創りはせん」



「いや。5ゴールドってだけで、すでにムチャクチャやと思いますけど」



 窓際に高価そうなツボが置いていた。青磁と言うのだろうか。青く澄んだような色あいのツボだった。



 オレは目利きではないが、なんとなく見ているだけで和まされる。


「あ、そうだそうだ」
 と、ふと先生がそのツボを持ち上げた。



「先生?」
「せいやっ」



 ツボが地面に叩きつけられた。バリーンと盛大な音が立つ。破片が飛散した。



「な、なななな、なにをしてるんですかッ!」



「何って、見てわからないかね。ツボを割っているのではないか」



 先生は得意気に言う。
 ものすごいドヤ顔だ。



「いやいや。割ってるのは見ればわかりますよ! いったい何の儀式なんですか。宿の人に怒られますって!」



 先生が奇人であることは知っていたが、トツゼンそういった言動をされると、ビックリしてしまう。



「案ずるでない。勇者御一行は他人の家のツボを割っても良いという、法律があるのだ。ゲームの主人公もよく他人の家のツボを割っているではないか」



「ウソーッ!」



 もはや驚愕を越えて、呆れる思いだ。
 そこもゲームテイストに仕上げたらしい。



「ほら、見たまえ」



 ツボの破片の中から先生は草を取りだした。



「なんですか。この雑草は」



「雑草ではない。これは薬草だ。ツボの中から薬草が出てくるのは、もはや王道であろうが」



「いや、わざわざツボを割る必要はないですやんッ。普通に薬草をツボから取りだせばええですやんかッ!」



 RPGの主人公もよく勝手に他人の家に上がりこんで、ツボを割り散らかしている。あれはいったい何故破壊する必要があるんやろうか。



 普通にツボの中に手を突っ込んで、中の物体を取りだせばええだけやないか。もはや、嫌がらせの域を越えて、狂人の言動としか思えない。



「割らなくては、爽快感がないであろうがッ」
「えぇー……」



 爽快感を求めるだけで、他人の家のツボを割り散らかす権利が勇者にあるのか。



 民衆にとってはもはや魔王より、勇者のほうが問題だろう。何せ土足で家に上がりこんできて、家具を破壊しつくして、あらゆる道具をかっぱらって行くのだ。大悪党だ。



「さあ。ドメくんよ」
「なんですか?」



「他の部屋にあるツボも割りに行こうではないかッ」



 先生は嬉々とした表情で言う。
 そんなに気持良かったんだろうか。



「いや。あきませんって。オレ、そんなんしたくありません」



「何故?」



「何故って、迷惑かかるでしょう。大人しくしときましょうよ」



 ここがいくらフィクションの中とはいえ、そんな大胆なことはしたくない。たとえば夢の中で好き勝手やろうとしても、理性が働いてしまう。夢の中でさえそれだ。感覚がリアルにあるのに、そんな狂ったことは出来ない。



「私が良いと言えば、良いのだ。私はこの世界の神のような存在であるぞ」



「そうなんでしょうけど」



 勇者はツボを割って良いという法律があるんなら、別に問題はないのだろう。しかし、迷惑すぎる。5ゴールドで部屋に泊めてもらったあげくに、宿にあるツボというツボを割り散らかす勇者。……ありえない。




「お願いしますから、大人しくしといてください」



「どうしたのだ。ドメくん。情けない顔をして。もしかして私がツボを割ってしまったことを嘆いているのか?」



「その通りです」



 先生は、やさしくオレの背中を撫でてくれた。



「そうかそうか。それは済まないことをした」



 わかってくれたのか、先生は申し訳なさそうな顔をした。



「先生……」



 先生に優しくされると、頭がボーッとして何も考えられなくなる。神はどうしてこんな人に、美貌を与えたのだろうか。



「あのツボ、ドメくんが先に割りたかったのだな」



「ちがーうッ!」



 なんとか説得に説得を重ねて、他の部屋のツボを割ることは断念してもらった。



 オレは部屋に散らかっているツボの破片を片付けることにした。宿を出るときに宿主に謝っておこう。



 ベッドで寝転がって、薬草を見つめた。先生がツボから取りだした薬草だ。見た感じではただの雑草にしか見えない。



「これって、どうやって使うんです?」
「食べるのだよ」
「傷とか治るんですよね?」



「そうだ。たくさん食べれば、あらゆる傷を回復できる優れものだ」



 薬草があるから、この世界には病院がないのだろう。RPGでも病院があるものは、あまり見たことがない。



「でも、この世界って魔法があるんでしたよね。先生って、魔法使いって設定でしたよね?」



「その通りだ」



「魔法使いがいるんなら、傷とかも魔法で治せるんやないですか?」



「うむ。治せるぞ」
「薬草も必要ないんとちゃいます?」



「魔法は使うと疲れるのだ。ゲームではMPと言われているが、この世界にMPの概念はない。ただただ単純に疲れるわけだ」



「へぇ」



 そこはゲームテイストではないらしい。まぁ、そりゃそうだろう。HPが体力なら、MPは何だよって話になる。



「疲れるよりかは、疲れない薬草のほうが使い勝手が良いであろう」



「なるほど」



 じゃあロウソクとかも、そういう理由で存在しているのだろう。炎の魔法で出現させられる。だが、疲れるから、ロウソクを使うわけだ。

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く