旦那様と執事な神様

きりんのつばさ

彼女の新しい一面と若干の後悔

とある日の夕食後
「旦那様、何か食後のお酒を呑まれますか?」 
食後、のんびりとしていると月詠さんにそう言われた。
言われると無性に飲みたくなるのは何故だろうか?
「そうだね、赤ワイン持ってきてもらえるかな?
あの最近買ったやつ」
「かしこまりました」
そう言うと月詠さんはワインセラーがある地下に行き、
俺が頼んだ赤ワインを持ってきた。
そして慣れた手つきでコルクを開け、これまた綺麗な
動作でグラスに注いだ。
「お待たせしました」
「うん、ありがとう」
個人的にあまり呑めないがこの匂いは好きだ。
そして匂いを嗅いだ後、ゆっくりと呑んだ。
「うん、やっぱり美味しいな。
ーー月詠さんも呑む?」
「私ですか?」
「そう、月詠さん。もう今日の仕事は
終わったんでしょ?」
「まぁ、そうですが……」
「ならここからは恋人同士の時間って事で」
「旦那様がそう仰られるのでしたら
そう致しましょう。少しお待ちください食堂から
私のグラスを持ってきますので」
「じゃあついでで何か簡単な食べ物も用意出来る?」
「はい、かしこまりました」
と食堂に向かう月詠さん。
この時は楽しみしか無かったのだが、この後自分の
決断を若干後悔するとは思っても無かった。



では、俺が何故若干後悔したのかと言うと
「だぁんなさま〜もっとのみましょうよ〜」
「……」
「ねぇ〜きぃてますか〜?」
「……一体何だこりゃ?」
俺は目の前で起きている景色に驚いていた。
「こんなかわぁいい〜し〜つ〜じのわたしを〜
むしなんて〜ひどいおかただぁ〜」
そこにはかなり出来上がった月詠さんがいた。
いつものキリッとした表情はどこに行ったのやら
目をとろんとさせて甘えてくる彼女。
「……まさか月詠さんはここまでお酒に弱いとは」
ちなみに月詠さんが呑んだのはグラスの半分ぐらいであり
ワイン自体もそこまでアルコール度数は高くない。
「とりあえず月詠さんは水を飲もうか」
「なんですか? わたしがぁ〜よっているって
おもってぇ〜いるんですかぁ?」
俺に寄りかかりながら言う月詠さん。
「……そのセリフを言う時点で酔っ払いだと思うのは
俺だけなんだろうか」
「この〜わたしの〜どこが〜よっぱらって〜いるのか
せつめぃ〜して〜くださいっ!!」
いつもは見せない様な満面の笑みで言われる俺。
ついその笑顔に負けそうになるがこおは我慢して
「完全に酔っ払いのだる絡みだからね」
「きゃっ、だんなさまが〜わたしのことを〜
かわいい〜って〜うへへ〜うれしいです〜」
「幻聴だ!?」
「えっ、かわいいっておもわないんですか……
そんな……うぅ……うぅ……」
さっきまでのハイテンションから打って変わって
今度は泣き始める月詠さん。
「待って待って泣かないでって」
「だんなさまが〜わたしをむねがないおんなだって〜!!
うえぇぇぇ〜ん!!」
「誰もそうとは言ってない!?」
確かに月詠さんは世間的にはスレンダーと
呼ばれる様な体型だ。
「だって〜まえに〜ぱーてぃの〜ときに〜むねのおおきな
おんなのひとみていたぁ〜!!」
「あ、あれは仕方ないというか不可抗力なんだけど……」
「みとめるんだぁ〜!! もういやだぁ〜!!
うぇぇぇぇぇん〜〜!!」
さっきよりも強く泣き出す月詠さん。
ちなみに彼女が泣くのを見るのは告白した日以来だ。
「俺は月詠さんが好きなんだって。
胸の大きな女性よりも俺は君が好きなんだって」
「ーーえへへへ〜やっとぉ〜いってくれたぁ〜」
「あっ、騙したな!?」
「おんなのなみだはぁ〜ぶきなんですよ〜
そ〜れ〜よ〜り〜もえぃ!!」
随分可愛らしい掛け声と共に椅子に座っている俺の
膝の上に乗っかってきた。
「ち、ちょっと月詠さん!?」
「だんなさまのおかおが〜ちかいです〜!!
かっこいいな〜」
と月詠さんは頬ずりし始めた。
「本当に水を飲もうか君は」
俺がやんわり離そうとすると
「いやだぁ〜まだだんなさまのひざのうえにのる〜!!
は〜な〜れ〜た〜く〜な〜い〜!!」
と俺の首に腕を回して抱き着く月詠さん。
そのせいで身体の密着具合がかなり高まり、彼女の身体の
柔らかさをダイレクトに感じる事が出来る。
……そのためこっちは心臓がヤバイ。
「だんなさまはわたしのものなのです」
「はぁ……」
「なのでほかのかたがたがちかよってはだめなのです!!
わかりましたかだんなさま!!」
「……何故それを俺に言うのかな?」
「それは〜だんなさまがとても〜みりょくてきな〜
おかた〜だからですよ〜」
「ゴメン全然話の脈絡がわからない」
「だから〜だんなさまもくてきのじょせいが
ぱーてぃで〜たくさんちかづいてくるのが〜
いやなんですよ〜」
「はいはい次から参加しないようにするって」
「ほぉんとぉですか〜? しょうこはありますか?
しょうこはあるんですかぁ〜?」
「酔っ払いの介抱面倒くせぇ……」
「だからよっぱらってませんって〜
なんどいったらわかるんですかぁ?
でもだんなさまなのでゆるします!!」
「ありがとう……?」
何か許された。
この後も酔っ払いの月詠さんに絡まれた。


そしてしばらく経ち
「ねむぃ……」
「じゃあ寝ようか月詠さん」
……正直俺も色々と疲れたから寝たい。
まさかあの月詠さんがお酒でここまで面倒になるとは
思わなかった。
「じゃあおひめさまだっこでべっとまで〜!!」
「はいはい分かりましたよ」
多分ここで変に反論するとまた面倒な事になると思った
もで俺は大人しく従う事にした。
膝の上に乗っかっている月詠さんに手を回して
そのままお姫様抱っこで持ち上げた。
「うわ軽っ」
月詠さんを持って感じた感想はそれだった。
俺よりも身長は少し低いだけなのにあまりの軽さに
驚いていた。
確かに月詠さんは華奢な見た目なのでそれなりに
予想はしていたがまさかここまでとは……。
「わぁ〜たかい〜」
なんて子供みたいな言葉を言っている月詠さん。
「はいはい行くからな」
と俺は月詠さんを抱っこしたまま彼女の部屋まで歩く。
「だんなさま〜」
相変わらず頬ずりをしながら甘えてくる月詠さん。
「はいはい何?」
「すき」
「俺も好きだよ」
「よかったぁ〜おんなじだぁ〜」
なんていう会話を10回ぐらい繰り返しただろうか
やっと彼女の部屋に着いた。
そして中に入り、月詠さんをベットに下ろした。
「すぅ……」
「気がついたらもう寝ているし……」
さっきまであんなに騒いでいたのの騒ぎすぎたのだろうか
既に寝息をたてて寝ていた。
「これだといつもと立場逆だな」
俺は月詠さんに掛け布団をかけながらそう呟いた。
酔っ払いの面倒くささを改めて実感したのだが
それ以上に彼女の新しい一面と正直な気持ちを
知る事が出来て良かった。
「まぁでもこれだと……
ーー明日は大変な事になるぞ、こりゃ」


そしてつぎの日
「大変失礼致しました」
起きて早々俺の寝ているベットの近くで土下座を
している月詠さん。
「ま、まさかあのような失態を旦那様の前で
晒してしまうとは……!!」
「いや俺は気にしてないからいいって……」
「これは命を以ってお詫びをするしか……!!」
と言いながら短刀を懐から出してくる。
「毎回思うんだけどそれ何で持っているの!?」
「執事ですから」
「答えになってない!!
ーーって短刀をお腹に近づけないって!!」
昨日の夜に引き続き朝から騒がしい我が屋敷だった。

「旦那様と執事な神様」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く