話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

腹下したせいで1人異世界転移に遅れてしまったんですが 特別編 〜美少女転校生と始める学園生活〜

けん玉マスター

クリスマス特別編 illumination

12月25日。
この日は俗に言うクリスマスである。
クリスマスになると街はイルミネーションで彩られ、楽しげな雰囲気を醸し出す。
だがクリスマスとは本来キリストの誕生日を祝う日であって邪な…つまりデートなんかぜずに家で寝ろってこと。そしてリア充共は爆発しろ!
…という訳で友達のおかげでクリぼっちを回避した非リア充ことけん玉マスターですw
いやぁ…遅くなってすいません。理由は色々はなくて主にひとつです。右手首をやりまして…複雑骨折ですねはい。
というわけで手術をして何とか復活しクリスマスには間に合わせましたw
前置きが長くなるのもあれなのでとりまクリスマス特別編どうぞw
(あ、これは特別編なので同棲はまだしてないって言う設定です。特別編だから何してもいいよね?w)



「はぁ〜…」
駅の噴水の前で1人の少女が寒そうに手に息をかける。
「…寒い…。やっぱり手袋つけてくれば良かったかな…。」
症状が嘆いているとそこに走りながらやってくる1人の男。
「はぁ…はぁ…ミーシェ、悪い…遅くなった。」
息を切らしながら肩で息をする男。
「もー!ユウ遅い!」
「わ、悪い、バイト思いのほか長引いちまって…。」
「もう…コートの襟乱れてるよ。」
少女、ミーシェは文句を言いながらもしっかりと男、ユウのことを気遣う。
「ありがとう…。本当にごめんな。まさか帰り際あんなに混むとは思わなくて。」
「来る前に連絡でもしてくれればいいのに…。何かあったんじゃないかって不安になっちゃった…。」
「悪かったって。忘れてたんだよ。てかミーシェ…手袋してないのか…?」
「え?あ、うん。忘れてきちゃって。」
「…ほら、片方貸してやる。」
「でも…。」
「いいから。」
「…じゃあ、手袋してない方の手出して?」
「?…こうか?」
「うん!」
ミーシェは優の手を握る。
「ほら、こうすれば暖かいでしょ?」
「そ、そうだな。」
「ほら、行こ?」
「おう。」

この日はクリスマス。
2人は1駅離れた街の有名なイルミネーションを見に行く予定になっていた。
「うーん…やっぱり混んでるかなぁ?」
「そりゃあまあ有名なイルミネーションだからなぁ…。」
「だよね…。」
「ま、お前は見たことないと思うがまじで綺麗だから混んでる中見る価値はあると思うぞ?」
「そ、そうだね。お姉ちゃんに絵の材料の写真も頼まれてるし。」
そう言ってミーシェは首に提げたデジカメを触る。
「まあ、まだ暗くなるには時間がかかるからな。その…付き合って最初のクリスマス…いい思い出作ろうぜ?な?」
「うん!」


「おお…やっぱりすげえ人混みだな…。」
「そ、そうだね…!」
「離れるなよ?」
そう言って優はミーシェの手を握り直す。
「ユウ…うん!」
そう言ってミーシェは優の腕に抱きついた。
「馬鹿…あんまくっつくな。」
「ふふん…離れるな…でしょ?」
「たく…。」
そうして2人はイルミネーションを見るために街に繰り出すのだった。


「わあぁー!!ユウ!早く早く!すごい…すごいよお!」
「分かったから引っ張るなって。」
「何これ?!本当に?!」
「はは…凄いだろ?」
「うん!なんだか日本じゃないみたい…!」
「雑誌の表紙を飾ったこともあるんだぜ?」
「へぇー!凄いなあ…。」
「写真…撮らなくていいのか?」
「あっ、そうだね。」
ミーシェはサラのためにパシャパシャと写真を撮っていく。
「あ!ユウ!一緒に撮ろうよ!」
「え?ああ、まあ──んっ?!」
ミーシェは優に口付けをする。
パシャリ
「ばっ、馬鹿!写真撮るなよ。」
「たまにはいいじゃん。こう言うのも。」
「たく…。」
「ふふーん…写真撮るなってことは〜キスはいいのかなぁ?」
「…して欲しいのか?」
「…え?」
「ま、ここじゃ人目が着くからな…家に帰ったら沢山してやるよ。」
「ふぇ?!ちょ…その…お、お手柔らかに…。」
優位に立とうとしたミーシェだったが簡単に反撃されてしまうのだった。


「ふぅ…沢山撮ったねぇ…。」
「ふ…良かったな。」
「うん!お姉ちゃんも喜んでくれるよぉ〜。あ、ご飯にする?」
「…いや?…ミーシェにするわ。」
「へ?」
「いやさ、あの時あんなキスしといて何言ってんの?」
「えっと…ユウ?」
「ずっと我慢してたんだ。家に帰ったんだから…いいよな?」
「ちょえっと…う、うん…や、優しく…してね?」
そこで優の理性は切れるのだった。



おまけ
「へぇー、ミーシェ、結構いい写真撮るじゃない…。」
サラはミーシェの撮った写真を見ながら微笑む。
「楽しそうじゃない…。」
そうしてある1枚を見つける。
「あら!まあまあ…あの子達…ふふ、ラブラブで羨ましいわねぇ…。」
そこに映っていたのは綺麗なイルミネーションの下で激しい口付けを交わす優とミーシェの姿だった。







…あっ!あの写真消すの忘れてた!!





いやぁ久しぶりの更新。
短めですけどねw
特別編はまた出すかもです。
お待たせして本当にすいませんでした。
フォローorコメントよろしくお願いします!

「腹下したせいで1人異世界転移に遅れてしまったんですが 特別編 〜美少女転校生と始める学園生活〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

  • かつあん

    待ってました!...骨折で手術したんですね。俺も膝をやってしまって手術したんですよ。(聞いてない)まあ、災難でしたね...w

    それはそうと、ミーシェとユウは相変わらずラブラブカップルですねw
    わっはっはっはっはっはっ......
    ...........クリぼっち寂しいなぁ..........

    0
コメントを書く