話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

腹下したせいで1人異世界転移に遅れてしまったんですが 特別編 〜美少女転校生と始める学園生活〜

けん玉マスター

87話 平和な平和な冬休み 〜bathroom panic〜

「それでね!優ったら眠れないって言って私の部屋に枕持って来てね…。」
「か、可愛い…!」
ご飯も食べ終わり、ミーシェと優の義姉奏はアルバムを見ながらユウの話で盛り上がっていた。
「ちょ…勝手に見せてんじゃねえよ。」
「あ〜!ダメ!」
アルバムを取り上げようとする優に抵抗するミーシェ。
「別に見たって面白いもんじゃねーぞ?」
「ううん、ユウの子供時代可愛くっていつまででも見てられるよ!」
「そ、そうか…?」
「うん!あっ、おばさん私片付けるよ!」
「ふふ、いいのよ。ミーシェは休んでて。」
「はーい。」
「ほら、ミーシェ。ユウの小3の時のアルバムもあるわよ。」
「ほんと?見せて見せて。」
奏が広げたアルバムを覗き込むミーシェ。
「そう言えば今日は泊まってくのか?」
「いや、夜中頃帰る。こんな大勢でここで寝る訳にも行かないからな。」
「私も明日バイトだし。」
「えー!お姉ちゃん達帰っちゃうの?!」
「ミーシェ…そんな遠くにいるわけじゃないんだからすぐに会えるわよ。そうだ!連絡先交換しましょ!」
「うん!するする!おじさんとおばさんもしよ?」
「あ、ああ。」
「そうしましょう。」

…いやいや!さすがに溶け込み過ぎじゃね?!
俺たちが買い物に行ってる間に何があったんだよ!?


「じゃ、また来るわね。優ちゃん、ミーシェ。」
「ああ。」
「うん!」
「仲良くするんだぞ。」
「「分かってるって。」」
「ユウ。ちゃんとミーシェのこと守ってあげるのよ?妹に何かあったら許さないから。」
「おう。」
「またね、お姉ちゃん。」
そう言っておじさん達は優の家を後にした。



「ふふっ、楽しかったな〜…。」
「…そうだな。」
「?…どうしたの?」
「いや、俺たちが出かけてる間におばさんと何話したんだ?」
「ちょっとこれからの事を話してたの。あっ!これユウのお母さんから。」
「は?母さんは死んでるぞ?」
「いいから。受け取って。」
ミーシェはユウに銀行の通帳を渡す。
「っ?!いや!こんな大金…。おばさんか?!…返してくる。受け取れねえよ!」
「違うの。ちゃんとユウのお母さんが貯めたお金なんだって。ユウが将来苦労しなくてもいいようにって。」
「そんなの…。」
「でも…ちゃんとバイトは続けよ?それとだけど…私もアルバイト…するよ。」
「ミーシェが?」
「うん。ユウだけにやらせる訳には行かないもん。」
「…いや、ミーシェはしなくていいよ。」
「で、でも!」
「いいんだって。その代わりミーシェは身の回りの事やっててくれればいい。いつもバイト終わったあとのご飯楽しみにしてるんだぞ?」
「ユウ…。」
「この金はそうだな…もしもの時のために取っておくか。」
「うん…!」
「さーてと…風呂入って寝るか。」
「うん!任せて!」



「うう…さすがにちょっと狭いね…。」
「そ、そう…だな…」
湯船に浸かる優とミーシェ。
「「…」」
その後はしばらくの沈黙が続いた。



…どうしてこうなった?


遡ること10分前。
「ユウ、お風呂沸いたよ。」
「それならいつも通りミーシェから先入れよ。」
「いや、身の回りの事は私がやるって言ったわけだからユウが先入りなよ。」
「…もしかして自分が入った後に俺が入るの…嫌だったか?」
「そ、そんなことないよ!ユウだったら全然大丈夫!」
「なら先どうぞ。」
「いやいや、ユウが…」
「ミーシェが…」
「ユウが…」



という訳である。

…いや、どう言う訳よ?

譲り合った結果ヒートアップしていき最終的に…


「じゃあ一緒に入るか。」
ユウが冗談半分で言う。
「そうしよ!それがいい!」
「…え?」

あの時は馬鹿だった。
俺が負けて先に入ればよかったんだ。

目の前にはバスタオルで体を包んだミーシェが耳まで真っ赤にして座っている。

なんかあれだな…。

髪が濡れてるのって興奮するな。」

「な、何言って…!」
「あ…れ?もしかして声に出ててた?」
「う、うん…。」
「ははは…ジョークジョーク。…っ!」
火照ったミーシェの背中を見たからだろう。

息子が成長した。


お、落ち着け我が息子よ!
こんな密着した状態でお前がでしゃばると…!          



「!…ユ、ユウ…?き、気の所為だったら本当にごめんなさいなんだけど…背中になにか当たってる。」
「気の所為だ。」
「そ、そうだよね!ごめんなさい!」
「「…」」

「ユウ、やっぱり…「気の所為だ。」」
「「…」」
「ユウ…やっぱり…。」
「…生理現象だ。」
「そ、そうだよね…って…え?」
「だ、だって仕方ないだろ?!おれが冗談で言ったのにミーシェが本気にするから!」
「わ、私のせいなの?!ユウが先に言ったんじゃん!」
「はあ…もうあんなこと言うんじゃなかった…。」
「…ユウは…私とお風呂入るの嫌だったの?」
「…は?」
「…」
ミーシェは頬を膨らませながらそっぽを向く。
「お前…拗ねてんのか?」
「す、拗ねてないし!」
「…はあ…嫌なわけじゃねえよ。ただ…緊張するだけだ。」
「ユウ…。そ、そっか…あっ!私背中流してあげる!」
「好きにしてくれ…。」




フォローorコメントよろしくお願いします!

「腹下したせいで1人異世界転移に遅れてしまったんですが 特別編 〜美少女転校生と始める学園生活〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

  • イルネス

    ミーシェがバイトするのは心配すぎる

    1
  • かつあん

    見ててニヤニヤしてしまう...w
    ユウのいつの間にか口に出す癖は治らないもんなんですかねwそれがいい所でもあるけど w

    1
コメントを書く