話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

腹下したせいで1人異世界転移に遅れてしまったんですが 特別編 〜美少女転校生と始める学園生活〜

けん玉マスター

83話 平和な平和な冬休み 〜新年〜

「おう…あけましておめでとう、陸。」
「ああ…あけましておめでとう優。ミーシェは?」
新年。
その日の朝陸は皆で初詣に行くため、ミーシェの家に集合していた。
「今お雑煮作ってる。」
「そうか。」
「あ!陸くん!あっけおめ〜!」
「ふ…おめでとうミーシェ。相変わらずだな。」
「あ!陸くんもお雑煮食べる〜?食べるよねっ!」
「あ、ああ…貰うよ。」
「上がって上がって!寒かったでしょ〜。」
「お邪魔します。」
「そう言えば陸くんうちに上がるの初めてだよね。」
「そう言えばそうだな。」
「お姉ちゃんたちにちゃんと紹介するね!」
「ああ。」



居間にいるサラとベル、そしてミーシェの両親に向き合う。
「あけましておめでとうございます。ミーシェの友人の小宮陸です。」
「ご丁寧にドウモ。ミーシェがいつもお世話になってるわネ。」
「あけましておめでとう。」
「あけましておめでとう。保健室でたまに会うわね。由希からもたまに聞くわよ〜?改めてよろしくね?」
「おめでとう。キャンプぶりね、陸くん。」
「あ!そっか!お姉ちゃん達は会ってるんだね…。」
手早く挨拶をすませるとインターホンがなる。
「あ!菜々ちゃんたち来たかな?」



「…お邪魔します。」
「あ、あけましておめでとうございます!」
「おめでと〜う!菜々ちゃん!由希ちゃん!」
「いらっしゃい。わざわざ寒い中ミーシェに会いに来てくれてありがとね。」
「…あ、ベルせんせ。」
「おはよう。由希。」
「あれ?ベルちゃんと由希ちゃんやっぱ仲良い感じ?」
「…保健室で良くお話してるの。」
「陸くんの事とかね〜?」
「…ちょ!ベルせんせ!」
「ごめんごめん。」
「高木くんと仲町くんは来ないんだっけ?」
「ああ、あの二人は今凛の婆ちゃん行ってるってよ。」
「じゃあ後は美琴ちゃんだけだね。」
そういった時にインターホンがなる。
「あ、来たかな…。」


「お、遅れてすいません。」
「あら?見ない子ね。」
「あ、その…私は花園美琴と言います。その…あけましておめでとうございます。」
「おめでとう。私はミーシェの姉の山田サラ…。よろしくね?」
「や、山田サラってあの…画家の?」
「あら?知っててくれてるの〜!」
「は、はい!よく展覧会行きます!」
「そう!ありがとね?」
「い、いえ!本当に素晴らしいので…。」
「そんな褒めてくれるなんて嬉しいわ。」
「私は知ってるかもだけど山田ベル。」
「あ…山田先生…。」
「ふふ、あけましておめでとう。」
「おめでとうございます。」
「さ!みんな揃ったわネ!オゾーニ食べまショ!」




「さ、着付けするから男子はちょっとまっててね〜?」
お雑煮も食べ終わり、くつろいでいるとサラが陸と優に告げる。
「はい。」
「よし陸、将棋でもやるか?」
「言っておくが僕は強いぞ?」
「望むところだ。」


「やば…4局目でもう詰んだ…。」
優が将棋盤を張り付くように見ながら呟いた。
「言ったろ?僕は強いって。」
「いや、こんな強いのは聞いてないって。」
「ほお…中々やるね…陸くん。」
「あ…お父さん…。」
「どれ、俺とやらないか?」
「いいですよ。やりましょう。」


「っ…7局目で詰んだ…。」
ミーシェの父は将棋盤を凝視して呟いた。
「王手です。」
「くっ…けっこう自信があったんだがな…。」
「マジか…陸強すぎだろ…!」
「リベンジがしたい。連絡先を教えてくれないか?」
「あ、はい。」
「ちょ…お父さん?火ついちゃいました?」
「絶対に勝つさ…。そのためにもっと修行をしないとな。」
「いつでも待ってますよ。」
それと同時にリビングが開いた。
「お待たせ〜!終わったわよ。みんな美人だからつい張り切っちゃった。」


「ど、どうかな?」
「っ…」
まず花園と江ノ島が恥ずかしがりながらも出てくる。
「おお…ええやん。」
「ああ、よく似合ってるよ。」
「ありがと。」
「あ、ありがとうございます。」
「ほら!2人とも彼氏にちゃんと見せてやりなさいよ!」
「ちょ…待って!」
「…は、恥ずかしい…。」
「今更何言ってんのよ!…あ〜!もうっ!行ってきなさいっ!」
「ちょ!ベルちゃん!」
「…ベル先生!」
ベルに押され、恥ずかしがっていた由希とミーシェが出てくる。
「ユ、ユウ…ど、どう?」
「うん、天使。」
「え?」
いやマジでサラさんありがとう!
黒にしたのマジで神だと思う。
「よく似合ってて…綺麗だよ、ミーシェ。」
「っ…あ、ありがとう…。」
顔を赤くして俯くミーシェ。
可愛いなコノヤロウ。
「ほら、陸くんも褒めちぎってやりなさいよ!」
「え、えっと…よく似合ってるよ…由希。」
「…あ、ありがと…。」
「初々しいったらありゃしないわね!全く!」
その様子を見て呟くベル。
「あはは…ほら、初詣いってらっしゃい。」
「ありがとうございます!」


いつものメンバーは今年も仲良く初詣に行くのだった。




フォローorコメントよろしくお願いします!

「腹下したせいで1人異世界転移に遅れてしまったんですが 特別編 〜美少女転校生と始める学園生活〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

  • イルネス

    ミーシェの着物姿見てみてたい…

    1
コメントを書く