話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

腹下したせいで1人異世界転移に遅れてしまったんですが 特別編 〜美少女転校生と始める学園生活〜

けん玉マスター

78話 平和な平和な?冬休み 〜光臨〜

お久しぶりです。
どうぞ。




某空港
「何年ぶりかしらネ…日本に来るのは。」
一人の女性が呟く。
その美貌に道行く男性が振り返った。
「おい…目立ってるだろ…。」
「アラ?なら早く行きましょうか…。」
「ああ。」
「フフ…あの子達元気にしているかしら?」
「サラもいる。ベルはどこか抜けているが…あの二人がいるならミーシェも大丈夫だろう。」
「そうネ…フフフ…楽しみだわ。」

ミーシェの両親…来日…!!





「ユ〜ウ〜、朝だよぉー!」
スキー旅行の翌日。
ミーシェの声がアパートに響いた。
「う〜ん…せっかくの年末年始…あと少しゆっくりさせてくれよ…。」
「だーめっ。朝ごはん食べなさいっ。」
「ふあーぁ…。」
優はモゾモゾと布団から起き上がる。
「はいよ…今行くよ…。」
「うん。」



「いただきます。」
「どーぞどーぞ。」
優は味噌汁をひと口すする。
「ん?おお…これあら汁か…。通りでいい匂いがしたわけだ。」
「えへへ、鯛が安くなってたから…。煮付け作った時のあらで作ったの。」
「お前…魚捌けんのか?」
「え?ああ…うん。独学だけどね。」
「すげぇな…。」
「どお?美味しい?」
「ああ…美味いよ。この煮付けも最高だ。」
「えへへ…冬休みだから頑張ってみました。」
「ありがとな。」
そう言ってミーシェの頭を撫でる。
「んふ…。」

こうして平和な冬休みの一日が幕を開ける…



…はずだった。



ピンポーン…

インターホンが鳴った。

「お客さん?」
「こんな朝早くから誰だ?」
ピンポーン…
もう一度インターホンが鳴る。
「はいはい、今行きますよ…。」
ガチャ…
「はい?」
「どうも。」
そこには2人組の夫婦と思しき2人が立っていた。
「…えっと…どなたでしょう?」
「サラにミーシェはここにいるって聞いたのダケド?」
「ミーシェ…え?」
どこかカタコトの日本語で話すこの女性はミーシェに似ていた。
「…ママ?」
「…え?」
後ろからミーシェがやってくる。
「ママ!!」
「…ミーシェ!」
ミーシェはその女性に飛びついた。
「久しぶりネ…!ミーシェ。」
「久しぶり〜!今日の朝一できたの?」
「そうよ。早く会いたかったモノ…。」
「パパも久しぶり!」
「久しぶりだな…ミーシェ。元気にしてたか?」
「うんっ!!」
「えっと〜…ミーシェのお母様?お父様?」
「「君に(母親)(父親)と呼ばれる覚えはない(わ)。」」
「あっ…はい…す、すいません。」
「さて…色々話があるのだケド…入れてもらってもいいかしら?」
「ど、どうぞ…。」



「そ、粗茶ですが…。」
「ありがとう。」
「えっと…話というのは…?」
「まずは自己紹介カラ…私は山田セイラ。ミーシェの母親よ。」
「山田流星りゅうせい。ミーシェの父だ。」
「お、俺は…「藤山優…」」
「え?」
「サラから聞いたワ。」
「そ、そうですか…。」
そこで2人はミーシェに向き直る。
「ミーシェ…あなた何考えてるノ!」
突然怒られミーシェはビクッと背中を弾ませた。
「え?どしたの?」
「男の…何処の馬の骨とも分からん奴と一緒にひとつ屋根の下で暮らすなんて…いくらなんでも危険だろう?」
「何処の馬の骨って…ユウは私の彼氏だよ?」
「「…」」
その瞬間2人の時間が止まる。
「あ、あの〜…」
優が恐る恐る話しかける。
「貴様…ミーシェに何をした?」
「…へ?き、貴様?」
母親であるセイラはありえないといった表情で俯く。
「ミーシェに男など…俺は断じて認めん!!」
「ちょ…パパ!」
「帰るぞ…ミーシェ。サラたちのところに戻るんだ。」
「え?やだよ?」
「…はぁ?!」
「だって私ユウと一緒に暮らしたいもん。」
「そ、そんなこと…。貴様っ!」
父は優の方をキッと睨みつける。
「え?いや…あの…落ち着いて…」
「貴様…俺のミーシェをよくも…」
「ちょ…ちょちょちょ…!パパ!タンマ!」
ガタッ!
その瞬間母が立ち上がる。
「私は認めません。ミーシェ、帰ってらっしゃい。」
真剣な表情でカタコトでは無い日本語でミーシェに言う。
「やだ。」
「ミーシェ!」



「だ、だって私!!…ユウとじゃないと眠れない体になっちゃったんだもん!!」



「「「…」」」
刹那、時が止まる。
例えるならそうピカソの名画「ゲルニカ」実写版だろう。
ミーシェのお父様の顔が物凄いことになってる。
お母様なんて白目ひんむいちゃってるよ。
そう…CHAOSカオス
「き〜さ〜ま〜!!」
「ミ、ミーシェさん?!何言ってくれちゃってんの?!」
「とにかくっ!私はユウと一緒に暮らすからっ!!これからもよろしくお願いしますっ!」
ミーシェは優に向き直り頭を下げる。
「あ、こ、こちらこそ?」
優も頭を下げる。
「何を勝手に話を…」
「むぅ…ならこれで…えいっ!」
「んぐっ?!」
ミーシェは優に深〜いディープキスをする。
これが断末魔だろうか?
まるで猿が車に轢かれたような叫び声を上げて2人は気を失った。

「お前…どうしてくれんのよ…?」
「ふふふ…勝利っ!!」





…勝利じゃねえよバカヤローーーーーーーウ!!!




フォローorコメントよろしくお願いします!

「腹下したせいで1人異世界転移に遅れてしまったんですが 特別編 〜美少女転校生と始める学園生活〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

  • すばるきゅ~ん

    修羅場?

    1
  • HARO

    平和ですね~

    2
  • かつあん

    ミーシェの両親がwwwwみんなで話しているところ想像したら笑えてきたwwwww

    1
  • イルネス

    可愛いなぁ〜もぅ〜

    1
コメントを書く