話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

腹下したせいで1人異世界転移に遅れてしまったんですが 特別編 〜美少女転校生と始める学園生活〜

けん玉マスター

66話 冬休みがやってくる


──笑い合ってさよなら♪

「さっすがミーシェ!上手いね〜!」
江ノ島はマラカスを振る。
「…100点行くんじゃない?」
「えへへー…そんな褒められると照れるなぁ…。」
「あ、点数出ました。98点ですよ!」
「う〜ん…98か〜…まあまあかなぁ…。」
「…98でまあまあって…。」
「よーしっ!どんどん歌うよ〜!ユウ!陸くん!一緒に歌おうよ!」
「あ、ああ。」
「僕はいい。二人でやってくれ。」
「まあまあ、そう言わずにさ。」
「…私、陸の歌聞いてみたいな。」
「わ、分かった…。」
「ヒュー!そう来なくっちゃ!」
優はいつメンのみんなと一緒に期末テストの打ち上げとしてカラオケに来ていた。
「…へぇ…陸って結構歌上手いんだね。」
「ま、まあ君たちと親しくなる前はミーシェと優にカラオケに散々付き合わされたからな…。やっていくうちに上手くなった。」
「…へぇ…。」
「どうした?」
「…い、いや…別に…」
「あ、分かった〜!由希ちゃん陸くんとデュエットしたいんでしょ〜?」
「…べっ、別にそんなこと…!」
「…やりたいのか?」
「…そ、それは…」
「あはは、照れてる由希ちゃん可愛い〜!」
「…ちょ、菜々!何言って…」
「…はぁ…」
陸は手を差し出す。
「一緒に…歌わないか?」
「…り、陸がそこまで言うなら…歌ってあげないことも…ない…。」
「「「「…ツンデレ…」」」」
「…う、うるさいっ!」


「いや〜歌ったね〜。」
「…そうだね…。」
「ふふ、由希ちゃん、陸くんとのデュエット楽しかった?」
「…ま、まあ…。」
「あ、俺録画してるぞ。」
「「(…)え?」」
優はスマホから2人の歌声を再生する。
「…ちょ、藤山くん!いつの間に撮って…」
「それ僕に送ってくれ。」
「…ちょっと陸!」
「おけおけ、グルに貼っとくわ。」
「…や、やめてよ!」
「冗談だって。陸だけにやるよ。」
「…もう…」
「ふふふ、由希ちゃん可愛い〜。」
そう言って松山の頭を撫でるミーシェと江ノ島。
「…うう〜…」
「わ、悪かったって。そんな唸るな。」
「…たく、じゃあ昼ごはん奢りね。」
「は?」
「え!いいの?!優くん!」
「ちょ、待てって…」
「わぁい!ありがとう!ユウ!」
「ごちそうさまです。」
「僕は和食がいいな。」
「…私パンケーキ。」
「サイゼ行こうよ!」
「私は別にどこでも…」
「じゃあとりあえず駅前のモール行こ〜!」
「は?ちょ、マジで待てって〜!」


「はぁ…」
駅前のサイゼでため息をつく優。
「…どうしたの?藤山くん。」
「元凶が何言ってやがる元凶が。」
「…ごちそうさま〜。」
そう言ってパスタを食べる松山。
「はぁ…陸、お前の彼女だろ?なんとか言ってくれよ。」
「そうだな…由希、そのパスタ一口くれ。」
「…あ、うん。はいあーん。」
「そういう事じゃねえよ。イチャつくなバカップル。」
「優くんがそれ言っちゃう?」
「それよりさ、この後どうする〜?」
「…ゲーセン?」
「お、優、ホッケー決着つけないか?」
「おいおい何言ってんだ。俺の勝ちだったろ?」
「君こそ何言ってるんだ。決着はまだついていないだろう?」
「…おもしれぇ。」
優は財布から5000円札を出してテーブルに置く。
「払っといてくれ。釣りはミーシェに渡しといてくれればいい。行くぞ、陸。」
「ああ。」
優と陸はゲームコーナーに向かって行った。



「それで?何か言うことは?」
優の前で正座をするミーシェ。
「あ、はははは…」
「何笑ってんだよ?」
「だって…ねえ?」
「なんだ?」
「だ、だってユウが5000円も置いてくから…!」
優と陸のホッケー対決は結局引き分けで終わり、戻ってくるとミーシェが暴食を繰り広げていた。
「みんなの分払ってもまだ2000円くらい余ってたから…つい…」
「お前なぁ…」
「て、てへぺろっ!」
「…か、可愛いから許す。」
「わぁい!ユウ!デザートも頼んでいい?!」
「…一つだけだぞ。」
「わぁい!」
「ははは…優くん相変わらずミーシェに甘いよね〜。」
「そ、そうですね…。」


「そう言えばさ、スキー行くけどみんなってスキーウェア持ってる?」
江ノ島が皆に聞いた。
「俺はあるぞ。」
「僕も問題ない。」
「…私はこれから買おうかなって。」
「私も無いな〜。」
「私もまだ買ってないです。」
「じゃあさ、今度女子会兼ねてみんなで買いに行かない?」
「あ、いいね!」
「女子会ですか…。いいですね。」
「…いつにする?」
キャッキャと話し出す女子達。
「なんか既に女子会始まってるような…」
「優、僕達はその日映画でも見に行かないか?君の紹介で見たアニメ映画やるんだろう?」
「おお、全部見たのか?」
「まあね。」
「分かった。」
「いや〜、冬休み楽しみだなぁ…。」
「そうだね〜…皆は大晦日どっか行くの?」
「僕の家は親戚がが家に集まるから僕からは行かないな。」
「あ、そう言えばミーシェ。大晦日はおじさんとおばさんうち来るからな。」
「ま、まじ?」
「ああ、お前は顔出すだけでもいいしなんなら姉さん達のとこ帰ってもいいぞ。」
「挨拶はするよ。」
「…私は別に家でのんびりかな。」
「私も。」
「私は親戚の家が近いので。」
「じゃあさ、お正月はみんなで初詣行こうよ!」
「さんせー!」
「そうだな…。」
「あ、お姉ちゃんに着物着付けてもらおうかな〜。」
「…へぇ…いいなぁ…着物。」
「あ!お姉ちゃんに頼んどこっか?」
「いいんですか?」
「うん!多分大丈夫。」
「着物かぁ…楽しみだなぁ…。」

吐く息も白くなり始めた。
冬休みがやってくる。



ギリギリ間に合わなかった!
アイムソーリー。
フォローorコメントよろしくお願いします!

「腹下したせいで1人異世界転移に遅れてしまったんですが 特別編 〜美少女転校生と始める学園生活〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

  • かつあん

    なに!間に合わなかっただと!?可愛いから許しちゃう❤(すみません)

    スキーはまたユウが凄い事しちゃうんだろうなー

    2
  • イルネス

    ミーシェの着物姿見てみたい

    2
コメントを書く