話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

腹下したせいで1人異世界転移に遅れてしまったんですが 特別編 〜美少女転校生と始める学園生活〜

けん玉マスター

62話 幸

12月3日。

え?この日がどうかしたかって?
そりゃあもう分かってるだろ〜w
え?マ〇タ会談?ゴル〇チョフ?
知るか!
からかってんなら教えてやる!この日は何を隠そう俺の彼女、ミーシェの誕生日なのだ!
いや〜…待ちに待ったね。同棲してまだ1週間も経っていないが…そんな感じで迎えるミーシェの誕生日。ミーシェは自室にいるが俺が1番におめでとうと言えるだろう。



…と思っていたのだが…



「…クシッ!」
可愛らしいくしゃみが部屋に響く。
「38度5分…完全に風邪だな…。」
「ふえーん!今日誕生日なのにぃ〜!」
「仕方ねえだろ?風邪なんだから…。」
「でもぉ〜!」
「いいから寝てろ。学校には俺から連絡しとくから。」
「う〜ん…」
「いやぁ…馬鹿でも風邪ひくんだな…」
「ユウ、聞こえてるよ。」
「じょ、冗談だ。お粥作ってくるから待ってろ。」
「え?ユウ…料理できるの?」
「文明の力舐めんな?温めるだけで出来るんだぞ?」
「あ、そう…」



私はミーシェ。
今日12月3日は私の誕生日…なのにぃ…
「うぅ…頭がガンガンする…」
しばらく寝て目を覚ますミーシェ。
さすがに1人にはしておけないらしく優も一緒に学校を休んでる。
リビングから話し声が聞こえた。

──江ノ島…悪いな。せっかく色々準備してくれたのにこんなことになっちまって。
…そう言ってくれると助かるよ。
…分かった。ミーシェに伝えとくよ。

そっ…か…。
私の誕生日…みんな色々準備してくれてたんだ…。
「っ…」
「ん?おお…起きたか…ミーシェ。ってどうした?」
ミーシェは涙を流し泣いていた。
「だって…さっきの電話…菜々ちゃん達…色々準備してくれてたんでしょ?それなのに…私…私ぃ…」
「馬鹿…誰も責めてねえよ。それどころか心配してる。お前の今やるべき事はゆっくり休んで風邪を治すことだ。」
「でもぉ〜!やっぱり私学校行く〜!」
「馬鹿言うな。ぶっ倒れるぞ?それにうつったらどうすんだよ。」
「うぅ…」
「ほら。」
「ひゃっ!」
優はミーシェの頭に濡れタオルを置く。
「お前は寝てろ。」
「うう…ユウ…ごめん…ね?夜…祝ってくれる約束だったのに…私…」
「…そう言えば言ってなかったな…。」
「ユウ…?」
「誕生日おめでとう。ミーシェ。」
そう言ってミーシェの額にキスする優。
「祝って喜んでもらうよりも俺はお前が早く風邪を直してくれることの方が嬉しい。だから気にすんな。今はゆっくり休め。お祝いなんて別に今日じゃなくてもできる。だろ?」
「うん。」
「ここにタオル置いとくから。汗かいたら拭けよ?」
「うん…。」
優は部屋をあとにした。



2時間後。
優は陸にとってもらっていたノートの写真を写していた手を止める。
「ミーシェの奴…大丈夫かな…」
優はミーシェの部屋に向かう。

「ミーシェ?入るぞ〜。って…あ…」
「あ…」
そこには上半身裸で体を拭くミーシェ。
「あ〜…ごめん!失礼しました!」
「ま、待って!」
「へ…?」
「せ、背中…拭いて?」
「え?」
「届かなくて…いいでしょ?」
「あ、ああ。」
そう言ってタオルを受け取る優。
「じゃあ…失礼して…。」
背中にタオルを当てる。
「優しくね?」
「あ、ああ。」
な、何を緊張してやがる…。ミーシェの背中は見たことあるし今更こんなことで…。
熱のため火照った背中。
ホクロの一つ一つが優の視線を釘付けにする。
「あの…早くして頂けると…」
「あ、わ、悪い。」
ゆっくりとタオルで汗を拭う。
「こんなに白かったんだな…。」
「え?」
「い、いや!別に…。」
「?」
「そら、終わったぞ。」
「あ、ありがと〜。」
そう言ってパジャマを着直すミーシェ。
「気分はどうだ?」
「まだちょっとキツイかな…。」
「そうか…。食欲は?」
「ある。」
「何食べたい?」
「ハンバーグと〜…ステーキ!」
「はいはい。りんごでも切ってくるな。」
「えぇ〜…なんでよぉ〜…。」
「いいから横になってなさい。そう言えばサラさんとベルさんから手紙きてたから。置いとくぞ。」
「え!見せて見せて!」
「ああ…ほい。」

ミーシェが楽しそうに封筒を開けるとそこには立派なバースデーカードが入っていた。
「わぁ〜…!」
「ふ…。ちゃんと休んどけよ?」
「うんっ!ふふふ…嬉しいなぁ〜…」



…あ…?ミー…寝ち……てる?

(何?誰か…いるの?)
うっすらとした意識で聞く。

…悪いな…さっきまで起きてたんだけどな。

「ううん。起きたらお大事にって言っといて。後これ。ミーシェに渡しといてくれると嬉しいな。」
「ああ。分かった。」
「菜々…ちゃん…?」
「あ…ミーシェ。起こしちゃった?」
「ううん…大丈夫…。」
部屋には江ノ島を含めたいつメンが集まっていた。
「悪いな…押しかけて。」
陸が謝る。
「ううん…お見舞い来てくれたんでしょ?ありがと…。」
「…大丈夫?」
「ありがとう。由希ちゃん。大分落ち着いたよ。」
「そうですか…良かったです。」
「あ、ミーシェ。誕生日おめでとう。」
「えへへ…ありがと。ごめんね?色々準備してくれたんでしょ?こんな形になっちゃって…」
「気にしないで。」
「はい。それよりも早く治してください。」
花園も答える。
「治ったら覚悟しててよね〜?目いっぱい祝ってやるんだから。」
「そうだ。君はとっとと風邪を治せ。」
「みんな…」
涙が浮かぶ。
「…ちょっとミーシェ…大袈裟過ぎ…」
そう言って目元の涙を拭ってくれる松山。
「ご、ごめん…でも嬉しくて…つい…」


ああ…やっぱり私…




…幸せだなぁ…。




久々のの投稿です。
お待たせしてすいませんでした。


フォローorコメントよろしくお願いします!

「腹下したせいで1人異世界転移に遅れてしまったんですが 特別編 〜美少女転校生と始める学園生活〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

  • かつあん

    ミーシェ誕生日おめでとう(*´ω`*ノノ☆パチパチ(なお現在は3月)

    2
コメントを書く