話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

腹下したせいで1人異世界転移に遅れてしまったんですが 特別編 〜美少女転校生と始める学園生活〜

けん玉マスター

31話 気持ち

「で?こんな時間に来てなんの用だよ?」
「ああ…実はな…。」
「優ちゃん。単刀直入に言うわね…。」
「優、お前…



…俺たちの家で暮らす気はない…」
「ない。」
「バイト漬けの暮らしは苦し…え?」
「俺は今の暮らしで満足してるよ。家賃が払えないってなら俺は自分で稼いで払う。今まで払ってきてくれた分も全部返す。」
「優ちゃん…。」
「お、おい待てよ優。俺は別にそこまで…」
「おじさん…おばさん…。わがままになるかもしれないけど俺はこの町から離れる気は無いよ。学校では友達も出来た。バイト先でも良くしてもらってるし…。」
「優…。」
「そ、それに…彼女も出来たし…。」
「ユウ…。」
「…そう…。」
「そうか…。分かった。これまで通り家賃も払う。それに返すのは大人になってからでいいさ。」
「おじさん…。」
「ちょっとした提案だったんだ。家を大掃除したらいくつか部屋が余ってな。余裕もできてきたからそれでどうだってことで聞いたんだが…。そういうことならこの話は無かったことにしてくれ。」
「ありがとう。」
「ミーシェちゃん…。」
おばさんがミーシェに話しかける。
「は、はい!」
「優ちゃんのこと…よろしくね?」
「はい…!」
「おばさん…。」
「ああそれと…。」
おじさんが続けた。
「修学旅行の旅費は払っておいたからな。お土産よろしく頼む。」
「あ、ああ。ありがとう。」
「さて、お前の顔も見れたし、俺達は帰るとするかな〜。」
「は?もう帰んの?」
「ええ、邪魔したくないしね。」
そう言っておばさんはミーシェの方にウインクをする。
「そ、それは…その…。」
ミーシェは顔を赤くしてモジモジする。
「じゃ、またな。優。」
「ああ。ありがとう。またいつでも来てくれ。」
2人は優の部屋をあとにして出ていった。


「…」
「悪いな、いつもあんなテンションなんだ。」
「ううん、楽しそうな人達だね。」
「ああ…本当にな…。」
「ふあーあ…眠くなっちゃった。」
「そうだな…寝るか…。」
「ユウ、寒いでしょ?一緒にベッド…入ろ?」
「そ、それは…」
「ね?お願い?」
ミーシェは上目遣いで優を誘う。
「っ…分かったよ…。」
「ふふ…おやすみ〜。」
「ああ…前から思ってたけどお前の上目遣い卑怯だよな…。」
「ん?なんか言った?」
「なんでもないよ…おやすみ。」
優はミーシェの頭にぽんと手を置き横になった。
「うん!」
「おいバカ…くっつくな。」
「暖かいでしょ?」
「それは…まあ…。」
「ふふふ…ユウに抱きつくと安心するな〜。」
「俺は寝れるのか?明日バイトなんだけど。」
「寝ればいいじゃん。私も寝るから。おやすみ。」
「寝れればいいけどな…。」
(胸の感触…やばい…。死ぬ…。)


「…ユウ…。」
しばらく経ってミーシェは優に話しかける。
「さっきの続き…しないの?」
「…」
「ユウ?」
「くー…くー…」
「寝てるし…。」
そう言って優の目元にかかった髪をはらう。
「ん…うーん…」
「わっ…」
優はゴロンと転がりミーシェに抱きつく。
「っ〜!ユ、ユウ?」
「むにゃむにゃ…んん…。」
「え?嘘…どうしよう…。ね、寝れない…!」



翌日
「…ミーシェ?大丈夫か?」
「ふあー…え?」
「眠れなかったのか?」
「ま、まあね…。」
「ちゃんと寝ないとダメだぞ?」
「…」
「ん?どうした?」
「誰のせいだと思ってるの?」
「は?」
「なんもない。ご飯美味しい?」
「あ、ああ。流石ミーシェ。美味いよ。」
「良かった。」
「もうあれだな。毎朝みそ汁作って欲しいくらいだ。…あ。」
「え?それってどう言う…」
「あ!俺バイトだった!準備しないと!」
「え?ちょ!ユウ?」
優はご飯をかきこみ誤魔化す。
「じゃ!俺行くから!帰る時は鍵閉めてってくれよ〜!」
「え?ちょっと…ユウ〜!」



…もうっ!




短めです。
ごめんなさい。

「腹下したせいで1人異世界転移に遅れてしまったんですが 特別編 〜美少女転校生と始める学園生活〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

  • かつあん

    おじさんおばさんいい人だなぁ〜。早く同棲しろよー!w
    こういうイチャイチャ回もいいけど、バトル回も好きですなー

    3
  • ペンギン

    もう同棲しちゃえよw毎日みそ汁作ってもらったらいいじゃん!w

    3
コメントを書く