話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

腹下したせいで1人異世界転移に遅れてしまったんですが 特別編 〜美少女転校生と始める学園生活〜

けん玉マスター

30話 叔父叔母、降臨…!

「ふむふむ…腕の筋肉もなかなかあるなぁ…。」
さわさわ…
「腹筋は相変わらず凄いし…」
モゾモゾ…
(えっと…この状況はどうすればいいのかな?)

状況整理。
突如優の布団に潜ってきたミーシェは優が寝ているのをいいことに優の体のチェックを始めたのだ。
既に優は上裸である。

「わわっ…すごい胸板…。」
つん…
「っ…」
「やば…起きちゃう…。」
※起きてます
「起きてたらほんとやばいよね〜。こんなことしてるの見られたら引かれちゃう。」
※起きてます
(ごめんよ…ミーシェ…起きてるんだ…。てかさみい…。)
「後は…」
ミーシェは優の下半身に目をやる。
「さすがに下半身は…う〜ん…。」
(頼むから!寝てくれ!今俺の俺を見られたら…!)
「いっか。見ちゃお。」
「!」
(…はああああ?!見ちゃお。じゃねえんだよ!何言ってんだこいつ!)
「それでは失礼して…」
(っ〜!…ダメだ…このままじゃ…!)
「…っ…ダメだ!」
「ひゃっ!」
優は飛び起きる。
「ユ、ユウ?!」
「…悪い…これ以上は…な?」
「お、起きてたの?!」
「それは…その…」
(やばい…さすがに怒るよな…。)
「もう…言ってよぉ…。」
ミーシェは顔を真っ赤にする。
「っ!」
(なんだよその反応!狸寝入りしてたの怒ってくれた方がまだ…)
「…引いたよね…。」
「え?」
「だ、だからその…私こんなことして…その…ドン引きしたよね…。」
「そ、そんなこと…!」
「え…?」
「いやっ!その…別にミーシェなら…その…」
「…ユウ…ふふっ…良かったぁ〜嫌われたらどうしようかと思ったよ〜。」
「ミーシェ…。」
「そうだよね。私もユウになら…」
「!」
ミーシェは優の耳元で囁く。
「…何されてもいいし…。」
「っ…!」
「なーんて。冗談は置いといて寝よ?いくら連休だからってユウは明日バイトが…んっ…!」
そんなミーシェの唇を優はキスで塞いだ。
「んっ…んっ〜!…ぷはっ!…ユ、ユウ?!」
「…」
優はそのまま黙ってミーシェを押し倒す。
「え?ちょ…冗談だって…ユウ…?」
「…言っとくが…先に誘ったのはお前だからな…?」
「そう…だけど…。…ユウ…。」
「!」
ミーシェは静かに目を閉じた。


(これは…あれか…。いつでもどうぞってことか?…いやいやいやいやいやいやいやいや!待て待て待て!ここでがっついちゃダメだ。落ち着いて…冷静に…)
「ユウ…


…まだ…?」
息を少し荒くしたミーシェ。
ジャージのチャックが少し下がり豊満な胸の谷間がちらっと見える。
「っ…!」
ここで優の理性が切れた。
「ミーシェ…。」
優はミーシェにさらに唇を近づける。
そして深く交わろうとしていた。


…ピンポーン


「「!」」
インターホンが鳴った。
「っ…!」
優はミーシェの上から離れる。
「ちょ、ちょっと出てくる。」
「う、うん…!」


(こんな時間に来客かよ?!せっかくいい所だったのに…)
「…はい、どちら様…」
「優ちゃん!久しぶり!」
「おう優!元気にしてたか?!」
「な!?ちょ!なんで…」
そこに居たのは30代後半位の男女2人組だった。
「ほらほらー、早く入れて〜。」
「あ、あんたら…こんな時間に何やってんだー!!」
「おうおう、実のおじにあんたとは…言うようになったな〜。」
「そういう問題じゃねえだろ?!何時だと思ってんだ?!」
時刻は深夜の1時である。
「いや〜、暇になったから…」
「ねえ?」
「「来ちゃった!」」
「…はあ〜…。」
「ユウ〜?大丈夫〜?」
「あ…やば…」
ここでミーシェとおじおば初対面である。
最悪のタイミングで、最悪の場所…すなわち夜遅くに優の家に居る女の子…。それを目撃されてしまったのだ。
おじおばに。


「…」
「…」
「…」
「…」
固まる現場。
「…えっと〜…ユウ?」
「ふぅ…」
優はゆっくりと息を吐く。そして…
パタン…
ドアを閉じた。

「ちょ!優ちゃん?!今の子誰?!」
「おい!優!開けろ!!」

「あー!めんどくせぇ!!」
「えっと〜…え?」
1人状況が読めないミーシェ。
「あの二人は…?」
「俺の…おじさん、おばさんだ。」
「そ、そうなんだ…あ!私…家にいてよかったの?」
「…ちょっと話つけてくる。」


数分後。リビング。

「そうかそうか!優の彼女か!ほぉ〜…偉い美人捕まえたな〜お前。このこのぉ!」
「うるせぇ…。」
「優ちゃんに…彼女が…!」
おばさんは泣いている。
「え、えっと…山田ミーシェって言います。その…よろしくお願いします。」
「ミーシェちゃんね!よろしく!」
おばさんは元気に返す。
「…それで?夜遅くに二人きりで同じ部屋なんて…まさかお前ら…!」
「!、そ、そんなんじゃねえよ!」
「誤魔化すなって!いずれ通る門だろ?!」
「あんたらのせいで出来なかったんだよ!!…あ…」
「ちょ…ユウ?!」
「あらまぁ〜!あなた、私達はお邪魔だったみたいよ?」
「そうだな〜。…帰るか。」
「は?せっかく来たんだから別に…」
「でもなぁ?邪魔する訳にも行かないしなぁ?」
「ねえ?」
「っ〜!…もうそんな事やる雰囲気じゃねえっての!…ゆっきりしてけよ。」
「悪いわね〜。」
「悪いな…。」
「…たく…。で?なんで来たんだ?」
「ああ、




…それはな…」




すいません!特別編しか出せません!

フォローorコメントよろしくお願いします!

「腹下したせいで1人異世界転移に遅れてしまったんですが 特別編 〜美少女転校生と始める学園生活〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

  • かつあん

    あ〜これはよくある「いいところで邪魔が入る」やつですね〜w

    2
  • ペンギン

    ありがとうございます!w
    あと少しで更に進展してたのになぁ...w惜しい!w

    1
コメントを書く