話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

腹下したせいで1人異世界転移に遅れてしまったんですが 特別編 〜美少女転校生と始める学園生活〜

けん玉マスター

11話 中の仕事

「みんな〜、焼きそばとジュース買ってきたよ〜!」
「あ!みんなの分まで…ありがとう!ミーシェ!」
「えへへー。」
「…重い…なんで全部俺が持ってるんだよ…。」
「だってそうしないと私食べ歩き出来ないでしょ?」
焼きそばとジュースを持った優とミーシェが教室に戻ってきた。
「…一度中断してお昼にしましょう。」
「そうだね!」


「ふふふーん…美味しいなぁ…。」
「ふふ…なんかミーシェご機嫌だね。」
「な、菜々ちゃん…そ、そうかな?」
「…さっきから鼻歌歌ってる。」
「由希ちゃん…ちょ、ちょっとね…。」
「いい事あったんだ〜。」
「う、うん…実は…」
「…実は?」
「ユウと後夜祭一緒に行くことになったの…!」
「へぇ〜!優くんと?」
「うん…!」
「良かったじゃない!誘ったの?」
「ううん…誘われて。」
「…ふーん…あの藤山くんがねぇ…。」
松山は優の方を眺める。
「な、なんだよ…?」
「…別に?何も無いけど?」
「そ、そうか…?」


「後夜祭…ミーシェと一緒に行くのか?」
「陸…ま、まあな。」
「ようやく勇気出したな…。」
「ま、まあ…。という訳ですまん!後夜祭は一緒に回れない…。」
「いいさ、僕は後夜祭ライブでも見てる。」
「悪いな…。」
「頑張れよ?…とは言っても最終日だけどね。」
「ああ…ありがとう。」


その後は客足も増え、忙しく仕事をしていた。
「ぷっ…あははははっ!江ノ島…お前貞子似合いすぎ!」
「そ、そんなに笑わなくても…!」
「さすが中学時代前髪伸ばしてただけあるな〜…!」
「う、うるさいわね…!」
「優、僕はこれでいいのか?」
そこにはドラキュラの落ち武者の格好をした陸がいた。
「…陸…うーん…普通だな…。」
「そうか?」
「…はあ…。」
松山がため息をつく。
「松山?」
「…だから…小宮くんはメガネを取りなさい!」
「あ、お、おい!」
ドキッ!
クラス中の女子が陸の方を見る。
「…や、やっぱり小宮くん…コンタクトにすれば?」
「?…なんでだ?」
「…いや…だって…」
「ねえ?」
「うん…。」
いつの間にか陸の周りにはクラスのほとんどの女子が集まっていた。
「?」
「ちっ…小宮ばっかずりぃな…。」
「ま、まあ陸はメガネを取った時の自分の顔は見えないから…気づかないんだろ…。」
「俺のシフトはなんだ?」
「ユウはまた受付です!よろしくね?」
「あ、お前もか。」
「うん!なんか知らないけど魔女のコスプレして立ってればお客さん来るってさ。」
「…やっぱり中入ろうぜ?」
「え?」
「江ノ島辺りと変わってもらおう。うん、それがいい。」
「な、なんでよ〜!」
「いいから…な?」
「むー…なんでか言わなきゃヤダ!」
「そ、それはだな…見られたくないって言うか…その…また…絡まれるかもしれないだろ?」
「…え?」
「とにかくだ!まだ俺達は中入ってないだろ?黒子でもなんでもいいからやろうぜ?」
「わ、分かった…。」
最終的に優は墓を倒す係に、ミーシェは江ノ島と変わり貞子をやることになった…のだが…。

「きゃあぁー!」
「ぎゃぁああ!」
2回目の悲鳴はミーシェのである。
「…なんで驚かせる側のお前が悲鳴上げてんだよ…。」
「だ、だって…急に叫ぶから…怖い…!」
「お前…お化け役向いてねえな。」
「だ、だってぇ…。そ、そんなこと言うならユウが貞子やってよ!」
「俺?だって俺…男だぞ?」
「いいから!ほらカツラ被って!」
「あ、おい!」
「よろしくね〜。」
「…マジかよ。」

優は裏声で唸るような声を上げてみた。
「いやぁぁぁー!」
「…え?」
逃げていくお客さん。
「…ユウ…怖すぎ…。」
「そ、そうか?」


「ふう…。」
「みんな〜!お疲れ様!」
「…疲れた。」
1日目が終了した。
「楽しかったね!」
「そうだな…。」
「陸、大変そうだったな。最後の方。」
「あ、ああ…あれか…。」
誰かがイケメン落ち武者というのを広めたせいで最後の方は女子の客で埋もれていた。
「ま、まあ沢山来てよかったよ…。」
「よーし!無事終わったことだし、打ち上げしよぉー!」
「「…」」
「な、何よ…?」
「まだあと2日あるぞ?」
「…あ…。」
「たく…。」
「どうしよう…お菓子たくさん買っちゃった…。」
「たく…。」
「い、いいじゃん!3人でプチ打ち上げしようよ!」
「はぁ?」
「ほら、1日目を無事乗り越えました〜…的な?」
「それはいいが…どこでやるんだ?」
「ユウの家。」
「は?何勝手に決めてんだよ?」
「…ダメ?」
「いいけど!」
「よーし!決まり〜!」
2日目に向けて3人は仲良く帰路についた。




短めです!すいません。

フォローorコメントよろしくお願いします!

「腹下したせいで1人異世界転移に遅れてしまったんですが 特別編 〜美少女転校生と始める学園生活〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

  • かつあん

    眼鏡とった小宮さんも見てみたい!
    ユウは元々怖そうだからなー怖がって逃げるのも無理ないような気がするw

    1
コメントを書く