話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

腹下したせいで1人異世界転移に遅れてしまったんですが 特別編 〜美少女転校生と始める学園生活〜

けん玉マスター

34話 しばしの別れと予兆

「優お兄ちゃん、ミーシェお姉ちゃん…もう帰っちゃうの?」
「もっと遊びたいよぉ!」
「ごめんね…。また絶対くるから…ね?」
「「うわぁん!」」
瑠美と莉美はミーシェに飛びついた。
「優兄さん、今日はありがとう。」
「ああ、カナ。お前は年長で大変だと思うが…そのなんだ…頑張れよ。」
「うん…!ミーちゃん。」
「カナちゃん…。」
「私…絶対ミーちゃんには負けないから!」
「カナちゃん…。ふふ…私もよ?」
「また…絶対来てね?」
「うん!、隠れてないで2人も出てきなよ。」
「「!…うす…。」」
健人と晶だ。
「お前ら…ぶっ!緊張し過ぎだっての!」
「「う、うるさいなぁ!」」
「ふふふ…楽しかったよ?また遊ぼうね?」
「「うす…。」」
「ふ…お前らは男なんだからな。ちゃんと女の子守ってやれよ?」
「い、言われなくても!」
「分かってるしぃ!」
「その調子なら大丈夫だな…。じゃ、奈美さん。お邪魔しました。」
「こちらこそありがとうね?また来てね?ミーシェさんも。」
「あ、はい!」
「それから優。」
「え?あ、はい。」
「…あんまり無理しちゃダメよ?」
「…はい。分かってます。」
2人は陽だまり園を後にした。


「どうだった?行ってみて。」
「あの噂は嘘だってわかった。」
「ミーシェ…。」
「みんないい子ばっかだったし…楽しかったよ?」
「そうか…。ありがとな手伝ってくれて。」
「ううん。私もいい経験になったし。また行く時になったら誘ってね?」
「ああ、分かった。でもまずは課題からな?」
「うっ…」
「ちゃんとやるんだぞ?」
「わ、わかってるよぉ…。陸くん誘ってやろ?」
「そうだな、連絡しとくよ。」
「うん。…そう言えばさ…」
「ん?」
「園長先生に呼ばれてたよね?なのん話だったの?」
「…ああ、別に大したことじゃないよ。ちょっと高校ではどうかとか雑談してただけだ。そしたら俺が一杯バイトやってること知って…無理すんな。って。」
「優しいよね…。」
「ああ、幼稚園の時からいるからな。俺の母代わりのような感じだな。」
「へぇー…。」
「感謝しても…しきれないよ。」
「だね…。…無理…しないでね?」
「え?」
「いや!ほら!バイト一杯入れてるから…さ。」
「そうだな…少し休むよ。お、お姉さん達が出てきたぞ。」
気づけばミーシェの家の前だった。
「ユウくん、ありがとね。送ってくれて。」
「いえ…。」
「またね!ユウ!」
「ああ…またな。」
優は引き返して行った。
「待って!ユウ!」
「ん?どうした?」
「あ…いや…なんでもない…。おやすみ。」
「…おやすみ。」
(なんだろう…ユウが…どっか遠くに行っちゃうような…。)
「ミーシェ?ご飯にするわよ?」
「あ、うん…。あ!ユウにも食べていってもらえばよかった!」



翌日。
優はある場所に向けてバイクを走らせていた。
そのまま進み、ある家の前に止まる。
「…ここに…あの男が…」
優はインターホンを押した。



それから1週間何事もなく夏休みが過ぎた。
ミーシェと陸は図書館で勉強していた。
「陸くん、ユウは?」
「さあ?君が知らないなら僕も知らないさ。」
「うーん…最近ユウと連絡がつかないんだよね…。(あの時の予感…当たっちゃった…?)」
「最後に会ったのはいつなんだ?」
「それが…陽だまり園に手伝いに行った時。」
「結構前だな…。」
「うーん…」
「…家…行ってみるか?ただバイトしてるだけって可能性もあるからな。」
「そうだね…。」


ピンポーン…
「ユウー?いるー?」
しかし返事はない。
「居ないみたいだな。どこか旅行に行っているかバイトじゃないか?」
「そう…だね…。」
「ん?ミーシェに陸か?何やってんだ?人んちの前で。」
「「!」」
「ユウ!」
「よっ。」
「1週間も連絡を寄越さないで何やってたんだ?」
「…別に。ただ遊んでただけだ。」
「そう…。って傷だらけじゃない?!どうしたの?」
「ああ…ちょっとな。」
「…また絡まれたのか?」
「まあ…そんなところだ。」
「誰かが絡まれてたの?もう…ユウが優しい性格なのは分かるけど…程々にね?」
「絡まれた?何言ってんだ?」
「え?」
優はポケットから数個の財布を出す。
「それは…?」
「ちょっと小遣い稼ぎだよ。」
「え…?」
「優…喝上げ…したのか?」
「…ああ。」
「ああって…君…バイトはどうしたんだ?」
「辞めた。」
「「!」」
「どうして?!あんなに頑張ってたじゃない?」
「別に…ただ飽きただけだよ。」
「優…。」
「なんかもうどうでも良くなってきてな…。ただ地道に稼ぐのが馬鹿らしくなってきたんだ。こっちの方が楽だし沢山稼げるだろ?」
「…ユウ、返してきて。」
「は?」
「そうだな。優、君がやっていることは犯罪だぞ?」
「…せぇな」
「第一君はそんなことするようなやつじゃなかっただろ?」
「…じゃあ教えてくれよ。」
「優?」
ダン!
「!」
優は手すりを思い切り殴る。
「俺は…どんなやつだったんだよ?」
「ユ、ユウ?」
「俺はお前らが思ってるほど…善人じゃねぇんだよ…。」
「落ち着け。何をそんなに焦ってるんだ?」
「あ?」
「ユウ…。」
「適当なこと言ってるとお前もしめるぞ?」
「ユウ!」
「…なんだよ?」
「陸くんに謝って。」
「は?」
「ユウ、何があったの?ユウはそんなこと…」
「うるせぇんだよ!!」
「ユ…ウ…?」
「…帰れよ。」
「優…」
バタン…
優は自分の部屋に帰って行った。




遅くなってすいません〜。
新作、「クレイジークラスルーム」投稿始めました!
ぜひ読んでみてください!
フォローorコメントよろしくお願いします!

「腹下したせいで1人異世界転移に遅れてしまったんですが 特別編 〜美少女転校生と始める学園生活〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

  • かつあん

    ユウ!何があったんだー!小宮さんにひどいこと言うなんて!

    3
  • たくあん

    ユウ君何が……
    自分からミーシェや小宮君を話すためなんだろうけど
    なんだかなぁ…

    4
  • 垂直抗力(元ラノベ大好きサムライ)

    。゚゚(´□`。)°゚。ユー!!どうしちゃったのぉ〜!!

    1
  • ペンギン

    何があったんでしょう...?
    スゴく気になります...

    2
コメントを書く