話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

腹下したせいで1人異世界転移に遅れてしまったんですが 特別編 〜美少女転校生と始める学園生活〜

けん玉マスター

31話 夕焼けの海で微笑む君

「ユウ〜?右?」
「違う、左だよ…。」
「こっち〜?」
「ちげぇよ。そっちは右。」
「むー…わかんなぁい!」
優とミーシェは絶賛スイカ割り中である。
「バカッ!そっちは…」
「へ?」
ざぶん!
ミーシェは少し高いところから海に落ちる。
「ぷは!…ふえーん…ユウ〜…」
「…たく。ほれ。」
優は手を差し出す。
「ん、ありがと。」
「続きやるか?」
「次は私が指示する番!」
「お、おう。」
優は目隠しをする。
「行くぞー。」
「うん!真っ直ぐねー。」
優はスタスタと真っ直ぐに進む。
「あ、あれ?」
「おーい、次はどっちだ。」
「い、いや、もういいよ。」
「そうか?」
ドゴンッ!
優は棒を振り下ろす。
スイカは粉々に吹き飛んだ。
「あぁーー!スイカぁ!」
「あ、わり。」
「もうっ!この馬鹿力!」
「ありがとう。」
「褒めてない!」
「す、すいません…。」
「もーう…すぐ終わらせちゃうしスイカ粉々にしちゃうし…なにやってんのぉー!」
「ははは…ほんとごめんってば。」
「ぶー…」
「ほ、ほら!食えないことないぞ?」
「え?どれどれ?!」
「ほら、こことか。」
「ホントだ!…いただきます!」
しゃぐ…
「ん、うんまぁ…!」
「よ、よかったな。」
「やっぱり自分で割ったスイカは格別だね!」
「いや、割ったの俺な。」
「あ、そだね…。でもおいひー!」
「よかったな。」
ミーシェの美味しそうにスイカを頬張る顔を見てまあいいかと思う優であった。


しばらく遊んだ後、2人は沈み行く夕日を見ていた。
「沈んじゃうね…。」
「…そうだな…。」
「ふふっ…きれーい…。」
「…そうだな…。」
「さっきからそうだなしか言ってなーい…。」
「そうか?」
「うん。そんな優は今日の感想を50文字以内で述べなさい!」
「50文字か…。楽しかったよ。」
「えぇー…そんだけ?」
「ちゃんと50文字以内だろ?」
「そうだけどぉ…。」
「ちゃんと楽しかったよ。ビーチバレーとかな。実は初めてやったんだ。一緒にやる友達もいなかったしな。」
「ユウ…。」
「憧れてたんだよ、スイカ割り。さっきやったみたいに友達に教えながらスイカ割ってみんなで食う。きっと大人数でやれば楽しいだろうな。もちろん2人でも楽しかったぞ?」
「そ、そだね…陸くんとか菜々ちゃん、由希ちゃん達も誘ってやって見る?」
「それもいいかもな…。…でも…お前と2人でこうして出掛けるのも良いもんだな…。」
「え?」
「お前の相変わらずな一面とか、見えない一面とか見れて結構面白いぞ?」
「ほんと?!今日の私はどうだった?!見えない一面って?」
「そ、そうだなぁ…。相変わらず虫とかは嫌いなんだな。それに大食いだし。」
「そ、それは…」
「相変わらず可愛かったよ。」
「へ?」
「あ…。」
「い、今なんて…」
「そ、それに!違う一面も見れたしな!お前は意外と大胆なんだな!小さめの水着で来るし。」
「…ユウが…喜ぶかなって…。」
「え?」
「お姉ちゃんが…男の人は小さい方が好きだって言ってたから…。」
「あの人は…。まあ、似合ってるよ。」
「良かったぁ…校外学習では微妙な反応だったから…リベンジ達成だね!」
「校外学習?俺微妙な反応だったか?」
「うん。目、そらされたもん。」
「…はあ…」
「ユウ?」
「あのなぁ…そんな簡単に似合うなんて言えないもんだぞ?ましてや水着…レベル高いっつーの。」
「そ、そなの?」
「…ちゃんと似合ってたよ。」
「ほんと?!」
「ああ。」
「わあ…ありがと!ユウ!」
「っ…」
夕日に照らされたミーシェはとても可憐なものだった。
「そ、そうだな…。」
「ん?どうしたの?顔赤いよ?もしかして…熱中症とか?!」
「ち、ちげぇよ…夕日のせいかなー、ははは…。」
「そお?」
「ああ。ほら、暗くなる前に帰るぞ。またお前の姉さんたちに怒られるのは嫌だからな。」
「あ、待ってよ〜。」




〜ここからは登場人物紹介です〜


藤山優(とうやまゆう)

本作の主人公。
いつも本を読んでいるか、ゲームをしている為オタクと言われている。
最初は友達と言えるものもおらず、クラスから孤立していたが、転校してきたミーシェと触れ合っていくうちに感情を表に出すようになったため、今は結構友達がいる。特に小宮とは名前で呼び合う仲。
過去に父親に母親と姉を殺されるという壮絶な過去を持っている。
それ以降は施設で暮らしていた。
施設の子供をチンピラから守っているうちに運動神経は超人レベル。



山田ミーシェ(やまだみーしぇ)

本作のヒロイン。
2年生の初めに優の学校に転校してきた美少女。
隣の席の優に興味を持ち、仲良くなり1日目に家にお邪魔した。
髪は肩までで少しウェーブがかっている。
優のことを悪く言う天城のことは嫌いw
2人の姉がおり、姉はどちらも料理が出来ないため、ミーシェが食事当番。料理の腕はプロ級。
優のことはどう思ってるのかな?



登場人物紹介の続きは次回で。
遅くなりすいません…。
フォローorコメントよろしくお願いします!

「腹下したせいで1人異世界転移に遅れてしまったんですが 特別編 〜美少女転校生と始める学園生活〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

  • ペンギン

    ミーシェ可愛い〜...w
    僕もユウとミーシェは幸せになって欲しいですね〜

    1
  • ペンギン

    ミーシェ可愛い〜...w
    僕もユウとミーシェは幸せになって欲しいですね〜

    1
  • かつあん

    いい作品ですよこの作品は。ミーシェもかわいいし、ユウもカッコイイし...ユウとミーシェには幸せになって欲しいですねー。
    あと、ユウの苗字「とうやま」をたまに「ふじやま」と読んでしまう...w

    5
  • 垂直抗力(元ラノベ大好きサムライ)

    風邪治りましたか??
    僕も風邪ひいてしまいました汗
    季節の変わり目はやっぱり風邪とか引きやすいですからねー、作者様もお気をつけくださーい!!

    1
コメントを書く