話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

腹下したせいで1人異世界転移に遅れてしまったんですが 特別編 〜美少女転校生と始める学園生活〜

けん玉マスター

29話 もしかして…

「うーん…小さいかなぁ?」
「大丈夫よ。そんくらいの方が男の子は喜ぶわよ。」
「うーん…でも…恥ずかしいよぉ…。」
ミーシェは新しく買った水着を着て鏡の前に立っている。
「明日でしょ?」
「うん…。大丈夫かなぁ…。」
そう、明日は優と一緒に海に出かける予定である。
「…」
「…」
「…えーい!そんな弱気でどうするの!」
「え?」
「自信を持ちなさい!」
「お姉ちゃん…。」
「あなたは可愛いわよ。私が保証するわ!水着も似合ってる!」
「そ、そうかな…。」
「そうよ!」
「わ、分かった…!」
「そう言えば…電車で行くの?なんなら車出すわよ?」
「ううん、ユウに送ってもらうの。」
「そう?ならいいけど…。」

翌日。
「ひゃほーい!気持ちいいー!」
「もっとスピードあげるか?」
「うん!」
「オーケー…」
ミーシェは優のバイクの後ろに乗り、海を目指して進んでいた。
「結構穴場のビーチだからな…。ちょっと遠いぞ?」
「いいよ!その間バイクに乗れるし!」
「ははは…本当に好きだな…。」
「うん!」
「そんなに好きならやっぱり免許とったらどうだ?ツーリングとか楽しいぞ?」
「そうだねぇ…。でもやっぱり私は乗せてもらえればいいや。勉強するのもめんどくさいし。」
「それが本音だな…。」
「へへへ…だってめんどくさいし…。」
「まあ俺でよければ乗せてやるよ…。」
「ほんと?!」
「ああ。予定が合えば…だけどな?」
「ありがとー!」
「わっ、おい、そんな強く抱きつくな…。」
胸が当たって集中出来なくなる…。
「ふふふ…だって落ちたら困るもーん。」
「さいですか…離すなよ?」
「うん…!」
2人は海道を進んで行った。


「うーみー!!」
「…綺麗だな。」
「それに…」
「ああ…。」
「「全然人がいない!」」
「ていうかいない。」
「…二人っきりだね…。」
ドキッ…
なんかその言い方やめろよ…。
誤解しちゃうよ?
ていうかしたよ?
「そ、そう…だな。」
「わ、私着替えてくる!」
「あ、俺も…。」
2人は互いに更衣室へと向かった。


「な、なんであんなこと言っちゃったんだろ〜!」
余計意識しちゃうじゃん!
「…ユウを夢中にさせてる人か…誰だろう?」

「って何考えてるんだ私!べ、別にユウの好きな人なんて私には関係ないし!」
ミーシェは誰もいないのに言い訳を始めた。
「…」
虚しいなぁ…。
「…なんか…よく分かんない…。」


「っ…」
可愛すぎだろ?!
優はロッカーを拳で打つ。
「やべ!凹んじまった!」
べキィ…
強引に戻す。
「ふぅ…」
大きな深呼吸をする。
「…落ち着け…。別にただ友達として遊ぶだけだ。…大丈夫…。」
ふと小宮に言われたことを思い出した。
「取られちまう…か。」
ミーシェに相応しい男が正直いるとは思えないな。いたとしても俳優とかモデルなんだろうな…。
俺じゃ敵わない。
「…なんか…分かんねぇ…。」


「じゃ、じゃーん!どお?!私の新しい水着!」
「…」
「…どお?」
「…」
「…ユ、ユウ?聞いてる?」
「はっ!わりぃちょっと気絶してた。」
「え?大丈夫?」
「大丈夫だ…。に、似合ってるよ…。」
「ほんと?!」
「あ、ああ、似合ってるから…」
そんなにぐいぐいこられるとまた気絶しちゃうよ?
て言うかサイズ!
「ちょっといいか?」
「ん?」
「その…小さくね?」
「何が?」
「その…水着。」
「…」
ボンッ!
ミーシェの顔が朱に染まる。
「そ、そうだよね?!お、お姉ちゃんが小さい方がいいって!」
あの人かよ…ナイス!
「ふ、不愉快だよね?!着替えてくる!」
「あー、待て待て!そんなこと言ってないだろ?本当によく似合ってるよ。サイズもなんだかんだでちょうどいいし。特に色が最高だ。お前は黒が良く似…」
あれ?俺…何言ってんだ?
「…」
ミーシェはポカンと優の方を見ている。
そして…
「あ、ありがと…。」
「っ〜!」
顔を真っ赤にされてそんなこと言われると…やばい…可愛い…!
「お、泳ぐか…。」
「そ、そうだね…。あ、私ビーチボール持ってきたよ!」
「お、やるか?」
「うん!今膨らますね!」
ミーシェは息を思いっきり吹き込んだ。
「んー!んー!」
「だ、大丈夫か?」
「ぷはぁ!膨らまない…。」
「仕方ねえな。貸してみろ。」
「え?…うん。」
「ふぅー!」
ビーチボールはみるみる膨らんで行った。
「す、凄い…。」
「だろ?こんなの俺にかかればこんなもんだ。」
「さ、流石だね…。」
「ん?微妙な反応だな…。」
「い、いや、ユウが気にしないならいいんだけど…その…。」
「?…なんだよ?」
「か、間接キス…。」
「あ…。」
ミーシェの唇に目がいってしまう。
「あ、その…えと…ご、ごめん!気を悪くしたなら謝る!」
「い、いや別に!ユウが気にしないなら全然大丈夫だから!」
「そ、そうか…俺は別に…」
今日はなんか…調子狂うなぁ…。


び、びっくりしたぁ…。
まさか無自覚だったなんて…。
でも…間接キスして別に大丈夫ってことは…別に嫌われてるとかではないよね?全然チャンスはあるよね?!
…って別に好きじゃないのに!!

あれ?私って…



…ユウの事…好きなのかな?


―――――――――――――――――――――――――――――――
謎のエラーにより投稿出来ず、こんな遅くになってしまいました…。

フォローorコメントよろしくお願いします!

「腹下したせいで1人異世界転移に遅れてしまったんですが 特別編 〜美少女転校生と始める学園生活〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

  • かつあん

    毎回毎回ミーシェの水着を想像している...あっ鼻血が...これから2人ばどうなっていくのか!?ミーシェは江ノ島の言葉で混乱してしまいましたね〜。
    ついでに言うと今回の1番笑ったところはユウがロッカーを凹ませたところです。w

    3
  • ペンギン

    ミーシェ可愛い〜!

    1
コメントを書く