話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

腹下したせいで1人異世界転移に遅れてしまったんですが 特別編 〜美少女転校生と始める学園生活〜

けん玉マスター

16話 今までとは違う夏休み

「いらっしゃませー、2名様で宜しいでしょうか?」
夏休みが始まり、優は今まで以上にバイトに専念していた。
「藤山くん今日張り切ってるね〜。」
「あ、店長。お疲れ様です。」
「お疲れ様。その調子で頑張って。」
「はい!」
なぜ優がこんなに張り切っているかと言うと、それは昨日のグループチャットでの事だった。


ミーシェ「菜々ちゃん、由希ちゃん、今ユウと陸くんで山にキャンプしに行こうって話になってるんだけど2人も一緒に行かない?」

由希「いつ?」

ミーシェ「それはこれから決めます!」

菜々「私は行きたいなぁ…。」

由希「私も賛成。でもテントの立て方とか分からないよ?」

陸「それは優が出来るから大丈夫だ。」

優「まあ少しは。そろそろ日程決めないと。」

ミーシェ「そうだなぁ…いつ頃なら空いてる?7月中にする?8月?」

優「俺はバイトが忙しくなるから…7月中だと助かるな。」

陸「僕も出来ればそうして欲しい。」

由希「私は7月で大丈夫だけど…何泊するの?」

ミーシェ「それも決めてないや。でも2泊くらいしたいよね〜。」

菜々「そうだね。私も8月は色々忙しいから7月中がいいな。」

ミーシェ「分かった。私はいつでもOKです。じゃあ27日からはどう?」

優「その日から8月にかけてはバイトないから…俺は大丈夫。」

陸「僕も問題ないな。」

由希「私も。」

菜々「7月中はいつでもいいよ!」

ミーシェ「決まりだね!」

陸「3日後か…。」

由希「まあ楽しみだね。」

菜々「優くんキャンプとかよくやるの?」

優「施設にいた時キャンプをよくやったんだ。俺は結構上の方だったからテントとか木を切るのは俺の仕事だったよ。テントとか色々持ってくよ。」

由希「へぇー…じゃあ頼りにしてるね。」

優「うん。」

ミーシェ「楽しみだねー…。」

陸「そうだな。僕は夕食だから一旦落ちるぞ。」

由希「私も。」

優「俺も明日バイト早いんだ。おやすみ。」

菜々「おやすみ〜。」

ミーシェ「うん!おやすみなさい。」


そう。今から2日後に控えたみんなでのキャンプ。
ワクワクが隠しきれない優であった。
「あ、店長。27日から8月までって俺いなくて大丈夫ですよね?」
「人は足りてるから大丈夫よ。」
「そうですか…良かったです。」
「どっか行くの?」
「あ、はい。友達とキャンプに。」
「へぇ〜…いいじゃない。楽しんでおいで。」
「はい、ありがとうございます。あ、いらっしゃいませー!」


キャンプ前日。
「テント入れたし…食材はミーシェが持ってくるって言ってたな…。あ、保険証。」
優はテキパキと準備を進めていた。
すると優の携帯が鳴った。
「ん?非通知?誰だ?もしもし?」
「藤山か?」
「そうですが…誰ですか?」
「な?!俺だ!天城だ。」
「は?なんで電話番号知ってんの?」
「そんなことはどうでもいい。ミーシェさんと連絡がつかないんだ。何か知っているか?」
「そりゃあお前…あいつにブロック…あ、なんでもない。」
「何?!今なんて言った?!」
「あ、ごめん、明日早いから。」
「待て!とうや…」
ピッ…
「ふぅ…めんどくせぇな。てかなんで俺の電話番号知ってるんだ?怖すぎだろ…。」
また非通知で電話が鳴った。
「…もしもし?」
「さっきの続きを言え!」
「あいつも忙しいんだろ?」
「お前から連絡取れないのか?」
「取れるけど。」
「じゃあミーシェさんに言っておいてくれ。28日にみんなで出掛けようって。」
「あ、その日はミーシェ無理だぞ?」
「え?」
「その日は俺とミーシェを含めた5人でキャンプに行ってる。てか明日から無理だ。」
「なんだと?!お前と2人でか?!」
「5人って言ってるだろ?それと声でかい。耳痛いからやめて。」
「ふざけるな!ミーシェさんに何かしたら…」
ピッ…
「めんどくさ…。」
その後も何度か電話がなったが、無視したら鳴りやんだ。
「そろそろ寝るか…。」
優は布団に横になった。
「…楽しみだなぁ…。」
優はそのまま眠りについた。

ピピピピ…
携帯のアラームを止め優はゆっくり目覚めた。
時刻は朝の5時。
6時に駅前集合の為、ちょうどいい時間である。
今日からキャンプ!
優は軽い朝食を済ませた。
「…行ってくるよ、母さん、姉さん。」
優は二人の写真に挨拶して家を出た。

「あ!おはようーユウ!」
「早いな。何時に来たんだ?」
「私?3時半から居るよ?」
「馬鹿だな。」
「だ、だってぇ…楽しみだったんだもん。」
「相変わらずだな。」
小宮も集合場所に来た。
「あ、陸くん。おはよ。」
「おはよう、陸。」
「ああ、おはよう。」
「後は由希ちゃんと菜々ちゃんだね。」
「まあ2人ならそのうち…ほら来た。」
「おはよ〜。3人とも早いね。」
「…おはよ。」
「おはよう。よし、じゃあ行こうか。」
「ふふっ…なんか校外学習思い出すね。」
「確かに。」
「同じメンバーだからな。じゃあ校外学習と同じで…リーダーは任せたぞ、優。」
「え?ああ、まあ。」
「よーし!しゅっぱーつ!」
今年の夏休みは始まったばかり。
期待を胸に秘め、優の今までとは違う夏休みが始まった。

―――――――――――――――――――――――――――――――
フォローorコメントよろしくお願いします!

「腹下したせいで1人異世界転移に遅れてしまったんですが 特別編 〜美少女転校生と始める学園生活〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

  • MURの可愛さを布教し隊

    天城がウザすぎるけど
    それを見るの嫌いじゃないから
    本編よりも楽しみにしている

    2
  • 勝長

    天城の声だとわからないユウwwまあ、どうでもいいやつの声なんか細かく覚えてないよねw
    しかもどうやったら5人と2人を聞き間違えるのか...まあ、いつもミーシェと一緒にいるユウに嫉妬してたりするんだろうけどw
    『はらくだ』のように殺すと犯罪になるので、心をへし折って、精神的に殺してほしいw
    そんなことよりユウ達5人はキャンプをたのしんでほしいですね。そこでキャンプ地を予測した天城と出会ったりしたら最悪だー

    1
  • うたたか

    天城キモすぎる件について笑

    3
  • 垂直抗力(元ラノベ大好きサムライ)

    天城(´・∀・`)ザマァwww
    これだけが言いたかったw

    2
  • ペンギン

    いつも通り、面白いです!
    あと、続きも気になりますね!w
    倒れない程度で頑張ってください!

    1
コメントを書く