話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

腹下したせいで1人異世界転移に遅れてしまったんですが 特別編 〜美少女転校生と始める学園生活〜

けん玉マスター

10話 荒ぶる優

「…ん?…あれ?」
「あ、ユウ。起きた?」
「ミーシェ…。なんで俺は…はっ!」
優は起きたこと全てを思い出した。
「そ、その…」
「大丈夫?貧血だよね?」
「へ?」
「お姉ちゃんから聞いたの。寝てた私を運ぼうとしてくれたんでしょ?」
「ま、まあ…。」
すいません…。本当は貧血なんかじゃないです…。
「そう言えばお姉さんはどこだよ?」
「先帰ってもらったよ。私一人でも大丈夫だし…。」
「そうか。じゃあ帰るか。」
「え?」
「送ってくよ。」
「いいよ。起きたばっかだし…。じゃあまた明日ね?」
「待てよ。」
「え?」
「…たく、前そう言って絡まれただろ?」
「で、でも…。」
「俺なら大丈夫。さあ、行こうぜ?」
「う、うん。」


優とミーシェの前にはバットを持った数人の男達が立っていた。
「可愛い子みーっけぇ…。」
「オラッ!殺されたくなかったら置いていきな!」
「ユ、ユウ…。」
「…」
なんでこんな絡まれるの?!この子?!
「どうしたぁ?!ビビって声も出せねえかぁ?!」
「死ねやぁ!」
バットを持った男達が一斉に殴りかかってきた。
「やばい、ミーシェ。」
「え?」
「頭がクラクラするんだ…。」
「そ、そんな…!」
バキッ!
ドゴッ!


「おかげで半分の力も出せなかったよ…。」
バットを持った男達は皆倒れていた。
「あ、そう…なんだ…。」
「たく…服汚れちまったよ。あ、このこと内緒な?」
「あ、うん。」
そう言って優は倒れた男達を起こしていく。
「ず、ずいまぜん…もうじまぜん…。」
「分かったらとっとと消えろ。」
「は、はい〜!」
男達は皆逃げていった。
「さ、帰ろうぜ?」
「うん。…助けてくれてありがとう。私…よくこういうことあるんだ…。なんかこういう人達の恨みって言うか…。そういうのをかっちゃって…。お姉ちゃんにも気をつけなさいって言われてるんだけど…。」
「気にすんな。」
「…うん。ありがとう。」
そのままミーシェを家まで送り届けた。


優は部屋で横になりながら考え込んでいた。
…こんな…。誰かを傷つけることしか出来ない力だけど…。
ミーシェさんを守れた…!
そんなことを思いながら拳にできた傷口に薬を塗る優だった。


翌日。
「…おい、陸どういうことだ?」
「知るか…僕が聞きたい。」
「「ミーシェさんが…ミーシェさんが…」」
「な、何よ…?」
「「勉強してる…!」」
「大丈夫か?熱でもあるのか?」
「朝ごはん食べてないとか?パンならあるよ?」
「し、失礼な!私だって危機感感じてるんですぅ!…パンは貰うね…。」
貰うのかよ…。
「どうだ?なんとか覚えられそうか?」
「数学は頑張る!」
「ほかの教科は?」
「ふふーん…秘策があるのだ。」
「秘策?」
「じゃじゃーん!」
そう言ってミーシェは1本の鉛筆を取り出した。
「「それは!」」
「ふふーん…。」
「「なんだ?それ。」」
「これはねー…」
「もしアイウエが書いてある鉛筆だったらやめとけ。神頼みしてもなんの意味もないぞ?」
「え?!」
「…まさか神頼みするつもりだったのか?」
「え、えへへ…。」
「たく…。分かった、僕が国語を教える。優は英語得意だろ?」
「え?まあ…ほかの科目よりは。」
「じゃあ頼んだ。理科と社会は神頼みでもなんでもしろ。」
「わ、分かった。私、頑張るよ…。」

「大変だね、優くん。」
「江ノ島さん…。まあなんだかんだで楽しいよ。」
「私も協力してあげたいんだけど…由希ちゃんに教えなきゃ行けなくて…。」
「え?松山さんって頭悪いの?」
「…失礼ね。」
「ま、松山さん。」
「由希ちゃんは文系科目が苦手なの。数学とかは私より得意なんだけど…。」
「へえー…。」
「…その手どうしたの?」
松山は優の拳に出来た痛々しい傷を見て行った。
「あ、これ?ちょっと転んで…。」
「…大丈夫?絆創膏あげようか?」
「あ、ありがとう。貰うよ…。」
ははは…死んでも人殴ったなんて言えねえな。

「藤山。」
「天城…。何か用か?」
「君はあの施設出身なんだろ?勉強しなくていいのか?」
「…心配してくれてありがとう。ちゃんとやってるから大丈夫だ。」
「どうかな?あの施設の連中は馬鹿なやつが多いと聞いた。」
「心配しなくても赤点は取らないさ。勉強会だってやってるしな。」
「勉強会?」
「ユウ〜!今日もユウの家行っていい?あそこなら集中できる気がして…って天城くんとお話中だった?」
これはまた…最悪のタイミングだな。
「藤山の家だと?!お前…ミーシェさんに何をした?!」
「なんでそんな風にとるかな…。ただ勉強会を俺の部屋でしてるだけだ。」
「それでも…お前はあの施設出身だろ?!何かしたに決まってる!」
「それは無いな。」
「!、小宮…。」
「僕も一緒にやってるんだ。優はそんなことしてないぞ?」
「信じられるか!どうせお前も一緒になってやってるんだろ?!」
「お、落ち着け天城。声がでかい。…そして唾飛んでる…。」
「いいかミーシェさん。こいつは出来損ないばかり集めた…社会不適合者を集めた施設出身なんだぞ?そんなやつの家に行ったら何されるか…。」
「…おい。」
優が天城の肩を掴んだ。
「と、藤山?」
「…あいつらは関係ないだろ?俺の話じゃないのか?」
「!…その手を離せ…!」
天城は振りほどこうとするが離れない。
「俺の事はどう言おうと構わないが…あいつらは社会不適合者なんかじゃない。…訂正しろ。」 
「ユ、ユウ…。」
「優、落ち着け。」
「!…わ、悪いな。」
優は急いで手を離した。
「えっとー…。だから、俺の話だったろ?だから別にあいつらのことを出す必要はないんじゃないかって…な?」
「…天城くん。ユウに謝って。」
「ミ、ミーシェさん?」
「ユウ、怒ってるよ?」
「し、知ったことか!」
「ミーシェさん、いいって。大丈夫だから。ね?」
「でも…!」
「なんだ?この騒ぎは?」
先生の呑気な声が聞こえた。
「す、すいません。すぐに戻ります。」
優達は席に戻った。

ちっ…胸糞わりぃな…。

「腹下したせいで1人異世界転移に遅れてしまったんですが 特別編 〜美少女転校生と始める学園生活〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー206269

    天城が本当の社会不適合者だなw

    2
  • 勝長

    なんで評判が悪いってだけで差別するのかなぁ。別にユウはなにかした訳でもないし

    2
  • たくあん

    天城の首落ちやんかなぁ…

    2
  • シン

    唾飛ばすとか流石天城笑
    天城がユウと決闘とか言い出してボコボコにやられてクラスで干されて転校とかなんないかな笑笑

    1
  • うたたか

    こっちの天城はどうやって消えるんだろうか笑

    4
コメントをもっと見る / 書く