話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

腹下したせいで1人異世界転移に遅れてしまったんですが 特別編 〜美少女転校生と始める学園生活〜

けん玉マスター

2話 普通の女の子?オタクな男の子?

おかしいだろ…。
優の住んでいるアパートの優の部屋からは食欲をそそる美味しい香りが漂っていた。
「待っててね、ユウ。もうすぐ出来るから…。」
「あ、うん…。」
いや、本当におかしくね!?
なんで?今日知り合ったばかりなのに?
それとも俺がおかしいのだろうか?
女はその日に知り合った男の家に遊びに行くものだろうか?
そうか、長らく女性に関わったことがなかったから…。そういうことに疎いんだな…俺は…。
「出来たよー!」
「う、うん…。」
「食器とかあるのに使ってないでしょ?もしかして…毎日コンビニ弁当とかじゃない?」
「そ、そうだけど…。」
「もー!ダメだよ?ちゃんとしたの食べなきゃ!」
「う、うん…。」
「普段は何してるの?」
「あ、今日はたまたま休みだけど…俺バイトしてるんだ。」
「え?アルバイト?」
「う、うん…。」
「へぇ…いいなぁ。私もアルバイトとかやって見たかったんだよねぇ…。」
「へ、へぇ。そうなんだ。」
「ここの家賃とかもそれで払ってるの?」
「いや、家賃は叔父さんが払ってくれてるんだけど…さすがに生活費まで甘える訳にはいかないから…。」
「そっかー…。高校までは叔父さんと?」
「いや、施設にいたんだ。」
「!…ごめん…変な事聞いて。」
「い、いや!施設はなんだかんだで楽しかったよ…。」
「そう…なの?」
「うん。今でもたまに顔だしてそこで子供の相手してやったりしてるんだ。」
「へぇ…なんか楽しそう…。」
「ま、まあ…。そ、それよりもこのカレー…。お、美味しいです。」
「!…良かったぁ…。」
ミーシェは嬉しそうにはにかみ。
「!」
か、可愛ええ…!
「あ、本まとめといたから!こ、これ!」
優はオススメの小説を入れた紙袋を手渡す。
「あ、ありがとう!」
「こ、こちらこそ…晩御飯まで作ってもらって…。」
「ふふ…また何かあったら言って?席隣同士だし。」
「あ、うん。こちらこそ。」
「うん。じゃあまた明日。」
「あ、く、暗いし…送ってこうか?」
「…」
「…必要ないですよね…。ごめんなさい…。」
「いいの?」
「へ?」
「実は私暗いの苦手で…助かるよー…。」
「じゃあ…行こう。」
「うん!」


私は山田ミーシェ。この春この街の学校に転入してきました。
「ミ、ミーシェさんは普段はどんな本読むの?」
隣で話をしているのは藤山優くんです。
ちょっと控えめな性格だけど…とても優しいお隣さんです。
「私は…漫画?」
「漫画…。」
「も、もちろん小説だって読むよ?面白いし!」
「そうなんだ。」
「うん。」
「…」
「…」
どうしよう…。話すことがない…。何とか…何とか話題を見つけなきゃ!
「…」
「…」
ダメだ〜…。
「あれ?君、この街の学校の子だよね?」
同年代のガラの悪そうな男の人が話しかけてきた。
「えっと…そうですけど…。」
「やっぱりそうだ!なんでこんな可愛い子見落としてたかな〜。さ、行こう?」
「え?」
「え?って?遊びに行こう?」
「いや、その…困ります…。私帰らなきゃ…。」
「そ、その!手…離してくれませんか?」
「あぁ?!誰だテメェ?!」
「ユ、ユウ…。」
すると辺りから数人の男がでてきた。
「こ、こんなに…?」
「あん?てめえ…どっかで見たことが…」
「そんなんどうでもいい!この子の男ならとっととぶっ殺しちまおうぜ?」
「あ、ああ…そうだな。」
「ユウ…。」
「…」
「は!ビビって声も出ねえか?死ねや!」
男が拳を振り下ろした。
「きゃあああー!」
ユウ…私のせいで…!
ドゴッ!
私は目を瞑った。
ドサッ…バキッ!
ドサッ…
え?どうなってるの?
「がっ!やめ…」
「ぐはっ…!」
私は恐る恐る目を開けた。
そこには拳を血で染めたユウが立っており、辺りにはさっきの男達が横たわっていた。


―――――――――――――――――――――――――――――――
フォローorコメントよろしくお願いします!

「腹下したせいで1人異世界転移に遅れてしまったんですが 特別編 〜美少女転校生と始める学園生活〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

  • 優しい心

    ユウカッコいい!

    2
  • ぱんれお

    ユウが元の世界でも強いw

    4
  • 勝長

    いや、普通は初対面で人の家に女の子が上がるなんてねーよw(多分)

    3
コメントを書く