話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

一台の車から

Restive Horse

23.ハッチバックの布教車  (フォルクスワーゲン ゴルフ GTI)

 その車は、いまだに風景に溶け込んでいた。

いつも通りの通勤のことだ。
2cvの小さな窓から、一台の黒い車が高速道路へと上がっていった。
初代フォルクスワーゲン、ゴルフ、GTIだ。
そのハッチバックの車は40年ちかく前の車にもかかわらず、色褪せてはいなかった。





フォルクスワーゲン、ゴルフ、GTI。
フォルクスワーゲン、ビートルの進化版といっても過言ではないだろう。
ビートルは、発売してから順調に販売台数をのばしていき、ついには輸出するようにまでなっていた。
その、輸出先の一つであるアメリカでは、輸入車で一番の人気を誇っていた。
しかし、排ガス規制が始まると、空冷のビートルでは、クリアすることが難しくなっていった。
そこで、ビートルに代わる水冷の車を開発することになった。
それがゴルフだ。

ゴルフの開発は、ビートルを見直すことから始まった。
その結果、エンジンの水冷化と前輪駆動に変更することが決まった。
この時点で、エンジン横置きにすることも決まったため、水平対向4気筒から直列4気筒にもなった。

エンジンが前にいったため、トランクスペースが大きくとれるようになり、ハッチバックを採用した。
ゴルフ以前にハッチバックはルノー4CVで採用されているが、広まっていなかった。

ゴルフが発売されると、瞬く間に輸入車で一番の人気となった。
この車がハッチバックを布教させたといっても過言ではない。
現在の日本車で、ハッチバックが多く採用されているのは、ゴルフの成功があったからなのだ。




仕事場の駐車場に2cvを止めて、

「うちの2cvも30歳ぐらいか。
これからもよろしくな。
いってくる。」

と、声かけて、鍵をしめた。

「一台の車から」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「文学」の人気作品

コメント

コメントを書く