話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

一台の車から

Restive Horse

16.じゃぱにーずデートカー (トヨタ セリカ)

キャブレターが空気を吸い込み、元気よく走っていった。

いつも通りの帰り道。
2cvの後ろからその車はやってきた。
赤いボディのその車、トヨタ、初代セリカだ。
テールランプから通称、ダルマセリカだとわかる。
そのまま、夜の下道を加速していった。




トヨタ、セリカ。
トヨタ自動車が、世に送り出した大衆的スポーツカーだ。
しかし、実際にはデートカーとして受け入れられた。
この車のモデルはフォード マスタングで、後に出したLB(リフトバック)では、さらに強くなっている。

この車に搭載されているエンジンは1600ccの2T-Gエンジンと2000ccの18R-Gエンジンがある。
どちらもヤマハ発動機が開発した。
この二つのエンジンの元は、カムカバーを見てわかるとおり、トヨタ2000GTのエンジンだ。
とても性能はよく、1600ccの2T-Gエンジンは、コロナ1600GTやTE27レビン、トレノなどに搭載され、この頃のトヨタ自動車のスポーツカーを支えた主力エンジンとなった。

もちろん、モータースポーツでも活躍した。
レースでは大きなオーバーフェンダーを取り付けられ、サーキットを暴れまわった。
グループ5にあたるスーパーシルエットフォーミュラではセリカLBをベースに「セリカLBターボ」として参戦した。
セリカはラリーにも参戦していた。

セリカは長い間、モデルチェンジを数多く繰り返してきた。
ラリーでも数多く活躍してきた。
また、海外輸出用にセリカXXとなるグレードを発売。
海外ではスープラの名で売られた。
しかし、そんなセリカは販売台数の落ち込みから2006年に販売停止。
セリカは消えたように思えたが、その後86GT ZN6が発売される。
どうやら、トヨタはこのクラスのスポーツカーを持っている意味に気がついたみたいだ。
そして、次期スープラの発売が近づいている。
どうやら、セリカはまだ、生き残っているみたいだ。




家に帰ってきて

「なんか、新しいセリカを、トヨタが考えてるって噂されてるけどほんとかな?」

なんて言いながら鍵をしめた。

「一台の車から」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「文学」の人気作品

コメント

コメントを書く