話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

一台の車から

Restive Horse

8.ドリフトマシン(スプリンタートレノAE86)

後ろから吹けのよい音が聞こえてきた。
少し早めの帰りで、今から暗くなるというときだ。
僕は2cvの小さなサイドミラーをみたとき、その車はリトラクタブルヘッドライトを開けて点灯し、抜いていった。
白いトヨタ、スプリンタートレノAE86だ。
車高調がはいっているのか車高短で、大きなマフラーがついていた。
そのまま夕日の中を突っ走っていった。




トヨタ、スプリンタートレノAE86。
僕が思うに1983年に出したトヨタ自動車最後のライトウェイトFRスポーツカーだ。

スプリンターは大衆車カローラとシャーシを共有しているため、AE86といえばレビンをイメージする人もいるかもしれない。
トレノとレビンの大きな違いはリトラクタブルヘッドライトであるかそうでないかだ。 

エンジンはヤマハ発動機が開発した直列4気筒、DOHC、1600ccの4A-Gエンジンを搭載する。
4A-Gエンジンは当時アイドリングからレッドゾーンまでの到達時間が最速だった。
そのため、とても吹けがよくスポーティーな感じに仕上がっている。
このエンジンの祖先にあたるエンジンはダルマセリカやTE27に搭載せれてた2T-Gエンジンなのだが、2T-Gのモデルはあのトヨタ2000GTに搭載されていたエンジンだ。
良くないわけがない。

ボディは2ドアセダンと3ドアハッチバックが用意された。
ボディカラーはブラックリミテッドを除き、黒と他の色のツートンカラーだ。
車両重量は950kgと軽くできている。

軽さを生かし、AE86はモータースポーツでも活躍した。
サーキットでは空力に優れ、空気抵抗の少なさで最高速が延びた3ドアハッチバックのトレノで、土屋圭一選手が富士のフレッシュマンレースに参戦し優勝している。
ラリーでは強度がある2ドアセダンが走っていた。

最近ではD1などのドリフト競技でも活躍している。
なぜ、30年以上前の車が活躍しているのか?
理由は軽さとアフターパーツの豊富さだ。
ドリフト競技での追走では機敏さがもとめるため、軽い車体が有利だ。
それに、ドリフトはクラッシュが多いため、アフターパーツが豊富なことで直しやすい。
チューンナップも簡単だ。

そのため、当時は若者が峠をドリフトし駆け抜けていった。




帰ってきて、

「今や手頃な値段のライトウェイトスポーツカーはロードスターぐらいだな。
スポーツカー文化は復活するのかねぇ」

なんて話しかけながら鍵をしめた。

「一台の車から」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「文学」の人気作品

コメント

コメントを書く