話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

一台の車から

Restive Horse

6.ロータリーよ永遠に(マツダ コスモスポーツ)

 後ろからロータリーサウンドが聞こえてきた。
雨の日の夜のことだ。
いつも通りの帰り道だが、2cvを納車してはじめての雨だ。
ポツンポツンと雫が幌にあたり、窓をしめた車内に響く。
大きな道に出ると、他の車の水しぶきを大きく浴びた。
これだけは小さな車の宿命だ。
しかし、FFレイアウトと重ステのおかげで直進安定性はとてもよかった。




そんなとき、その車は2ローター10Aの快音を響かせながら、2cvを追い越していった。
マツダ、コスモスポーツだ。
日本で、いや世界で初めてちゃんとしたロータリーエンジンを初めて搭載した車だ。
ロータリーサウンドを響かしながら宇宙船のような白いボディをまっすぐに加速させて闇夜に消えてった。



 
マツダ、コスモスポーツ。マツダが社運をかけて1964年に発売した初のロータリーエンジン車だ。

元々ロータリーエンジンを開発したのはドイツのヴァンケルさんで、このエンジンの正式名はヴァンケル・ロータリー・ピストンエンジンという。
ヴァンケルさんは「上下運動から円運動に変えるのは効率が悪い」といってロータリーハウジングという楕円形みたいな形の中でローターという三角形みたいなものを回して駆動するエンジンを開発した。
それがロータリーエンジンである。

三角形の一辺で吸気を行い、その間にもう一辺は燃焼を行い、残った一辺は排気を行う。結果、一回転で吸気、燃焼、排気を行うのだ。
他の車によく搭載されている4サイクルエンジンは二回転で吸気、圧縮、燃焼、膨張、排気を行う。
そのため、ロータリーエンジンは4サイクルエンジンと比べると2倍以上のパワーがでるわけだ。
それに、排ガス規制が厳しくなる中、綺麗に燃焼できることもあって、研究開発がとても盛んだった。

しかし、耐久性が悪く「悪魔の爪」と呼ばれる傷がついたり、圧縮が漏れるなどの問題もあった。

そんなエンジンを実用化しようとドイツのNSU社が研究を始めるが断念。
NSU社はマツダなどな他メーカーに研究開発の権利を売ってしまった。
しかし、他メーカーも断念。
結局ロータリーエンジンの実用化することができたのはマツダだけだった。

その後、排ガス規制がさらに厳しくなり、ロータリーエンジンに注目するメーカーが増えたが特許はすべてマツダが持っていたため、他のメーカーは追従することができずロータリーエンジンを搭載する自動車を生産するのは一社のみとなった。

コスモスポーツはコンセプトカーだったため、価格はスーパーカー並みだった。
そのため生産台数がとても少なく希少車となっている。




 僕は自宅の駐車場に2cvを納め、錆びを防止するため、乾いたタオルで雨水を拭いてやった。

「ロータリーエンジンは日本の誇りだな。
もう一度ロータリーエンジン車でないかな。」

なんて話しかけながら、鍵をしめた。

「一台の車から」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「文学」の人気作品

コメント

コメントを書く