地味系男子は転生して人気騎士になってしまったこと

ノベルバユーザー242375

記憶を辿れば辿るほど……

俺はいつも通り生きていて、それはとてもつまらなくて憂鬱な毎日と思う人は思うだろうが実際そんなに後悔はしていない。
面倒臭くないし一人の方が気楽。
声をかけてくる女子は少しいてそれでも回避するのが辛いくらいだ。

しかし、この俺にとって幸せだった日々は
崩壊した。突然な頭痛で倒れてしまった俺は保健室に運ばれたはずだった。一向に目を覚まさないでそのまま眠ったままと聞いた。
一日目は目も覚まさず一度も動いてない
二日目は昨日と一緒だった
三日目はだんだん、息が保てなくなる
四日目は辛くて死にたいと思う
五日目に目が覚めた時は驚いた。息もしっかり吸えていてなんだか清々しいと思った。
周りを見渡せば真っ白な世界で
遠くにはドアの前に立つ女の子がいてそれを無意識に追っかけてしまう。

その真っ白な世界、お分かり
いただけただろうか?
そう、俺は他界したはずだったのに?

そして追っかけていて女の子が扉に入った時俺まで飲み込まれてしまった。
もう死んだんだ。
これが皆死ぬ時に味わう感覚と思っていてはずなのに俺はまた瞼を開けてしまう。

「隊長生きていますか」
「隊長が亡くなったら……わたしっ」
「ん……?」
「たっ!、隊長!?」

何故か泣きながら微笑む二次元のような男女こんなことになるのは予想外。
記憶を辿れば俺は騎士だった、優秀で皆に歓迎されるそんな騎士。顔立ちも良くスタイルだってよかったっけ…………?
目立たなくて孤独な毎日……。
記憶がこんがらがって何もかもが共通しない

俺という存在は、誰からも頼られる信頼度が高く隊長を務めている男。
眼鏡をかけていて冴えなくて運動も何もかもができなくて人との交流を拒む……男?

あーっ!!!
なんだ、この記憶は、成り立たない!

なぜだ!?俺は隊長であって、皆から頼られてなんでも出来るんだよな!?
しかしどうして人との交流を
拒むんだ! 

どうしてだ!?教えてくれよっ……

目から零れる涙に皆は驚く。

「隊長……?どうされました!」
「俺は、俺はなんだ?何者だ?」
「どうされたんですか、隊長」
「もう……わかんないよ。」
「隊長?目が覚めてからそんなに経っていませんあの時に私を庇って頭を打ってしまった為もしかしたら記憶を失っているのかもしれません、私はフレーシアと申します」

整っている顔にすっとした背筋
薄紫の髪の毛はロングでとても綺麗。
彼女も、騎士なのだろうか
美しい剣を磨いていて存在感がとてもある。

「あたしは、ミッシェル」

元気で笑顔が眩しいくらい素敵だ。
瞳の色が緑と紫のオッドアイで少しツリ目な感じがとても綺麗だった。
魔法使いのような服装をしている。

隣の目つきの悪い男は、完璧だった。
赤髪の綺麗なメッシュの入っている男、前髪の黒いメッシュがとっても目立つ。
服装は俺と同じような服装で背筋も綺麗。
無口でクールが伝わる男だった。
彼の名前が思い出せない、何でだろうな。

そして隊長と呼ばれる俺のネームはなんだ?

「地味系男子は転生して人気騎士になってしまったこと」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く