神殺しと神の使い

つちひりょう

プロローグ

何事も壊れるのはあっという間だ。俺はそれを今この瞬間に感じた。
目の前で自分の大切なものが壊されていく。友人、家族、最愛の人までもが壊され、消えていく。
風音かざね…風音」
俺は腕の中で冷たくなってゆく少女の名前をただ呟くことしか出来ずにいた。
「なんで、なんで風音が死ななきゃならない、死ぬべき奴なんて他にもいるだろう!」
俺は叫んだ。叫ぶことしか出来なかった。
けれど叫んだところで風音は生き返ることはない。

「その少女を救いたいですか?」
突然、美しい声が俺に問いかけてきた。
驚いて声の方に振り向くとそこには、白と黒に見を包んだ女性がいた。
「誰だ…」
「その少女を救いですか?」
女性は俺に聞いてきた。
「救いたい、風音が生き返るなら俺はなんだってする」
「わかりました、では私と契約しましょう」
「契約…?」
すると目の前に盃のようなものが現れた。
「それを飲みなさい、そうすれば貴方は私の力を授かることができます」
盃の中には白く濁った液体が入っていた。
「私は無と有、生と死すら操るこができる」
「じゃあ、風音を生き返るのか」
「勿論、ただし一つ条件があります」

「…わかった、その代わり風音には言うな」
「うふふ、偉い子ですね」
「このペテン師が…」
そういって俺は盃を飲んだ。

「神殺しと神の使い」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く