巫探偵事務所へようこそ

よしつぶ

議会と十騎士

光が止んだ―そう思った時、まるで見覚えの無い円卓状の机に椅子が十脚並んだ部屋の中央にあるガラスの箱?のような場所に居た

「な、何これ、、、叔父さんは?」

「急に呼び出してすまないね」

慌てている私に対して十脚有る椅子の一つに座っている茶髪でちょび髭が目立つ優男が微笑みながら言った

「とりあえず話を始める前に"僕ら"十人について知って貰わなければね」

そう言われて目が慣れてきて周りを見るとそれぞれの席に人が座っていた…そしてその中には叔父の姿もあった

「まず僕からだね
第一席を務めさせている、[太陽]朝倉 陽輝だ。次に君から見て私の右に座っている彼女は第二席 [禁忌]   ・ウィ・アリシュリア 皆ルーと読んでいるよ。ファーストネーム自体は色々あって言えないが彼女からの希望でルーと読んでいる。君もそうするといい」

「よろしくね!お姉ちゃん!!」

そう言って、朝倉さん?の隣にいるルーと呼ばれる金髪でとても長く綺麗な髪をした10歳満たないほどの女の子が笑顔で挨拶をしてくれた
あの朝倉って人の隣だと犯罪にしか見えな、、、やめておこう、あまりにも失礼だもんねっと考えていると後ろの方で叔父が少し笑っていた

「では次に第三席[雷王]神楽木 透

「、、、」

先程のルーちゃんとは違い今度は20代中盤位の顔に大きな傷が目立つ人だった、そしてこちらを何故か睨んでいてとても怖い、、、

「君の伯父に当たりそして第十席の兄に当たる第四席[鉄槌]巫 京也君だ。血の繋がりもあるのだ話してみるといい」

「チッ、、、お前があいつの娘か、、、」

そう言って私の伯父だという人は何やら大きな箱をからっていて、私をジロジロ見ていた。髪はボサボサで少し服装もズボラっぽさが出ている。そしてやはりイケメンだ、、、

「次に第五―」

「大丈夫ですよ。一席、自己紹介ぐらいできますよ。」

と、目を瞑ったままの彼は言った。

「第五席に当たります、[風帝]を名乗らせていただいている。竹光 茂だよ。以後お見知り置きを」

「彼は失明なさっていてね…君も何かと気をつけて頂きたい」

朝倉さんの補足で目を瞑っていることに納得した。そして朝倉さんは続けて

「で、彼女が第六席[機構]n a n a(ナナ)だ。基本無口ではあるがとても優しい子だから仲良くしてやってくれ」

n a n aと呼ばれたその子はコクリと小さく頷いた

「そしてだ―」

「第七席こと[剛決]蔵馬 源治だ!!!」

そして、また4、50代のおじさんがだっはっはと笑いながら朝倉さんの説明を遮り言った

「第八席こと[魔女]黒波 真琴 23歳!仲良くね〜」

そんな蔵馬さんのことをほっといて若い女の人が元気溌剌という感じの挨拶をした

「第九席[戦鳥]紅 朱陸だ」

そして、落ち着いた頃に同年代のような見た目の男の子が名乗り、まさに水を得た魚のように叔父が

「第十席[変異]巫 京次郎だ。ここに居るみんなは十騎士と呼ばれこの国の裏側について議論し悪しきを粛清するんだ。あと気づいているとは思うがこの席次は一からの腕っぷしで順位のように割与えられているんだよ」

つまりこの中で叔父が1番弱いのか、、、というか人当たりの良さそうなちょび髭おじさんやいわゆるロリと呼ばれる存在であろうルーちゃんが1番2番で強いなんて信じられない、、、

「さて、自己紹介も終わったことだし…
本題に入ろうか」


「巫探偵事務所へようこそ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く