巫探偵事務所へようこそ

よしつぶ

プロローグ

私は、何の変わり映えもしない普通の人生を送ってきた。特段、貧乏だったり金持ちだったりでも無ければ親が早くに死んで孤独だとか、そんな物語の登場人物のような人生は歩んで来なかった。両親にも他の家庭と同じかそれ以上に愛情を注いで貰ったし、たいして仲が悪かった訳でも無かった。
私は、
巫 京華かんなぎ きょうか
まぁ確かに苗字は珍しい方だと思う。そこは認める。
17歳 高校二年生
勿論名前の通り女だ。いわゆるJKというやつだ。
本当に、今まで普通に暮らしてた、お父さんとお母さんと3人でよくある家族の形だった、、、
そう、突然両親が亡くなるまでは、、、

「巫探偵事務所へようこそ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く