話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

覚えた魔法は異世界召喚魔法!?

もぐら

85話 目標達成?

85話

 ダンジョンは崩れた。その中に1つの空間が作られてあった。

「ルシファー様どうする?」

「どうとは何だ?マリウス。今やお前も私の敵だぞ」

「悲しいこと言わないでよ。悪魔はもう少ししか残ってないんだよ」

「貴様がそれを言うか。貴様が大勢の仲間を食ったのだろ?」

「そうだよ、みんな僕と一体になったんだ。もうこれで別れることはないよ」

「狂ってる」

「狂ってはないよ。でも、ルシファー様なら悪魔はまた復活させることができるんでしょ?」

「復活ではない!コピーした者を出すだけだ。それに意識はないただの操り人形だ」

「ルシファー様は仲間思いだもんね。仲間をそんなふうに使うのは嫌か」

「貴様、何を企んでる?」

「この世界をやり直すんだ。みんなが僕のことを知ってるような素晴らしい世界にそのために兵力が欲しいんだ。ルシファー様を取り込めばその力は僕の物だ」

「やはり狂ってる。私もう抵抗せん。抵抗したところで貴様にはもう勝てるとは思っておらん」

「はぁ最高だよ。ルシファー様。僕も遠慮はしないね」



 俺たちは地上に転移してきた。全員無事に転移できたのだろうか?
アルベイト、戸村、ナノ
タリア、夢
沙知、内田、ナーラ、俺

 9人全員転移できたようだ。
 戸村健二が口を開いた。

「アルベイト、大丈夫か?」

「あぁ、しかし厄介な敵が現れたな」

「お前でも苦戦するのか」

「あの状態でだ。さらにルシファーを取り込んだら勝てる見込みは薄くなる」

「厄介だな。ていうかアルベイトお前まだそのキャラ続けてたんだな」

「静かにしてろ、このキャラで部下までできたんだ。あとにひけなくなったんだ。」

「ふっ、世界最強が人付き合いで苦戦してんのかよ」

 タリアと夢は2人で倒れ込んでいた。

「なんとか......勝てたんですかね?最後の方は何もしてませんでしたけど」

「もちろんです!買ったんです。姉弟子のおかげです」

「姉弟子...まいっか」

 沙知は再度俺に抱きついてきた。

「良かった。本当に良かった!あれからどうしてたの?クラスのみんなとは会えた?」

「そのことなんだがついて来てくれ。この魔法陣の先で全部話そう」

「気になっていたんだけどこの魔法陣どこに繋がっているの?」

「入ればわかるさ」

 とりあえず、全員で俺の魔法陣の中に入った。

「「白い部屋?」」

 夢と沙知はますます分からなくなっているようだ。しかし、戸村さんは反応した。

「なんで、ここに繋がるんだ!?」

「お父さんもやっぱり鏡さん達の世界から来たんだね」

「なんで...でも、女神が違わないか?」

「それはさっき我が通過したときも思った。何故こんなに縮んでしまったんだ」

「縮んでおらんわ!!お主らの知ってる女神と担当が変わったんじゃ」

「じゃあ、前の女神様は?」

「現状は会えんの」

 アルベイトと戸村さんは少し寂しそう顔をしていた。気持ちは痛いほど分かる。

「とりあえずここで立ち止まるのもあれだしあっちの世界に行くぞ」

 魔法陣から抜けると見慣れた懐かしい教室にでた。

「一夜くん、ここって」

「改めてお帰り沙知」


続く

「覚えた魔法は異世界召喚魔法!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く