話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

覚えた魔法は異世界召喚魔法!?

もぐら

41話 山脈の先

41話

俺とタリアとナノは魔法陣をくぐって女神のいるところに来た。

「あれ?アル君とかはどうしたの?」

「あいつらは訳あってあっちに置いてきた。また、近いうちにでも連れてくるわ」

「まぁ、それはいいんだけどタリアちゃんの他にちっちゃな女の子も仲間に連れ込んだの?」

「連れ込んだとか言うなよ。ナノは保護したようなものだ」

「ふーん、っそ」

「そってお前から聞いてきたんだろ........まぁいいわじゃあな女神」

「はいはい、タリアちゃんもまた遊びにおいで」

「.........あ、アルベイトに大事なこと聞くの忘れた」

「大事ことですか?」

「ああ、アルベイトがダンジョンにテレポートを設置したということはどこに誰が飛ばされてるか分かると思ってな」

「!そうですね!そしたら私の父や鏡さんの探し人が見つかるかもしれませんね」

俺とタリアが話しているといつものやる気がなさそうな声で女神が割り込んできた。

「アル君は分からないわよ。アル君の能力で設置したトラップはいつ誰がどこへ飛ばされたとか分からないわよ」

「そうか、じゃあまたタリーエ王国を目指すか」

「王様に会えるなのー」

「そうですね」

俺たちは女神に別れを告げて異世界の方に戻ってきた。

「そういえば、鏡さんこの先どうやって進むんですか?先に進んでも地下に降りるだけですよ」

「甘いなタリア、ここはベヒモス君に任せようじゃないか。ナノ頼む」

「わかったなの」

タリアは大きな魔法陣を展開させるとそこから先ほどのベヒモスを呼び出した。ベヒモスは俺たちが山脈を抜けたいのを察したらしく壁を壊しながらまっすぐ突き進んだ。そこから外の光が見えた。

「やっぱり太陽の光を見ると安心しますよね」

「まぁな、明るい内に少し進んでみるか」

俺達が少し歩くと村が見えてきた。なにやら村の中が騒がしかった。

「天女様どうかお納め下さいませ」

「こちらの品もどうぞ」

「皆の者!ありったけ持ってこい」

村人が集まっている中心を見ると一人の女の子が目に涙を浮かべて料理を食べていた。

「もういいですってば、もう食べられません」

俺は村人を押しのけて女の子の前まで行った。

「.....何やってんだ?桜田?」

桜田は俺を見た瞬間喜びに溢れた顔で飛びついてきた。

「良かったやっと知ってる人に会えた!二夜くん!」

「桜田、俺は一夜だ。鏡一夜だ」

「知り合い何ですか?鏡さん?」

「こいつも俺達と一緒にこの世界に来たやつだ」


桜田 唯
レベル 68
属性 闇
固有職 捕食の支配者

続く

「覚えた魔法は異世界召喚魔法!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く