話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

覚えた魔法は異世界召喚魔法!?

もぐら

8話 下層

8話

辺りは、暗闇で包まれていた。どのくらい気を失っていたのだろう太陽の光も届かないこの場所で分かるはずもなかった。沙知のおかげで軽いかすり傷程度で済んで良かった、チート能力は伊達じゃない。まわりには、意識を取り戻し始めたクラスの皆がいた。ほとんどの者が状況を理解していなかった。

「何が起きたんだ...」

「この、暗闇じゃ何も分からん」

すると、暗闇の奥から光が近づいてきた。

「皆、気づいたか。無事で良かった。宮野が目覚めたら感謝しなくてはな」

そこには、明かりを持ったタジール隊長がいた。どうやら、万が一に備えて持ってきた明かりでこの先を調べていたらしい。その後クラス全員が目を覚ますと今起きていることを事細かに説明した。何故か、宮野はほとんどの者から謝られた。自分が放った魔法で地面が崩れたと思っているのだろう誰に謝ればいいか分からず宮野に何回も謝っている者もいた。一区切りつくと榊達3人組が話し始めた。

「何も分からない場所で迂闊に動くのは危ない。一旦ここで体制を立て直そう。」

「この暗い中ではぐれたらまじでやばいしな」

タジールも含め皆、異論は無かった。そして、俺達は今自分が持っているものを確認したり気分を落ち着かせたりしていた。

「沙知ありがとな、皆危機一髪だった」

「へへ、一夜は感謝してくれるんだ。謝られるよりこっちの方が全然いいな」

「俺も魔法が使えればこんなことにはならなかったのかな。」

「一人でどうにか出来ることじゃないよ、私も一夜がいなかったら魔法で皆を助けようと考えられなかったんだから」

「そうか」

沙知との何気ない会話をしているその時だった!

ガギャーーー

暗闇の奥から今までに聞いたことのない鳴き声がした。タジールは顔色を変えて必死に叫んだ。

「逃げろーー!」

休んでいたクラスメイト達は、タジールの顔色を見て本当にやばいモンスターがくるのだと理解した。皆は、鳴き声とは反対方向に全力で駆け出した。

「沙知!早く行くぞ」

「うん」

まだモンスターは見えていないが鳴き声は次第に近づいてきている。横ではタジールがブツブツと何か言っていた。

「何故あいつらがいる。まさかそこまで下に落ちたのか」

どうやら、思っていた以上に事態は深刻らしい。タジールの近くにいたクラスメイトの一人が尋ねた。

「何が追いかけてきてるんですか!?」

「ダールヤバというモンスターだ。レベルは、40前後で集団で襲ってくる。今のお前達では技術的に倒すことは無理だ。」

「なんでそんなモンスターが上層にいるんですか!?」

タジールは、答えにくそうに答えた。

「....違う.....ここは..人類が行ける最も深い場所だ」

タジールに質問したクラスメイトは黙って逃げ足を速めた。それから、10分近く走り続けた。まだ、後ろから鳴き声が聞こえる。クラスの皆は体力の限界がきていた。もちろん、自分も例外ではない。朦朧とする視界の中見えたのは先導を走ってる榊達とその前で僅かに歪んでる空間だった。

続く

「覚えた魔法は異世界召喚魔法!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く