話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

自由部・ふりーだむなへや

ノベルバユーザー242185

遭遇日記 (2


                                  1

 今日から高校生活が始まる。

電車に乗り、時間どうり乗り換え、最寄駅から学校まで歩いた。

 


                                2

 学校に着いた。

が、入学式のムードじゃない気がする。

ここは、私立高なので、僕のイメージでは、「入学式」と書かれた看板を始めとする、華やかな校門が出迎えてくれる感じであったが、これはどう見たってそうじゃない。

   普通の登校日という印象を受ける。

今日は間違いなく、4月1日のはず。

朝からカレンダーを見た記憶はないけれど、今日が4月1なことぐらいわかっている。

 だけれど、皆、普通に下駄箱のようなところまで行く。

体育館に集合して、資料とともに座席をしていされ、入学式を開始。

これが配られている資料に書かれていた予定。

なんで誰も体育館に向かわな…

「そりゃ、今日が入学式の日じゃないからだよ。」




                                  3


 「えっ、それって。」

「ん、いやだから、今日はもう学校が始まってから一週間経った、4月9日だよ。」



 入学式は日曜日、だから、1日飛ばして今日は月曜日。

 そう、伝えられた。


「いやいや…百歩譲って1日間違えてた…ならわかりますが、一週間と1日は流石に間違えませんよ?。」


 もしかしたら先輩かもしれない。


 「ん、いや、同級生。僕も一年。」

 
 あれっ、さっきから心読まれてる?


「いや、テキトーに言ってるだけ。そんなことできるわけないじゃん。」


「それにしてはよく当たるね。」


「おっ、当たってた?。」


何者だろうこの同級生



「君のクラスは1年4組。今からなら職員室に行って取り合ってもらった方が楽かな。」


「う…ん。分かった。」


 とりあえず行ってみよう。今できることはそれしかない。


「あ、それと、電車の事なんだけど、あまりみんなに話さない方がいいよ。」


「?、電車?。」


「………あっ、そんなことより、早く職員室に行っておきなよ。下駄箱から右にあるからさ。」


「靴はどこに置けばいいの?。」


「うーん。左側の靴ロッカーが職員、来客用になってるから、そこからテキトーに。」


「わかったよ、ありがとう。」


「あっ、ちょい。」


「んっ?。」


 振り返る。すると、後ろから来ていたはずの登校している生徒達が1人もいなくなっていて、彼だけがそこにいた。


「一年後。部活は自由部。次に僕にあった時は、久しぶりだね、優。と、言ってくれないかな。あ、これ、忘れないようにメモっといてね。」


「次にあった時に、久しぶり。優君。でいいのかな。」


「ん、そう。カナタ君。じゃあ、また会おう。」


 なんで名前を知っているんだろう。まあ、彼が優という名前だということを知れたので、別に問題ないんだけど。


                                   4


 前を見る。入学式。長ったらしい校長の話を聞いていたせいで、寝てしまっていたみたいだ。

ふと、膝を見ると、手にペンと、メモがある。

そこには、記憶に新しいことが記してある。


不思議な夢…だったのかな。


そういえば、夢らしく、起床してから、登校するまでの間が記憶にない。


だけれど、あの会話だけは覚えてる。




一年後…?


同じ学年なんだから、これが終わった後にでも、いるかどうか確かめてみよう。


そう思って名簿を見て見たけれど、優という名前の男子は一年生にはいなかった。

「自由部・ふりーだむなへや」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く