話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

自由部・ふりーだむなへや

ノベルバユーザー242185

遭遇日記 (1


                                  1


  夢を見た、中学三年の後半から今にかけて、夢なんか一度も見た記憶がないのに。


  でもその夢は、すぐに忘れた。

  思い出すまでは。



                                   2

   

   電車に乗る。

   今日は入学式だ。

自転車でいけないことはないけれど、初日から事故にあったりはしたくない。

家から徒歩五分のところにあるから、電車に乗る。

途中、一度乗り換えるが、そんなに長くはなかった筈だ。

                                   3 

 
電車はかなり混んでいた。

事前登校でも同じ時間に乗ったのだけれど、コレほど混んではいなかった。


「…あれ?。」


 ………………見覚えがある…?

この電車の、この光景に?



この電車に乗ったのは、今日を数えなければ、事前登校の二回だけ。

 受験会場は学校とは別の場所で、その時は自転車で向かった。


…?


 いや、試験会場は学校であった。

 …自転車で向かった筈ー。



入学式、そう、今日に限って事故を恐れて、入試で自転車に乗る…あれ



電車に乗ったのかな



そう、考えているうちに、乗り換えるべき駅で降りるのを忘れてしまった。



とはいえ、家を早めに出ていたので、一駅分引き返して、乗り換えの電車を待ったとしても、入学式には間に合う。


  調べても仕方がないのだけれど、何となく、引き返す電車と乗り換える電車の到着時刻を確認した。



                                   4


   一駅引き返し、さっき降りる筈だった駅にて、乗り換えの電車に無事、たどり着いた。


  電車の混み具合にはえげつないものを感じた。先ほどの倍はある。


自分の後ろに並んでいる人が強引に電車へと駆け出したので、それに押される形で乗車した。
  
  

異常なほどに混んでいる。



いくら何でも混みすぎだ。





電車は、重い足取りで速度を上げていく。



速度を…ーーー。



   速い


速すぎる。


身動きが取れず、外を確認することができない状態ではあるが、はっきりとわかる。


こんな速度で……

「…あっ。」


そうだ、その夢は、電車が脱線する夢だったんだ。


入試のときは、その夢を覚えていたから、朝早くからわざわざ自転車で行ったんだ。
  



                                   5



    夢を見た、中学三年の後半から今にかけて、夢なんか一度も見た記憶がないのに。





「そんなことはなかったろ?夢なんか見る筈が無いんだから。」


「…最後の希望は、夢を見れないんだよ?。」



  夢だ、そう、これはきっと夢なんだ。


1度目を開けた僕は、そっと目を閉じ、もう一度眠りについた。

                

「自由部・ふりーだむなへや」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く