ハルハリコ

ウミネコ

ハルと俺

カフェでのんびりとコーヒ飲んでるとハルさんが工房での仕事終えてなのかカフェスペースに来ていた。

すかさずハルさんに声かけた。

「こんにちは高石さん、どうしました?」
「ハルさんクッキー追加で注文お願いします!あとこのゲーム知ってます?」
そういうとハルさんは花咲いたように笑顔なった。
「あ、やってますよ!」
「おー、今度遊びませんか?」
今度・・ね!」にっこり微笑んでキャラクターの名前を教えてくれた。
「シムラって名前でしてるわ」

そりゃなんとなく納得というか…驚きもあったけども嬉しかった。
そして何より…アバターと本当瓜二つの顔さしていて綺麗な人なのは変わりなかった。
「今度探してみますね!」
なんだろう咄嗟に知らない感じで嘘ついてしまった。

20歳で今高校三年生なのだ。
ゲームの世界で俺…18歳ということにしてる。
シムである彼女は受け入れてくれるとは思うけど…気まずくて逃げたかった。
今年…今年ちゃんと卒業して仕事しよう…
きちんとやっていこうかな…

ハルさんと話してて胸の内にそう思った。




次回から二章、書き溜めてから公開してく予定。
お楽しみに。

「ハルハリコ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く