♯影冤の人〜僕は過去で未来のキミと、二度出逢う〜

道楽もん

傀儡女編 凶行の行く末


 ヒロキと宗近が守り刀を打ち始めて丸二日が経つ。

 陽が高く昇る頃。工房の外に響き渡っていた、始めはリズムの悪かった槌打つ音も徐々に変化していた。

「……ウラァァッ」


 ーーカァンッーーカァンッーーカァンッ


 ヒロキは上半身裸になり、ほとばしる汗も構わず大槌で打ち込み続けている。

「良いぞ、その調子だ……」

 宗近も大汗をかき、疲労の色が濃く現れている。しかし、その目にはまだ力がある様に見える。再びかまどの中に戻す前に、刀身を眺めながらうなずく宗近。

「ヒロキ、大槌はもういいだろう。これから火造りに入る。少し休んでもいいぞ」

「……そっすか……お言葉に甘えて……」

 ヒロキは肩で息をしながら、ふらつく足取りで工房の外へと出る。井戸へと向かう途中、その側に人影を見て立ち止まる。

「ムネノリさん……」

「おう、ヒロキ。お疲れ。まあ、水飲め」

 井戸の側にはヒロキの兄弟子の一人であるムネノリがいた。ヨシイエの実の弟ながら気性は穏やかで、歳の近いヒロキも度々世話になっている。

「すいません……ありがとうございます」

「いやぁ、一時はどうなるかと思ったけど……何とかやり切ったな、ヒロキ」

「……まだ、終わってないっすよ。火造り、焼き入れと残ってます」

「分かってるよ。俺は褒めてんだぜ」

 ゴクゴクと美味そうに水を飲み干すヒロキに、ムネノリは嬉しそうに話しかける。

「ヨシイエ兄さんを筆頭に、ほとんどの弟子はお前が失敗すると踏んでたからな。見事、前評判を覆したってわけだ」

「まあ、そうですよね。自分でも、こんなに上手くいくとは思ってなかったですよ」

「すごいな……才能のある奴は……俺なんか腕力が無いから、未だに雑用ばかり押し付けられてよ」

 愚痴り始めたムネノリに対して、ヒロキは苦笑いで返す。

「……ああ、悪い。休憩中に」

「……いえ」

 丁度その時、遠くからヒロキを呼ぶ声が聞こえてくる。

「何処だ? ヒロキ……ああ、ここにいたか。師匠が呼んでるぞ」

「……わかりました、すぐ行きます」

 慌てて工房へ向かうヒロキの背中に、ムネノリは声をかける。

「ヒロキ。今回の件で、お前を見直した奴は沢山いるからな。頑張れよ」

「……ありがとうございます」

 笑顔になったヒロキは工房へと向かう。宗近は彼の表情を見てニヤリと笑う。

「……なんだ? 何か良いことでもあったのか? にやけおって……」

「えっ……にやけてますか? 」

「……まぁ良い。
 火造りと焼き入れはワシが行う。後学のために良く見ておけ」

「はい、勉強させてもらいます」

 そんなやりとりの中、ヒロキと宗近は鍛冶工程に集中し始める。


 丁度その頃。
 ヨシイエとその取り巻き二人は、焚き木と炭になる木材を取りに北の森へと来ていた。

「……クソっ……なんで俺がこんな事をしなければならぬ……」

 ヨシイエは忌々しそうに顔を歪めながら、なぎ倒された樹木にナタの刃を撃ち込んでいる。

「ヒロキめ……あんな若造の雑用をやらされるとは……これ以上も無い屈辱……」

「……でも、実際のところアイツヒロキ凄いですよ。見る間に上手くなっていきましたから……」

 取り巻きの一人がそう言い始めると、もう一人もそれに同調する様に口を開く。

「そうそう。あそこまでできる奴は、見たことないですよ。本格的に修行したら、どれだけ……」

「……ウルサイッ」

 ヨシイエの叱責に、取り巻き二人は口をつぐむ。

「お前らは悔しくないのか? このままだと、俺たちの立場はまるで無くなってしまう……今までの修行に費やした時間が、無駄になってしまうんだぞっ」

 憎らしげに吠えるヨシイエの姿に、取り巻き二人は顔を見合わせる。

「……それは、嫌ですけど……」

 困り顔の取り巻き二人に一瞥をくれると、ヨシイエは鼻息荒く山奥へと足を向ける。

「ヨシイエさん、まだ奥へ行くんですか? 」

「そろそろ帰らないと、陽が暮れてしまいますよ」

「ウルサイ……あんな奴の言いなりになるほど、俺は落ちぶれておらぬ」

「……指示は、師匠が……」

「それに、ここはこの間牛の化け物が通った道じゃないんですか? 呪われてしまいますよ……」

 取り巻きの一人が言った一言に、ヨシイエは振り返る。

「……なに? 」

「……そうだ……この先からヒロキが退治してくれた、あの馬鹿でかい牛の化け物がやって来たんだ」

「ヤバイですよ、またあんなのが出て来たらひとたまりもない……ヒロキは相槌打ってる最中ですし……帰りましょうヨシイエさん」

 怯え始めた取り巻き二人を、ヨシイエは冷ややかに眺める。

「……また、ヒロキ……」

 ヨシイエは、込み上げてくる感情を抑えきれなくなったようにわめき始める。

「……どいつもこいつも……ヒロキ、ヒロキと……アイツが一体どれほどの者だと言うんだっ」

「……ヨシイエ……さん? 」

「大方……あの牛の化け物も、ヒロキが自分で呼び出したに違いない」

 ヨシイエの突飛な発言に、取り巻き二人は顔を見合わせる。

「……ヒロキが……自分で? 」

「……そんな事して、誰が得をするんですか? 」

ヒロキしかおらぬ……よく考えろ、お前ら」

 取り巻き二人を睨みつけながらヨシイエは言葉を続ける。

「奴は妖魔を倒せる『オモイカネ』製の太刀を持っているんだぞ。自分で呼び出した妖魔に都を襲わせ、自分で退治すれば名声は欲しいままになる」

「……あっ、そうか」

「……でも、あいつがそこまでするかな……」

 持論を展開したヨシイエは、山奥を睨むように見つめながら、おもむろに歩き始める。

「……奴の化けの皮を剥がしてやる……」

 ヨシイエとその取り巻き二人は身を隠しやすい藪の中を、慎重に歩き始める。ヤブ蚊の襲撃に顔を歪めながら、鬼堂のある広場へと近づいて行く。

「この化け物が通った道に沿って行けば、必ずヒロキの悪事の証拠がある場所に出る。そんな気がする……」

「……もう、帰りましょうよ……ヨシイエさん。暗くなってきました」

「呪われるのは嫌だ……」

 頭を抱え始めた取り巻き二人を叱責しながら、ヨシイエは歩みを止めず進み続ける。
 やがて、鬼堂が口を開ける広場へと出る。辺りは陽が暮れ始め薄暗くなっていたが、広場に立てられたかがり火は、淡く周囲を照らしている。

「見ろ……こんな所にかがり火が立てられているぞ……俺の考えは間違っていない」

 嬉しそうにつぶやくヨシイエに、取り巻きの一人が広場を指差しながら声をかける。

「ヨシイエさん、あそこ……」

「……あれは……ヒロキの妹か? 何してるんだ? あいつ……」

 広場の中央、鬼堂の入り口前の地面の上に、後ろ手に縛られて転がされているコハルの姿が見える。起きてはいるようだがさるぐつわをかまされ、力無く横たわっている。

「ヒロキの手伝い……には、見えませんね」

「どちらかというと……イケニエ? まさか……」

「……シィッ……静かにしろ……誰か来る」

 鬼堂の奥から男女二人の人影が現れる。

「そろそろ時間ですわね……クサナギ様。
 逢魔が刻の訪れと共に依り代の命を断ち、憑依させる実験も大詰め……ついに、人を使った実験に着手しますわよ」

「うむ……依り代の心は絶望に満ちておるか? 」

「ええ……丸二日食事を与えていませんから。始めはだいぶうるさかったですが……」

 コモチとクサナギは寝転がるコハルを眺めながら、不気味に微笑んでいる。ヒロキそっくりのクサナギの顔を見たヨシイエ達は、口々に驚きの声を上げている。

「……やはり……あれは間違いなく……」

「……ヒロキだ……あいつ、こんなとこで何を……」

 ヨシイエはクサナギの顔を凝視している。その口元には歪んだ笑みが浮かんでいる。

「食事を与えぬだけで、この依り代は本当に絶望しているのか? コモチとやら……」

 クサナギはコモチの説明に訝しむ様な表情を見せる。

「え……ええ。この者は仕事でいつも私達と競合していまして、負ける度に飯が食えないと騒いでおりましたので……」

 その説明を聞き終わる前に、クサナギはコハルのさるぐつわを取り払う。

「女……今はどんな気分だ? 」

 さるぐつわが無くなったコハルは弱々しく頭を上げ、クサナギの顔を見る。

「あなた……クサナギさんでしょう? イザヨイさんの元に……帰ってあげて……」

「……我の問いに答えよ……」

「イザヨイさんは……きっと今もクサナギさんを待ち続けていますよ……お願い……」

 クサナギに対して必死に呼びかけを続けるコハルに、コモチは苛立ちを見せる。

「ええい……クサナギ様の問いに答えなさい」

 コモチはしゃがみこみコハルの頰を二、三度張っている間、クサナギは二人に背を向け空を見上げる。血の様に赫く染まりつつある事を確認すると、コモチに声をかける。

「そろそろ儀式を始めよ」

 クサナギに声をかけられたコモチは、鼻息荒く立ち上がるとコハルを尻目に鬼堂の入り口前に立つ。

「いけ好かないガキでしたが、最期くらいは私達の役に立ってもらいますわよ」

 捨てゼリフを言い終わると、コモチは目を閉じて詠唱を始める。不意に、辺りの雰囲気が変わり始める。

「……貴女達が何を企んでいたとしても……上手くいくはずない……ヒロキ様……」

 コハルは涙を流しながら、後ろ手に縛られた左手をぎゅっと握りしめる。

 かがり火が激しく揺らめき出すと同時に、それまで森の中でさえずっていた鳥の鳴き声が止む。

「クサナギ様……そろそろ依り代を……」

「うむ……」

 クサナギは長尺刀を鞘から抜き、二人の側へ近づいて行く。

「これ……ヤバイんと違いますか? ヨシイエさん……」

「逃げ……早く……逃げないと……」

「……シッ……静かにしろ……」

 ヨシイエ達も固唾を飲んで見守る中、クサナギは刀身を地面と平行にするや否や、一息に目標を貫く。

 その場の全員が息を飲む中、紅い雫が刀身を伝い地面にシミを作る。

「……な……何故……」

 絞り出す様な声にコハルは目を開けて恐る恐る見上げる。

 そこには、眉毛一つ動かす事なくコモチの胸を貫く、クサナギの姿があった。


「♯影冤の人〜僕は過去で未来のキミと、二度出逢う〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く