話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ただの自宅警備員の無課金勢ですけど?

ノベルバユーザー230430

お疲れ様パーリーをする(運営)

ここはとある企業のオフィスである。


「お前たち、遂に完成した!


これは、俺たちが自信を持って最高傑作と呼べるものだ。


しかし、創っただけで満足してしまってはダメだ!


満足するのは、これを継続し、多くの人にプレイしてもらい、そして、楽しんでもらってからだ。


これから様々な苦労があるかもしれないが、頑張っていこう!


かんぱーい!!!!!!!」


オフィスにはグラスの響く音が波のように広がっていった。


このあとすぐ、数多くの苦労をすることは知らなかった。


たった一人のプレイヤーによって・・・


その企業の社員や役員,社長から


そのプレイヤーは


天才ディザスター


そう呼ばれた。







「ただの自宅警備員の無課金勢ですけど?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く