話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

ただの自宅警備員の無課金勢ですけど?

ノベルバユーザー230430

自宅警備員の妄想

「次は種族を決めてください。
正面のタッチパネルにて、操作をお願いします。」


また頭の中に声が聞こえてきた。


本当にどうなってるんだろう?不思議である。


そいえば、種族って何があったけ?


えーっと・・・


人族,亜人族か・・・


なになに、亜人族は選択できなくてランダムなのか~


まあ、無難に人族でいいか。


これで全部決めることは終わったかな?


「これよりチュートリアルフィールドに転送します。その場で待機してください。」


ヨッシャ!やっとだぁ~!!!


どんな所なのかな?


やっぱラノベの異世界みたいな感じかな?


種族からして、ラノベぽかったしな~


楽しければ良いよね?






次第に光が強くなっていき、その白い空間には誰もいなくなっていた。


また、『New World』の世界に一人降り立った。









「ただの自宅警備員の無課金勢ですけど?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く