Crowd Die Game

織稚影願

軍師なる。そして、悲劇の始まり

やばい………
まじでやばい。
なんか最近の高校生みたいになってるけどやばい。
可愛いクウガがキスしてくれた………やばい。

とまぁ、そんな感傷に浸っていることは途中で止められるわけで。
何に止められたかと言うと………
「敵襲です!」
という訳だ。酷い話だ。
「敵襲ねぇ。敵の数は?方角、武器は?」
「5人、南東森の奥からです!武器は、銃が1人、剣が3人、槍が1人です!」
少数精鋭できたか………しかし数が少なすぎる。1ブロック3×21の63人(うちは62人)だから、普通なら10人……もしくは大隊を動かすだろう。小隊+1はあまりない。少数精鋭にしても、一小隊だが、それなら何故ひとり多いのかが不思議だ。
となれば、相手がただ単に馬鹿なのか………それとも4人が選抜隊で、ひとりは情報隊なのか……なにか意味があるかもしれないな。
「クレナイ含め二小隊で返り討ちにしろ。全方位を囲むようにして奇襲し、敵を一人たりとも逃すな。殺さなくてもいい、捕虜にするのもありだ。」
「はっ!」
伝令を告げてきた仲間は、俺からの指示を伝えにいった。
さて、俺は昨日のことを反芻はんすうして、また感傷に浸ると………いうわけにもいかなかった。
「ハーデス、家作るの手伝ってよ。何黄昏たそがれてんの?」
「というか、遊撃隊出したはいいけど、人手めっちゃ減ってるからね?8人も出さないでよ。」
盛大に文句を言われた。主にリューネに。酷い。
戦わんと負けるっちゅうんに……どないせぇと……。
「仕方ないだろ!?こんなところで負けるわけにも行かねぇし、人を減らすのも嫌だからさ!もしかしたら相手は全軍を内部に持ち込む手段があるかもしれないじゃん!それを避けるために遊撃隊を出したんだよ!」
「それは可能性でしょ?こっちら確実に、人手を出したら家できないよ?」
「可能性論が戦闘においては重要なんだよ………」
〇〇かもしれない……攻撃してくるかもしれない、召喚術を使うかもしれない……そういう考え方が勝利に導いたりするのだ。
呆れたようにリューネが首を振った。もちろん横に。
「まぁ、出したのはハーデスだし?その分手伝ってよ?」
リューネにそう言われ、俺はその後1時間ばかり……めちゃくちゃにこき使われた。主に20人分の仕事はしたと思う。

「あ、ねぇ、ハーデス。お風呂って、男子女子分けるの?それとも、時間制?」
作業中、ある女子に聞かれた。名前はなんだったかな……。
というか風呂か。しまった、全く考えてなかった……わけではないが、混浴にしようかと思っていた。
だって、混浴って……男のロマンでしょ?
だがまぁ、気付かれたら仕方が無い。
「んー、混浴でよくね?」
もう潔くいくだけだ!
しかしそれは上手くいくはずもなく。
「「は?」」
「あ、いや、すいません。冗談です。でも、混浴って男のロマンだと思うんですよね。男は混浴に入ることを叶えてこそ男だと言えると思うんですよね……」
「全国の混浴に入ったことがない男の人に謝れ!」
却下されてしまった。まぁ、当たり前か。
というかその前に威圧に負けてしまった。女子怖い。
「じょ、冗談だって………ちゃんと考えてあるよ。湯沸かし係も必要になるだろ?だから、男子が湯を沸かして、女子が入り、その後は、男子が入ってでる。その間、覗き行為等をした場合は処罰……まぁ、刑法第174条の公然猥褻とかに多分引っかかるだろうしね。」
一応そういうところは考えているのだ。混浴は真面目に思ってたけど。
「じゃあ、簡単に言うと時間制だよね?」
「え?あ、うん、多分?」
「なら最初からそう言って欲しかったかな………」
何か問題があっただろうか。
まぁ、お風呂の件に関しても解決したところで……作業に戻ろう。

「──ハーデス。」
「うぉわぁうぃ!?」
いきなり後ろから声をかけられ、驚きのあまりわけのわからないことを叫んだ。
後ろに立っていたのは、クレナイだった。
「命令……遊撃完了、捕虜を連れてきました。」
「あ、あぁ………ありがとう、お疲れ。」
どうやら仕事の報告に来たようだ。
しかし………何も後ろから話しかけなくてもなぁ………。

作業もひと段落ついたところで、さっき報告があった捕虜と会うことにした。
もちろん、抵抗される可能性もあるため、少しは武装していった。
「ここにいる」
クレナイが指した場所は、大きな土の山だった。
「……いや、なにこれ」
「牢。ここに閉じ込めておいた。」
「あ、そう………俺には山しか見えないよ………」
どうやらこの土の山の中は空洞で、そこに捕虜がいるらしい。
「お、おーい、聞こえるかー?」
俺は、無駄かもしれないとわかっていながら、大声で呼びかけた。
「ハーデス、多分聞こえない。入口付近じゃないと。」
「入口あるなら先に言ってくれない!?無いもんだと思って外から話そうとしてたよ!」
「聞かなかったから……」
俺が怒るように言うと、クレナイはしょぼくれた顔をして俯うつむいた。
あれ?これ俺が悪いの?
「あー、ごめん……?ととりあえず、入口に案内してくれない?」
「わかった。こっち。」
俺はクレナイに案内され、入口へと向かった。
牢の入口は……うん、なんとも形容しがたい………普通の牢であった、としか言いようがない。
土の柵と言うかなんというか………格子?
まぁ、そのようなものだと思ってくれればいい。要するに普通の牢屋だ。
「さて、こんにちは、捕虜くん。」
俺は煽るように、そして気兼ねなく話しかけた。
自分で言うのもなんだが、俺はフレンドリーシップには長けていると自負している。
「な、なんだよ。俺ら捕らえて何しようってんだよ!」
「まぁまぁ、そう邪険になるなよ。クレナイ、牢の入口開けて。」
「わかった。」
クレナイはそう返事すると入口を開けてくれた。
俺はその開いた入口から中に入り、閉めるように指示をした。
何がしたいのか……それは、誰にとっても愚問だった。
要は腹を割って話がしたいのだ。
誰もそのことに文句も言わないし、言及もしなかった。
「別に君を捕まえてどうしようってことはない。なに、俺はただ話をしたいだけさ。」
そう、話がしたいだけだった。
ただし、『なんの』話をするとは言ってないがな。
「話………してくれるよね?」
俺は威圧的に言った。もちろん、わざとだ。
そしてその甲斐かいはあった。
「………わかった。いいぜ、話をしよう。」
「……快い返事が聞けてよかったよ。」
俺とその男は互いに見合い………不敵に笑いあった。

「さて、話をするからには真実を語ってもらいたい。わかってるとは思うが、君は捕虜だ。つまり、あまり行き過ぎた発言や、行動はしない方がいい。」
「わかってる。ここには敵しかいねぇんだ、下手な事言ったら死ぬだろうしな。」
「……察しが良くて助かるよ。あと、真実を語ってくれたら、俺達ができる限りで、君たちの安全と自由を約束しよう。」
「あぁ。この場で嘘なんてつけねぇよ。それより、自由ってのは、あんたの領地内で、ということか?」
「そういうことだよ。悪いけど、返すことは出来ない。」
「まぁ、そうだろうな。」
俺達は1度場所を移し、人に聞かれにくい場所で尚且つ安全な所で話を始めた。
話というより尋問に近いが。
「まず最初の質問。君は誰の味方だい?出来ればリーダーの名前がいいな。」
「俺はクラン『トルスートイ』の仲間だ。リーダーはハルバート使いの『熊取屋ししや』っておっさんだ。」
案外すんなりと答えてくれるんだな。もうちょっとだし渋ってもいいはずなんだが………どうでもいいのか?
「ありがとう。じゃあ次、君はどういう命令を受けてこっちに来たんだい?」
「探索と、こっちに敵がいるのが分かったらしく、敵の殲滅を命令された。だけど、多分殲滅が主の目的じゃない。」
「というと?」
俺は彼の憶測の内容を聞いた。
恐らくだが、俺と同じ考えだ。
「情報だよ。あんたらもおかしいと思ったろ?普通なら一大隊っつって、16人で行く所を5人。少数精鋭ならまだしも、俺達はそんなんじゃねぇし、少数精鋭にしても、普通は一小隊だろ?」
「あぁ、そうだな。俺ならそう指示をする。」
「それなのに俺達は5人いた。5人目に訳があったんだよ。」
「……その訳ってのは、5人目が諜報員で、情報を盗むためか?」
「その通り。俺もそう聞かされたよ。」
やはりか。
この程度はまだ予測できた。だが。
「ただ、それだけじゃない。」
二つ目の意味があるのは想定外だった。そして、その理由も、奇しくも事実になってることが想定外過ぎた。
「あいつは、ただの諜報員じゃないんだ。一応、クランの中ではブレインの資格もある。」
ブレイン、とは、直訳すると脳だが、簡単に言えば、そのチームの中の参謀、つまり考えたりする作戦係だ。ブレインは欠けてはならない存在と言ってもいい。ちなみにうちのクランは俺がブレインだ。
「ブレインか。それなら潰しといてよか──」
「──ブレインと言っても、ただ単に判断する能力が高いだけだ。」
「………え?」
どういう事だろう。というより、何が言いたいのだろう。
「あいつには技がある。『口寄せの術』って知ってるか?」
「あぁ、それは知ってるが……」
と言うより、有名な技の一つとも言える。忍術と言われるが、しかしそんなことは実現不可能である。
いや、待てよ?確かメイジのマーリンが魔法を使えて……クレナイは……忍術を使えたはずだ………。
「──まさかっ!」
「そう、そのまさか。あいつは敵の能力を判断次第、本部の連中を口寄せする指示を受けてる。」
まさか。まさか……自分が言っていた『かもしれない』は当たっていたなんて!
「やっぱりかもしれないってやり方で正解だったか………」
「? 何の話だ?」
「いや、こっちの話だ。それより話の続きだ。実はそこまでは予想はしていた。だが、そうなるとおかしい事がある。」
「……おかしいこと?」
「それならなぜ今この場所に口寄せしない?」
ブレイン含めほかの4人は端に立っているものの、拘束はしていなかった。つまり今呼び出そうと思えば呼べるのだ。
「さぁ?勝てないと判断したんじゃないか?」
「それもおかしい。確かにほぼ全員がここにいたならそれはわかる。だが、この場所にいるのは俺を含め8人だ。いくら何でも15小隊を相手にするのは勝てないと判断するはずだ。それなのに呼ばないのはなぜだ?」
まぁ、呼ばれても勝てるが、それは実力を知ってる場合のみだ。
実力をみせたのはクレナイぐらいで、クレナイだけなら15小隊はいけないことは無いが少々無理がある。
普通なら呼ぶはずだが。
「そうか………まぁ、それはあるな。なぁ、マナト、どうしてだ?」
さっきまで話していた男は、おそらくブレインであろう男に話しかけた。
いや、普通は答えないよ……?
「あ、いや、実は僕、『トルスートイ』のリーダーがあまり好きじゃないと言いますか……」
「………え?」
なんで?
いや、なんだ好きじゃないの?もあるけど、一番はそこでなんで答えるの?
「その、僕、中性的な見た目と声をしているので、結構可愛がられたりするんですよ。女性に間違えられるのもしょっちゅうで………熊取屋さんもその1人で、僕にいつもいつも言い寄ってきてたんです。1回ピンチな時もありましたけど、その時は仲間がちょうど来てくれたので………」
oh......なんというか、悲しい事実。
しかしそれならば納得、嫌われるだろうし呼ばれない。
「じゃあ、次の質問だ。お前らは南東から来ていたが、南東にお前らの拠点があるのか?」
「ん?あー、そうだね。俺らまっすぐ来ただけだし。ってあれ、これ言って負けたら俺ら死ぬんかな?」
それは聞かれてもわからない。いや、フラッグ取られたら死なないのは知っているが……。
そういうことは、クウガ達か──時計うさぎに聞くしかない。
そこからの行動は早かった。
まず椅子から立ち上がり、手を口の前に当てた。
手でメガホンを作るようにして、そして息を吸い言った。
「おるぁあ時計うさぎぃぃい!こいやぁあ!お前のだぁい好きな男性プレイヤーさんが呼んでんぞぉぉお!」
「──何誤解を招くようなことを言い出すんですか貴方は!それにそんなこと一言も言った覚えありませんよ!?呼ぶなら普通に呼んでください!」
あれ、来ないかもと思ってたけど案外来るもんなんだ。
俺の叫びに呼応してまくし立てるようにツッコミをしたのは、やはり時計うさぎだった。
「やぁ、時計うさぎ」
「『やぁ』じゃありませんよ!?普通に時計うさぎ来てくれーって呼んでくれれば来ますよ!」
「え、お前意外と暇なの?じゃあ暇な時に呼ぼ。」
「辞めてください!それで、何の用なんですか?」
「案外常に見てたりするわけじゃないんだな。いや、実はさ………」
俺は、時計うさぎに先程までのことを話した。
「なるほど、そういうことでしたか。それならばご安心を、リーダーを殺す、や旗を取る、ではクランメンバーは死にません。死ぬのはプレイヤーによる死亡もしくはモンスターにやられてですね。」
「てことは、こいつらはここで待機させてたら死ぬ事は無いのか?」
「そうですね。というより、その場合は仲間ということになると思います。」
「え?増やせるの?仲間を?」
それならばめちゃくちゃ増やすが。
「まぁ、似たようなものと言いますか、『同盟』制度はありますので。」
なるほど、それならある意味味方は増えてくれる。
仲間達に以前聞いた話によると、その8割は『生きて帰れたらいい』だった。
つまり、そういう人たちと同盟を組み、俺達が先に進めたら。
利害の一致ということでそういうことも有り得なくもないのか。
「というか、そのためだけに私を呼んだんですか………」
時計うさぎは呆れたように溜息をつきながら言った。
「悪かったか?なんだ、もしかして忙しかったとか?」
でもさっき暇って言ってたような。
「いえ、そういう訳では無いのですが、このことを聞かれるために私は根も葉もない噂を広げられそうになってるんだな、と………」
どういう事だろう。と初めは思ったがすぐに分かった。
「あー、すまん。でもあれはしゃあねぇだろ、普段から来て欲しい時に来てくれねぇからよ。呼び出し方知らねぇんだよ。」
「普通は呼び出すことをあまりしませんけどね?」
「おうっ………!?」
時計うさぎは怒ったように言った。
流石に怒らせたのはまずいと思ったので、機嫌をとることにした。
「あ、そ、そうだ!ケーキあるんだった、食うか?」
「要りません。私は甘いものは苦手ですので」
「んじゃ煎餅?」
「そういう問題では……そもそもお菓子は要りません。」
「じゃあ茶の一杯ぐらい飲んでけ!」
「先程飲んできたのでいいです。」
何でそんなに拒否したがるの!?
「もういいですか?帰りたいんですけど。」
「え?あ、おう、ありがとう……?」
ってそうじゃねぇだろ俺ぇぇぇえ!
「では。もう呼ばないでくださいね。二度と呼ばないでください変態」
もうそれは目にも止まらぬ速さで去っていった。
あいつ最後毒吐いてきやがったぞ………。
「──ってことは。」
俺が頭を抱えていると、ソファで納得をしている声が聞こえた。
「俺たちゃ死なねぇってことだよな、ここにいたら。」
「うんなんか違う。死なないわけじゃないよ。俺たちでも勝てない相手とかだったら、間違いなくお前らも死ぬことになる。」
「あー、そうじゃなくて……」
「うん、ただお前らのクランメンバーや俺達のクランには殺されないと思ってくれていい。俺達は比較的安全にフラッグをとってくることにする。」
「……それならいいな…」
こうして俺達の話は終わった。
実際はもう少し話を聞いたりはしたが、取り立てて言うことでもない。
そして、彼らのクラン、『トルスートイ』の占領作戦は──明日に決行となった。

その夜、俺は“また”クウガのお風呂担当をしていた。
俺には昨日の恥ずかしさの余韻がまだ残っていたが、クウガは何も気にしていないかのように普通に風呂に入った。
いつもと違うのは、クウガが恥ずかしがって裸を隠すのを少しやめたところだ。
やはり昨日のアレは影響はしているのだろう。
「……なぁ、クウガ」
「………ん、なに?」
「お前ってさ………このゲームが始まる前は……何やってたんだ?」
「………そ……れは………」
クウガはそこで言葉を詰まらせた。
聞いてはいけない質問だっただろうか?
しばらく待ち、返答が来ないので俺は質問を撤回することにした。
「あ、あのさ、やっぱい─」
「──僕は前は普通の会社員だった。」
「…!?」
ふ……つうの……会社員!?
クウガはゲームのために作られたプログラムのようなものと思っていた。
だが………。
「それって……前までは俺たちみたいに普通の人間だったってことかよ……?」
「そういうことだよ。まぁ、あまり歳はとらなくなったけどね。僕はこう見えても26歳なんだよ?」
「…え!?もっと若いかと思ってた………」
見た目年齢は18ぐらいだし、体型は幼女体型というか……だし。
ん?というか待てよ?
あまり歳を取らなくなった?
これは数週間前に始まったばかりのデスゲームだろう?
何でそれなのに……歳が関係するんだ?
普通こんな世界で……1ヶ月程度で歳はとらないが………。
「まぁ、それでも今はどうでもいいことだけどね………でもそうだなぁ、今回ので、会社クビになりそうだなぁ………休みすぎたし……」
「……っ、………」
言葉が詰まってしまった。
本来ならここで何か言わなければならないのに。
クウガは哀愁が漂いだし、もはや黄昏ていた。
まだ………タイミングは逃してはいない。
ならば。
「………クウガっ……!」
「んー?」
「クビになっても、俺がお前を雇ってやる!いや、養ってやる!だから……その……」
俺は立ち上がり、必死に、叫ぶように言った。
それは一種の告白だろう。
愛の告白とは行かなくても、別種の告白にはなりかねない。
いや、なっていると言っても過言ではない。
その告白とは。
「だから、生き残って、一緒に……暮らそう!マーリンやクレナイ、リューネやナード、アレスやガランたちと一緒に……なんならふたりでも構わない!一緒に……暮らそう……!」
生き残るための、宣言とも言える告白だった。
そしてその告白は効いたのか、きょとんとしているクウガの顔がみるみる綻ほころびていった。
「──あははっ!うん、そうだね。生き残ろう。僕達はこんなところで死んじゃダメだ。」
その笑顔は天使のようで。
それは、他に恋している人がいても知らんぷりさせるような破壊力を持っていた。
その破壊力に……俺はやられた。
やばい、可愛すぎる。
「──っ、クウガ!」
俺はもう一度叫び直した。
今度こそ………告白をするために。
「俺は……クウガの事が……っ!」
しかしその甘い幻想も、幸せな一時も。
きっかけさえあればすぐに崩壊するわけで。
そのきっかけは………今、起こった。
ドカンッ!
と音を立て、煙があがった。
そこは……建設途中の家があるところだ。
「なっ……!?」
その襲撃は誰も予想しておらず。
そのために、数人の命が犠牲になることになった。
そして………クウガが狂乱に陥ることになったのだった。

「Crowd Die Game」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く