不良の俺、異世界で召喚獣になる

ibis

4章4話

「……どうしよっか♪」
「困りましたねぇ……始まっちゃいましたよぉ」

 入場を始める生徒たちを見て、アルマとサリスが困ったように眉を寄せた。
 マリーとシャルアーラがキョーガを探しに行ったが……大丈夫だろうか。

「……あ、リリちゃんだ~♪やっぱりあの服、か~わい~いね~♪」
「当然だ。リリアナは何を着ても似合うからな」
「……はぁ……リリアナ、可愛いわ……」

 サリスの言葉に、カミールとシャーロットが同調する。
 そんな3人を横目で見ながら、アルマは小さくため息を吐いた。

 ……やっぱり、ボクが行くべきだった。
 心がわからないマリーだと、キョーガを見つけた後、なんと声を掛ければいいのかわからないだろうし。空を飛べないシャルアーラだと、そもそもキョーガを見つけるのに時間が掛かるだろう。
 今からでも遅くない。やっぱりボクが―――

「まあ落ち着きなよ♪とりあえず、マリーちゃんとシャルちゃんに任せよっ♪」

 背もたれに寄りかかり、ニコニコといつもの笑みを崩さぬサリスが、背後をチラッと見ながら続けた。

「……それに、もう戻ってきたみたいだしね~♪」
「え……?」

 静かな体育館―――入り口の扉が、ゆっくりと開けられた。
 生徒や保護者たちも、誰が入ってきたのかと振り返り―――

「……キョーガじゃないですよぉ……」
「あ、あれ……♪勘違いだったかな……♪恥~ずかし~……♪」

 ―――そこには、リリアナと同い年くらいの少年が立っていた。
 服装を見る限り……この学院の生徒だろう。

「……あれ?もしかして『ガルドル』じゃない?」
「ほんとだ……卒業式始まってんのに、何やってんだ?」

 ざわつき始める生徒たち……それらを冷たく一瞥いちべつし、ガルドルと呼ばれた気弱そうな少年が、右腕を大きく上にかかげた。

「……来て。『神精族デウスロード』、『禁忌箱パンドラ』のミーシャ」

 ―――カッ、と。
 白い光が辺りを包み込んだ。
 アルマとサリスも、思わず眼を閉じ―――慌てて眼を開いた時には、銀髪の少女が、退屈そうにアクビしながら立っていた。

「……わー、『人類族ウィズダム』がいっぱーい……あれ?」

 静寂に包まれた室内を見て、銀髪少女が首を傾げた。
 その視線の先には―――戦闘態勢に入ったアルマが立っている。

「…………歴代最強の『紅眼吸血鬼ヴァンパイア・ロード』、アルマクス・エクスプロード……まーさかこんな所で会えるなんてねー……10年ぶりくらいかなー?元気だったー?」
「……あなたは……『禁忌箱パンドラ』のミーシャ……!」
「覚えてるよねー?忘れるわけないよねー?―――あれだけミーシャをバカにして、忘れたなんて言わせないよー?」
「相変わらずしつこい方ですねぇ。ボクに散々やられたくせに、まだる気ですぅ?」

 赤黒い魔法陣を手の上に浮かべ、『禁忌箱パンドラ』を睨み付けるアルマ。
 ようやく『禁忌箱パンドラ』が事に気づいたサリスが、静かに剛爪を構えた。

「さーて……ガルドル、どーするー?」
「範囲は学院内で……学院外にいる一般人は巻き込まないように……お願いできる?ミーシャ?」
「はいはーい―――『封じられし禁忌迷宮ナイトメア・パンドラ・ボックス』」

 ―――『禁忌箱パンドラ』の体から、真っ黒な霧が噴出される。
 迫る黒霧に対し、アルマとサリスが攻撃しようとするも―――遅い。

「『血結晶技巧ブラッディ・アーツ』っ!『二重ツヴァイ―――」
「『追撃のエア・―――」

 ―――世界が、黒に包まれた。

―――――――――――――――――――――――――

「―――は……はっ?!」
「おォ、目ェ覚めたかシャルゥ……大丈夫かァ?」
「へ?は、大丈夫でありま……す?」

 目をパチクリさせるシャルアーラが、ぷらんぷらんと揺れながら辺りを見回す。
 上を見上げ、どこか不機嫌そうなキョーガと目が合い……自分が持ち上げられている事に気づいたのか、申し訳なさそうに地面へと降りた。

 ―――上下左右、どこを見ても真っ黒な空間。あちこちに通路が伸びており……まるで迷宮のようだ。

「えっと……ここ、どこでありますか?」
「今マリーに調べてもらってるゥ……どォだマリー?なんかわかったかァ?」
「【予想】 先ほど感じた、尋常ならざる気配、おそらく『神精族デウスロード』。その『神精族デウスロード』がこの迷宮を造り出したと仮定した場合、『神精族デウスロード』の中で、このような迷宮を造り出す能力を使えるのは、1匹のみ」

 ペタペタと真っ黒な壁に触れるマリーが、分析を続けながらキョーガに視線を向ける。

「【予想】 あくまで予想だが……『禁忌箱パンドラ』が現れたと思われる」
「『禁忌箱パンドラ』だァ……?」
「【肯定】 今、当機たちは、『禁忌箱パンドラ』の『種族能力』である『封じられし禁忌迷宮ナイトメア・パンドラ・ボックス』の中にいると予想される……さらに、『種族能力』の範囲は学院全体と判断される。どうする、マスター?」

 真っ黒な空間なのに、何故かマリーやシャルアーラの顔がハッキリ見える事を不思議に思いながら、キョーガが壁に手を当てた。
 そして、何を思ったか、キョーガがいきなり壁をぶん殴った。
 迷宮内が大きく揺れ、壁が粉々に砕け散り―――別の空間が現れる。

「……とりあえずゥ、リリアナと合流するのが最優先だァ……」
「そ、それならば、一度『サモンワールド』に行ってから、リリアナ殿に召喚してもらえば良いのではないでありますか?そうすれば、簡単に合流できるでありますよ?」
「アホゥ。んな事したらァ、マリーが1人になっちまうだろォがァ……置いて行くわけにゃァいかねェよォ」

 そう。シャルアーラの言う通り、一度『サモンワールド』に行って、リリアナから再度召喚してもらうという方法がある。
 しかし、『サモンワールド』に行けるのは召喚獣だけなので、マリーをここに置いて行く事になるのだ。
 そうなれば、マリーは自力でリリアナやキョーガと合流しなければならない。
 ただの迷宮ならば、まだ良いが……この迷宮は、最強の種族『神精族デウスロード』が造り出した迷宮。何が起きるかわからない。
 そんな所に置いて行くなど……昔のキョーガならともかく、今のキョーガにはできない事だ。

「……なァシャルゥ。もう卒業式は始まってたんだよなァ?」
「はっ!自分が体育館を出て、すぐに入場が始まったでありますっ!」
「そォかァ……なら安心だなァ」

 少しホッとしたように息を吐き、キョーガが先へと進む。
 キョーガの言葉に首を傾げ、後を追いながら問い掛けた。

「キョーガ殿、何が安心なのでありますか?」
「とりあえずリリアナが1人じゃねェって事だよォ。多分だがァ、アルマとサリスと一緒にいるはずだァ」
「……どうしてそんな事がわかるのでありますか?」
「あァ?……確証はねェけどよォ。俺ら3人は一緒の所にいてェ、迷宮の中でも一緒の所からスタートしたァ……って事ァ、体育館にいたやつらはァ、体育館にいたやつらで固まってる可能性がたけェ。まァ、あくまで予想でしかねェからァ、リリアナたちを見つけんのが一番良いんだがァ……」

 キョーガの考えだと、この迷宮を造り出す能力とやら、そこまで万能な能力ではない。
 仲間が遠くに離れていると、分断されるため厄介だが……近くにいれば、分断される事なく一緒に行動できる。現に、キョーガたち3人は一緒にいるのだから。
 だとすれば……卒業式が始まったならば、リリアナも体育館にいる事だろう。キョーガの考えだと、体育館にいた人たちは、迷宮に入っても体育館にいた人たちで固まってるはずだ。
 体育館には、アルマとサリスがいる。それに、卒業式にはデントもラッセルもいるだろうから、戦力的には心配はいらない。

「【感嘆】 さすがはマスター。この短い時間で『禁忌箱パンドラ』の『種族能力』を理解するとは」
「……ほとんどねェ……マリー、『禁忌箱パンドラ』の『種族能力』についてェ、詳しく教えろォ」
「【了解】 この迷宮は、内部に閉じ込められた生物の『絶望』を糧として成長する、特殊な迷宮だ」
「『絶望』を糧にして成長だァ……?」
「【肯定】 マスター、もう一度壁を殴ってみてくれ」

 マリーの言う通り、キョーガが再び壁を殴り付けた。
 圧倒的破壊力を前に、壁が粉々になって砕け散り……何かに気づいたのか、キョーガが眉を寄せながら壁を睨み付ける。

「……さっきより固くなってやがんなァ……『絶望』ってやつで成長したからって事かァ?」
「【肯定】 おそらく卒業式に来ていた『人類族ウィズダム』の『絶望』を糧にしているのだろう」
「なるほどなァ……けどよォ、そんなに『絶望』する事なんてあるかァ?ちょっと迷宮に閉じ込められた程度だろォ?そこまで『絶望』なんてしねェだろォ」
「【説明】 この迷宮の中には―――」

 ピタッと動きを止め、マリーが背後を振り返った。
 キョーガとシャルアーラも、視線を追うように背後を振り向き―――

 ―――そこに、四足歩行の黒い狼のような獣の姿を見つけた。

「グルル……!ガァアアアアアアアアアアッ!」
「ぎゃあああああああああああああっ?!も、モンスターでありまぁす!」

 悲鳴を上げ、勢い良くキョーガに抱き付く。
 それを合図に、黒い狼がキョーガ目掛けて駆け出した。

 速い。だが、俺なら―――!……っと。

「―――ッ!オイシャルゥ!手ェ放せェ!」
「嫌であります!絶対に嫌でありまぁす!」

 グリグリとキョーガの腹部に顔をこすり付け、だらしなく涙を撒き散らすシャルアーラ。
 黒狼は、すぐそこまで迫っている。だが、シャルアーラが邪魔で身動きが取れない。
 舌打ちし、『焼却角砲ホーン・ファイア』で迎撃しようと―――

「【焼却】 『魔光の熱線イグナイツ・レーザー』」
「キャインッ―――」

 渦巻く蒼熱線が、黒狼の体を焼き飛ばした。
 短く鳴いたかと思うと……黒狼が力なく地面に倒れ、動かなくなった。

「【雑魚】 この程度でマスターに襲い掛かるなど、当機が許さない」

 ガチャガチャと右腕を元に戻すマリーが、モンスターを冷たく見下ろした。
 そのままクルリと身を返し……キョーガに抱き付く、褐色少女を無表情のまま睨む。

「あっ、ひ……た、助かったでありますか……?」
「オイこらシャルゥウウゥウウウウウッ!てめェいきなり何やってんだァ?!」
「ひんっ!だ、だって!あんなグロテスクな生き物、初めて見たであります!あんなの見たら、普通怖くて動けなくなるでありますっ!自分は普通であります2人が異常なのでありますよ!」
「開き直ってんじゃねェ!」

 キョーガの怒号に、再び泣きそうに涙を浮かべるシャルアーラが『当然のように迎撃しようとするのがおかしいのだ。普通は怖くて逃げるだろ!』と、開き直ったかのような発言を飛ばす。

「【報告】 マスターに伝えておく事がある」
「んァ?……んだよ言ってみなァ」
「【了解】 今のモンスターも、『絶望』により産み出された。つまり、迷宮が『絶望』を吸えば吸うほど、迷宮内に現れるモンスターも強くなる」
「……時間が経てば経つほどォ、こっちが不利になってくるって事かァ」
「【肯定】 今程度のモンスターでも、『人類族ウィズダム』から見れば充分な脅威。『絶望』を感じる相手……どうする、マスター?」
「目的は変わらねェ。リリアナたちを探して見つけるゥ……行くぞォ」
「【了解】」
「あ、ま、待ってほしいであります!置いて行かないでほしいであります!」

 リリアナたちを探すべく、キョーガたちは迷宮内を歩み始めた。

「不良の俺、異世界で召喚獣になる」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く