不良の俺、異世界で召喚獣になる

ibis

3章7話

「よォ、調子はどォだァ?」

 ポカンと自分を見上げるアルマを見て、キョーガが1歩牢獄に近づく。

「……おい、何とか言ったらどォなん―――」
「ウソ………………つき……」
「なっ……ァ……?」

 自分の体を抱き締めるようにして震えるアルマが、キョーガを見る―――いや、睨み付ける。

「ウソ、つき。ウソつきウソつきウソつきウソつきっ!キョーガのぉ、ウソつきぃ!」
「な、あァ?!てめェわざわざ助けに来た俺にィ、いきなりウソつきたァどういう事だァ?!」
「キョーガ、ボクを守ってくれるって言ったのに!ボコボコにやられてたじゃないですぅ!脳筋だとは知ってましたけどぉ、あそこまで力任せに戦うなんてバカですよぉ!」
「バ、カだとォ……?!」

 キレるアルマに、青筋を浮かべるキョーガ。
 ズカズカと歩みを進め、アルマを閉じ込めている牢獄に手を掛け―――ビクともしない。

「はっ、あァ……?!んだこれァ、固すぎんだろォ……!」
「……それは『オリハルコン』で作られてるから当然ですぅ……いくらキョーガでも、それを壊すのは無理ですよぉ……」

 力を込めるキョーガを一瞥いちべつし、アルマが深くため息を吐く。

「ちィ……うざってェなァ……!アルマァ、ちっと離れてろォ。俺も本気で―――」
「もういいですよぉ」
「………………はァ……?」
「だから、もういいですぅ」

 冷たい壁に背を預け、煌々と輝く『紅眼』がキョーガを見据える。
 その顔は……いつもどこか抜けているアルマではなく―――覚悟を決めたような顔だ。

「………………お祖父さんとは……『紅眼吸血鬼ヴァンパイア・ロード』とは会ってないですよねぇ?」
「あァ……だから、今の内に―――」
「無理ですよぉ……お祖父さんからは、お父さんからは……逃げられないんですぅ……それに、お祖父さんと会えば……キョーガもボクも、簡単に殺されちゃいますよぉ……」

 覚悟と諦めが入り混じった複雑な表情を浮かべるアルマ。

「……そもそも、無理な話だったんですよぉ……昔からお父さんの言う事を聞いていたボクが、今さら逃げようなんて……」
「……………」
「もういいんですぅ。もう、充分すぎるんですよぉ……ボクみたいな『吸血鬼ヴァンパイア』が、未来を望むなんて、贅沢な話だったんですよぉ……」

 ふるふると震えながら、にへらっとキョーガに笑みを向けた。

「ご主人様と、サリスと、マリーと……キョーガ。4人との思い出があれば、お父さんの訓練も頑張れますよぉ……ね?ボクの事は心配要りませんから、早く逃げてくださいよぉ」

 そこまで言って―――ハッと、予想外の何かを見たように目を見開いた。
 視線の先には―――顔をうつむかせたキョーガが、何かを堪えるように震えている。

「よォ……ロリ吸血鬼ィ……」

 ユラリと鉄格子に近づき、ガシッと掴んだ。

「……てめェ、さっきから無理だの何だのうるっせェんだよォ……あァコラ……」

 怒りに震えるキョーガの額に、『紅角』が現れる。

「なんでてめェが俺の無理を決めてんだァ?てめェ、俺の何を知ってるつもりでいるんだァ?」

 グッとキョーガが力を入れ―――鉄格子が悲鳴を上げ始める。

「……コラアルマァ……俺がこの鉄格子を壊すのは無理だっつったよなァ」

 鉄格子が歪み始める。

「まァ、今までお前らに見せてた俺の力ならァ、無理だったろォなァ……けどよォ」

 鉄格子が大きく歪む。

「―――俺がいつ、お前らに本気を見せたってェ?」

 鉄格子が冗談のようにちぎれ、ちぎった鉄格子をグシャッと握り潰して凶悪に笑う。

「……ぇ……そんな……オリハルコンを……素手でなんて……」
「8割…………いや、7割ってとこかァ……まァ、俺に壊せねェ物ァねェけどなァ」

 呆然とキョーガを見上げるアルマが、あり得ないと首を振る。

「……どォだアルマァ?」
「どうだって……何がですぅ?」
「これでもォ、まだ無理とでもほざく気かって聞いてんだよォ」

 その言葉を聞いたアルマは―――文字通り、固まった。

 今の言葉は、前にどこかで聞いたような―――
『これでもォ、まだ独りだとほざく気かァ?』
 ―――ああ、そうか。
 今の言葉は……あの時の……

「……あのよォ、無理ってのァ自分で決める事だァ。他人がどうこう言う権利もォ、言われる権利もねェよォ」

 ガシガシと乱暴に頭を掻きながら、アルマの隣に座る。

「おめェは優しすぎんだァ……だから他人に口出ししてェ、無理をさせないよォに気を使う……まァ、良い事なんだがなァ」

 ……優しい。
 それが原因で……ボクは牢獄に……

「よォアルマァ」
「………………はぃ……?」
「……こんな所にいてェ、楽しィかァ?」

 ……楽しいわけ、ない。

「人の言いなりって楽しィかァ?」

 ……楽しいわけ、ない。

「……誰にだって、言いたくねェ過去があるゥ……おめェだって、俺だってそうだァ」
「…………キョーガ……にも……?」
「あァ」

 苦笑を浮かべ、牢獄の天井を見上げる。

「誰だって人にゃ言えねェ何かを持ってんだよォ……人によっちゃァ、それが孤独だったり、悩みだったりィ……過去だったりするゥ」

 言いながら、キョーガが手を伸ばし……アルマの頭を優しく撫でる。

「……1人じゃ背負いきれねェ過去があるんならァ、俺が一緒に背負ってやるゥ……重てェ荷物ァ、1人で持つためにあるんじゃねェ。誰かと協力するために存在するんだァ……」
「キョーガ……」
「だからァ、おめェの背負ってるもん、俺にも一緒に背負わせろォ……1人じゃ無理でも、2人なら可能になるかも知れねェだろォ?」

 ニカッと凶悪に笑い、続ける。

「おめェは良い子すぎんだァ……ちったァ周りに迷惑を掛けろォ。言われた事じゃなくてェ、やりたい事をやれェ……37年も生きてんだァ。反抗期の1つや2つ、あってもいいだろォ?」

 立ち上がり―――アルマの前に、手を差し出す。

 ……手を取れば、キョーガと一緒。でもお父さんに逆らう事になる。
 でも………………それでもボクは……!

「……2人でなら、怖くないですよぉ……」

 ガッシリと手を掴み、立ち上がる。
 そして―――おもむろに抱きついた。

「……ボク……独りじゃないんですね……?キョーガと一緒なんですね……?」
「あァ……一緒に並んで歩いてやんよォ」
「なら……なら、ボクは何も怖くないですぅ!」

 安心させるように頭を撫で―――先ほどくだってきた階段に向けて声を掛けた。

「……いつまで見てんだァ?そろそろ姿現せよォ」
「……おやおや、気づかれていたとはね」
「はん、姿が見えてねェんならともかくゥ、姿が見えてるやつにゃァ気づくに決まってんだろォ」

 コッ、コッ、コッ……と、軽やかな足取りで、何かが階段を下りてくる。
 その声を聞いたアルマが表情を強張こわばらせ……歩み寄る強者の気配に、キョーガが嬉しそうに笑う。

「……自己紹介は不要かな?」
「あァ……『紅眼吸血鬼ヴァンパイア・ロード』だなァ?」
「その通りだ」

 姿を現した初老の『吸血鬼ヴァンパイア』。
 自分の後ろにアルマを隠し、キョーガが鬼気を放ち始める。

「ふむ……若いの、1つだけ聞かせてくれ」
「あァん?」
「……君とアルマは、どういう関係だ?」

 輝く『紅眼』を鋭く細め、初老が問いかける。

 ……俺とアルマが……どういう関係か?

「別にィ……血を吸わせてやったりィ、飯を食わせてやったりィ……一緒に寝たりするだけだァ」
「一緒に…………寝たり……だと?」

 豹変する初老に、『しまった!』とキョーガが口を閉じるが―――遅かった。

「……アルマに近寄る害虫か……よかろう、ワシが駆除してやる」
「ちィ―――アルマァ!掴まれェ!」
「は、はいぃ!」

 背中に抱きつかれる感覚を受け―――勢いよく真上に飛んだ。
 天井を破壊し、地面を貫通して―――地上へと舞い戻る。
 そして―――キョーガが開けた穴から、赤黒い霧が噴射された。

「……あァ……そォいや『紅眼吸血鬼ヴァンパイア・ロード』ってこんな霧を出すんだったなァ……」
「キョーガぁ……」

 不安そうに力を込めるアルマ……対するキョーガは、不敵に笑った。

「大丈夫だァ……俺1人なら苦戦しそォだがァ、おめェが一緒なんだァ」
「ボクと……一緒……?」
「あァ。俺とおめェ、2人で戦うんだァ……それならァ、無理じゃねェだろォ?」

 ―――と、地面を突き破り、アルマの祖父が現れた。
 その姿は、先ほどの初老ではなく―――20代前半の若い男性のようだ。

「さァ……やろォかアルマァ!」
「……はい、ですぅ!」

「不良の俺、異世界で召喚獣になる」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く