不良の俺、異世界で召喚獣になる

ibis

1章2話

「俺が……『死霊族アンデッド』だァ?」
「はい。『反逆霊鬼リベリオン』は『死霊族アンデッド』に分類されます」
「……その『死霊族アンデッド』って、なんなんだァ?」
「えっと……種族、みたいな……?」

 ふわっとした回答に、キョーガは首をひねる。
 ―――現在、リリアナの暮らす国へと移動している最中。
 そこに行きながら、キョーガはこの世界の一般常識をリリアナに聞いていた。
 しかし、さすがは異世界。
 元の世界に似ている所が多いが、今みたいに噛み合わない知識がいくつか存在するのだ。

「種族かァ……他にはどんなのがあんだァ?」
「えっと……『人類族ウィズダム』以外には『獣人族ワービースト』や『竜族ドラゴニア』、他にも多数存在します」
「……わっけわかんねェなァ……」
「うーん……でも、説明の仕方が……」
「まァいいやァ……そんなのイチイチ気にしてたらァ、頭おかしくなっちまいそォだァ」

 ガシガシと乱暴に頭を掻き、キョーガが苦笑を浮かべる。

「……それで……えっと……」
「あァ?」
「……さっき言った事……お願いできますか?」

 上目遣うわめづかいのリリアナが、おずおずとたずねる。
 ―――さっき言った事とは。
 キョーガが種族について聞く前、リリアナが申し訳なさそうにお願いしてきたのだ。
 リリアナは『召喚士』の学院に通っているらしい。
 テストや授業態度は学院トップ……なのだが。
 その学院は、召喚獣がいないと卒業できないとのこと。
 そもそも、召喚獣を召喚できないのがおかしいらしいのだ。
 どんだけ才能がない人間でも、下級の召喚獣くらいは召喚できるのだ。
 だからこそ、リリアナは無能と呼ばれている。

「……キョーガさんがいれば、無事に学院を卒業できます……だから……その……」
「あのなァ……俺ァ一応、てめェの召喚獣って事になってんだろォ?なら命令すりゃいいじゃねェかァ。さっきしたみてェになァ」
「……命令はできる限りしたくないんです」

 少し悲しそうにしながら、リリアナが続ける。

「その……私、無能ですから……召喚できたのが、初めてなんです」
「……で?」
「……初めてできた『友だち』なので……命令なんて、したくないんです……」

 『友だち』―――その言葉を聞いた瞬間。
 ―――キョーガの眼から温度が消えた。

「……あめェなァ」
「甘い……ですか?」
「あァ……甘過ぎてイライラすんぜェ」

 絶対零度の視線をリリアナに向けたまま、キョーガが続ける。

「てめェは仮にも『召喚士』なんだろォが……んなあめェ事言ってんから、今まで召喚できなかったんじゃねェかァ?」
「そ、そんな事ないですよ!私はただ、キョーガさんと仲良くなりたくて……」
「はっ、俺と仲良くだァ?寝言は寝て言えや。『鬼神』の俺と仲良くなりてェやつなんて……この世にゃいねェよォ」
「私がいます!私、キョーガさんと仲良くなりたいです!」

 ぴょんと手を上げるリリアナに、キョーガは思わずため息を吐いた。
 ―――このため息は、呆れのため息ではない。
 キョーガは気づかぬ内に、思い出していたのだ……自分の過去を。

『近寄るなよ『改造人間』!』
『うわ、化け物が来たぞー!逃げろ逃げろー!』
『『改造人間』!お前死なないんだろ?ならちょっと飛び降りてみろよ!』
『ははっ、いいなそれ!』
『『『飛ーべ!飛ーべ!飛ーべ!飛ーべ!』』』

 ……キョーガは、どこに行っても1人だった。
 だから―――怖いのだ。
 目の前の少女が、無警戒に信頼してくる事が。
 だが……怖いと同時、キョーガの胸には理由のわからない温かい気持ちがあった。

「……物好きが……俺ァ知らん。勝手にしろ」
「はい!勝手にします!」

 ぶっきらぼうに言い放つキョーガ……だが、その声には確かな優しさがあった。
 無意識の内に、思ったのだろう。
 ―――こいつは、信頼できる人物だと。

「……あ、着きましたよ!」

 リリアナの声に、キョーガが眼前の建物を見上げた。
 グルリと円形に囲ってある外壁―――人工的に作られたと、一目ひとめでわかる。

「……この国の名前はァ?」
「『プロキシニア』です……『召喚士』の割合が多い国ですよ」
「んでェ?このまま学院に行くのかァ?」
「はい!召喚獣を召喚できたと先生に知らせれば、もう卒業できますから!」

―――――――――――――――――――――――――

「……リリアナ、この者は?」
「あ、私の……その……一応、召喚獣です」

 はっきりと召喚獣とは言わない辺り、本気でキョーガの事を『友だち』と思っているのだろう。

「そうか……名前は?」
「キョーガだァ……」
「ふむ……種族は?」
「えっとォ……なんだっけなァ、『死霊族アンデッド』だとか言われたなァ」
「『死霊族アンデッド』……?」

 教師の男が、驚いたようにキョーガを見る。
 その視線を不快に感じるキョーガ……本能的に教師の男を睨んだ。
 キョーガの視線に気づいた教師が、慌てたように続けた。
 
「しょ、召喚獣名は?」
「召喚獣名……?あァ、『反逆霊鬼リベリオン』とか言われたなァ」
「り、『反逆霊鬼リベリオン』だと……?!リリアナ、本当か?!」
「はい。キョーガさんは『反逆霊鬼リベリオン』です」

 リリアナの言葉を聞いた教師が、再びキョーガを見る。
 ―――今、キョーガが思っている事は1つだ。
 すなわち、『言いたい事があるんならとっとと言えやぶん殴るぞコラ』である。

 静かに怒るキョーガ……しかし、キョーガもバカではない。
 ここで思いのまま暴れれば、リリアナに迷惑を掛ける事は理解している。
 キョーガは今まで、人に優しくされた事がない。
 だからこそ、こう思うのだ。
 『俺に優しくしてくれるこいつは良いやつだ。だから迷惑は掛けられない』と。

「……リリアナを信じないわけではないが……ふむ、そうか……『反逆霊リベリオ―――」
「『セシル』せんせー、課題を出しに来ました―――あ?」
「あっ……」

 しゃべる教師の声をさえぎり、1人の生徒が職員室の中に入ってきた。
 その少年を見たリリアナの顔が、引きつった。
 キョーガは瞬時に理解する。
 ―――こいつはリリアナの敵だ。

「……邪魔だよ退けよ無能。通れないだろうが」
「『アバン』さん……すみません、すぐに退きますね」

 無能。
 何度もリリアナの口から聞いた、蔑み。
 なぜだろうか。
 今キョーガの心を支配しているのは―――理由のわからない『怒り』だった。

「あっ……え?」
「何してんだよォリリアナァ……退く必要ねェだろォがァ」

 その場を退こうとするリリアナの手を握り、キョーガは入ってきた少年を睨み付けた。
 その視線、絶対零度。
 睨まれる者を震え上がらせる捕食者の視線。

 ―――睨まれた少年は、動けなかった。
 いや、少年だけではない。
 近くにいた教師も、声を出す事ができなかった。
 キョーガから手を握られるリリアナなんて、緊張で呼吸すらできていなかった。

「……おうてめェ……後から入ってきてェ、随分ずいぶんとまァ偉そォじゃねェかァ?―――頭吹っ飛ばされてェのかクソガキがァ」

 空間が殺気に満たされる。
 仲の良い友人同士ならば、冗談だと笑い合えるような言葉だ。
 だが……今のキョーガの眼を見て、声を聞いて、気配を感じて。
 ―――誰が冗談だと笑えるだろうか。

「は……ははっ……なんだお前?……そうか、リリアナの召喚獣だな?よかったなリリアナ、無能のお前にも召喚獣が―――」
「口を閉じろガキがァ。五体満足ごたいまんぞくで人生送りたいんならなァ」
「き、キョーガさん、ちょっと落ち着いて……」

 リリアナの声に、キョーガの怒りが少し収まる。
 だが―――その眼は、真っ直ぐに少年をとらえていた。

「ふ、ふーん?そう、僕とるの?」
「……へェ……俺と殺る気かァ?」
「そこまでにしておけ……続きは、試合場でやれ」

 教師の言葉に、キョーガがまゆを寄せた。
 ……試合場……?

「先生……それは……私に『召喚対戦』を?」
「うむ……その者の召喚獣名が本当なら、アバンにも勝てるだろう」
「は、ははっ。君が何者か知らないけど、僕の召喚獣には勝てないよ」
「……リリアナァ」
「え?わ、私が決めるんですか?」

 驚いたようにキョーガを見るリリアナに、思わずまたため息が出た。

「あのなァ……さっきも言ったがァ、おめェは『召喚士』なんだろっがよォ。決めるのは俺じゃねェ、おめェだろォがァ」

 この時、キョーガは気づいていなかった。
 国に入る前は、『てめェ』と呼んでいたのに、今は『おめェ』になっていた事に。
 ―――少しずつ。
 少しずつではあるが、キョーガはリリアナに心を開きつつあるのだ。

「……や、やります……」
「よし……それでは場所を変えよう」

「不良の俺、異世界で召喚獣になる」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く