どやすべ

奥嶋光

あとがき

この少年はニュースで報道されるよう重大な事件ではないが、とても愚かな事をした。
大人しい少年がある日ぷつんと切れてしまった、平凡な事件だけどもしかしたら誰にでも起こりうる事かも知れない。
また被害者も殺されたり大怪我をしていないので、被害の有無で言えば大した事件ではないのかもしれない。(精神的な傷、影響についてはこの際触れないでおきます。)
よく考えて欲しい、自分が愚かな事をすれば周りには大変な迷惑がかかり、悲しむ人傷つく人心配する人がいる事を。

【もうこんな馬鹿な真似は二度とするんじゃねえぞ。】

この少年に何か言葉をかけるとしたら、こんな言葉だろうと思う今日この頃。

平成30年9月初旬

「どやすべ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代ドラマ」の人気作品

コメント

コメントを書く